no image

夢中になったり熱中できる趣味が血圧を安定させる

血圧が高い人は、何か熱中できる趣味を持つことが大切。映画を観る、楽器を弾く、読書をする、写真を撮る、釣りをするなど、「見る」「聞く」「触れる」などの五感を使って楽しみを持つことは、交感神経の興奮を鎮め …

no image

定期的に少しでも運動をすると血圧が安定する

2012/02/03   -未分類

血圧を下げる場合の対処方法として減塩以外に確認されているのが、運動。かなりひどい高血圧の場合には、運動も制限される場合があるが、基本的には適度の運動を続けることが血圧を安定させる。 手足の筋肉を運動に …

no image

高血圧であれば仕事をうまくさぼることも大切

血圧というのは、一定でなく常に変動している。高血圧であれば、自分の血圧がいつ一番高くなるのかを知っておくことは非常に重要。基礎血圧のコントロールだけでなく変動して高くなった血圧についても知る必要がある …

no image

運動を行う際の血圧上昇もちょっとした注意がポイント

高血圧の人の運動で一番理想的なのは、やっぱり「ウォーキング」。通勤などを徒歩にかえるのが理想。 血圧上昇を招きやすい通勤方法がマイカー通勤。マイカーは一見、気ままに走れているように見えるが、神経の緊張 …

no image

寒い冬は、マフラーで襟元を温める

高血圧患者にとって真冬は、血圧のコントロールが非常に難しい季節だが、最近は、暖房設備もよくなり真冬のコントロールもしやすくなった。 とはいっても屋外などは十分に気を付ける必要がある。特に室内が快適な温 …

no image

メガネの度を合わせることも血圧を下げる効果を発揮

メガネが必需品の視力が低い人には、度の合わないメガネは、見たい物がはっきり見えずに不自由になる。 特に文字を読んだり、細かい作業をしたりすると、目をいくら近づけたり遠ざけたりしても見えずにイライラする …

no image

血圧測定を習慣化することでコントロールがしやすくなる

普段の生活の中で血圧の変化を記録することは、血圧をコントロールする上で重要なポイントになる。 自宅で血圧を測定し、1週間~数週間分の記録をしておき、主治医に提出すれば、降圧剤の量を調節する際にも参考に …

no image

血圧が高い場合は、トイレに行く時には細心の注意を

2012/01/27   -未分類
 

今年は何度も寒波が来てとにかく寒いが、血圧が高い人は「寒さ」に注意しなければならない。寒い日にトイレで倒れてしまったという話はよく聞く。 トイレは高血圧の人にとっては、危険だらけ。トイレで危険なのは、 …

no image

ふとんよりもベッドで快眠

高血圧の人でも就寝中には、血圧が下がる。これは、睡眠中は、自律神経のうち副交感神経の機能が優位になるため。 自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあり、お互いバランスを取り合いながら作用している …

no image

お風呂の入り方をひと工夫

高血圧の人は、入浴の際、十分な注意が必要.特に冬の寒い季節は、気を付けなくては成らない。気温の低い脱衣所で服を脱ぎ、裸になっていきなり40度~42度の熱い風呂に入れば、血圧は、一気に50ミリも上昇する …