こんな食べ方、工夫がおすすめ!

No Image

お酒、アルコールは、血圧にどんな影響があるのか?こういった疑問は多くお酒については関心が高い。

飲酒が血圧を押し下げる効果は、確認されており、国際的には、1日30ml(日本酒なら1合)以下に抑えるように警告している。

未分類

No Image

高血圧の食事療法でまず、取り組むのは、減塩ですが、コレステロールについては、どう考えたらいいのか?

高コレステロール血症が高血圧と合併すると、冠状動脈硬化の進行を助長し、心筋梗塞の発症を促すことが確認されている。

お昼が外食の場合はどれを選ぶか?

No Image

仕事でなかなか時間がとれない人であれば、外食の利用は比較多くなってしまう。共働きであればその傾向はさらに増える。また、日勤ではなく変則的な勤務の場合も同様。

外食でもどんぶり物、めん類、カレーライスといったメニューは塩分が ...

こんな食べ方、工夫がおすすめ!

No Image

食品は、味つけをしなくても多かれ少なかれ塩分を含んでいる。調味料を使わずに味付けを行わなくても、1日におよそ1~2gの塩分摂取は避けられない。

食塩の摂取量を計算する際に、この1~2g分をきちんと計算することが大切である。 ...

こんな食べ方、工夫がおすすめ!

No Image

酢が体にいいことは、ほとんどの人がわかっている。料理に上手に活用すると、塩分を控えることができて減塩に慣れるよいきっかけになる。

魚介類、海藻などを酢の物にしたり、きゅうり、なす、きゃべつなどを酢であえたりすれば、味付けに ...

こんな食べ方、工夫がおすすめ!, 調味料

No Image

高血圧の患者さんに是非、おすすめしたいのは、割り醤油。塩分を減らすには、非常に効率のいい方法。

割り醤油とは?“常にだしで割る”ということ。

普通の濃い口醤油を水で2~3倍に割って味をみると醤油の香 ...

こんな食べ方、工夫がおすすめ!

No Image

減塩が必要な、高血圧の患者さん、腎臓が悪い、肝臓が悪い、糖尿病などの人は、みそ汁を作るときにひと工夫する。
本サイトでも最初のうちに紹介している減塩を成功させる濃いだし汁の作り方がポイントです。こちらでは、和風、中華、洋風とさ ...

こんな食べ方、工夫がおすすめ!

No Image

本ページでは、刺激を利用するでも解説しているが、とうがらし、からし、わさび、こしょうなどを使う方法を紹介。

これらは、体によくないもので病人は避けるべき食材と昔から言われてきた。血圧もあがるのでは?という意見もある。

未分類

No Image

冬至にかぼちゃを食べると長生きをする。というのは、昔からかぼちゃが健康にいいことを証明している。昔の人たちは、長年の経験からどうやって判断したのかも興味深いところ。

ちなみに冬至をウィキペディアでは次のように記載されている ...

食生活のポイント

No Image

根昆布水というと「?」という人も多いかもしれない。昆布を一晩水につけておくと、コップの水がぬるぬるしてくるが、これは、昆布のヌメリ成分が溶け出したものである。
非常においしいダシが効いた水となる。
このままみそ汁の出汁 ...