玉ねぎの皮茶 血圧

玉ねぎの皮茶 血圧 朝 1杯飲んだら180 の 血圧 が 120 台に下がった

玉ねぎの皮茶 血圧 朝 1杯飲んだら180 の 血圧 が 120 台に下がった 私の体験を紹介します。玉ねぎは、血液さらさら効果が高いことで有名ですが、皮のほうにはさらに効果があるというのです。そのたまねぎの皮にたっぷり含まれるケルセチンが含まれたお茶です。

玉ねぎの皮茶 血圧 薬を使わずにここまで下がった

国産 さらさらたまねぎ茶

国産 さらさらたまねぎ茶

昨年の冬に急に手足がしびれて、めまいと頭痛が続くようになりました。病院へ行くと血圧の数値が上が 180 mHG、下が 105 mHG で高血圧症と診断されました。

医師には「しびれが出てもおかしくない数値」だと言われ、降圧剤が処方されました。このままずっと飲み続けなければならないのか… 憂うつな気持ちになりました。また、血圧がこんなに高くなってしまっていたのに驚きました。

私の家系はみな血圧が高めです。私も以前から上が 150 mHG ぐらいありました。とはいえ、あまり薬に頼りたくない気持ちもあり、案の定、やがて降圧剤も飲まなくなってしまいました。降圧剤を飲むと目がぐるぐる回るので怖くなってしまいました。あと、降圧剤を飲むとなぜか、朝起きるのが辛くて、寝坊することが多くなりました。昼間でもぼーっとすることが多く、何か集中したいときにとても困りました。

血圧は高いままですし、このままでいいのかと不安になっていたころ、健康雑誌で玉ねぎの皮のお茶「さらさらたまねぎ茶」を知り、毎朝1杯ずつ飲むことにしたのです。

実は、玉ねぎでは一度、挫折したことがあります。以前、病院で食事について相談したところ、「玉ねぎを食べるといい。残った皮は捨てずに煎じて飲むとなおいい」とすすめられ、やってみたのです。

しかし、玉ねぎを毎日食卓に乗せるのはなかなか至難の業。皮を集めるのも大変です。お茶に煮出すくらい玉ねぎを食べるもの現実的ではありません。その点、玉ねぎの皮のお茶「さらさらたまねぎ茶」は、玉ねぎ特有の臭みはなく、ホッとするおいしさです。優しい香りと血圧を下げてくれる効果を感じる味でした。

これで血圧が下がれば幸せ そんなふうに思っていました。そして驚いたことに、玉ねぎの皮のお茶を飲みはじめて、わずか数日で血圧が下がりはじめたのです。180 mHG が 160 mHG 台、そして140 mHG 台とどんどん下がり、今では 120 mHG 台に安定。もちろん、手足のしびれやめまい、頭痛もなくなりました。春の健康診断でも、「特に心配はないですね。数値はどれも良好です」といわれて大喜びしています。

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ を飲む

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ を飲む

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ を飲む ソリューションを紹介します。血圧が高くて心配だけれど、夕食はお酒を飲んだり食べ過ぎてしまう食習慣が改善できずに悩んでいる人はたくさんいらっしゃると思います。仕事でイヤなことがあったり、苦手な上司と付き合うことは生きていくためには避けられない状況にある人がほとんどです。食べること、飲むことでストレスを解消している人はたくさんいると思います。

内臓脂肪の増加は血圧上昇要因に

1 日の仕事や家事が一段落した夕食時に、おいしいものをたっぷり食べるのが楽しみという人は多いでしょう。リラックスしながらとる食事の味は、また格別なものです。仕事中にストレスが多い人は特に夕食を食べ過ぎてしまう傾向にあると思います。ストレスは上手に発散できているように感じますが、しかし、こうした食生活を続けていると高血圧になりやすいという問題があります。

一般的に、夜は、基礎代謝が低下し、また夕食後に活発に活動するという人はほとんどいません。つまり、夕食後はカロリーを消費する機会が少ないため、余分なカロリーが内臓脂肪として蓄積されやすくなるのです。もちろん、頭ではわかっていても行動に移すのは大変なものです。

日本人の食習慣は、夕食を一番豪華にする習慣がいつの間にか定着しています。本来なら、活動を開始する朝にたっぷり食べ、夜はむしろ軽食程度が体のためにはいいのです。ストレスの発散に「食べる」という習慣がついてしまっている現代人ならではです。さまざまなストレスを発散することで一番手軽にすぐに行えることが「食べる」ことでもあります。

一定以上の内臓脂肪がたまりすぎると、脂質異常が起こりやすくなり、動脈硬化が進みます。この状態はメタボと呼ばれますが、内臓脂肪が増えすぎてメタボになると、高血圧を招きやすくなるのです。まさに負のスパイラルです。

過剰に増えると、アンジオテンシノーゲンという物質の分泌量が増加します。アンジオテンシノーゲンは、酵素の働きでアンジオテンシン2に変わりますが、アンジオテンシン2は血管を収縮させて、血圧を上昇させます。

また、内臓脂肪がたまると、アディポネクチンというホルモンの分泌が減少します。アディポネクチンには、血管内にできた動脈硬化を修復したり、細胞や筋肉でのブドウ糖の消費を促したりする働きがあります。

内臓脂肪が増加し、アディポネクチンの分泌量が減ると、血糖値を調整するインスリンというホルモンの働きが低下します。インスリン抵抗性に陥ると、インスリンが過剰に分泌されるため、その影響で塩分が体にたまりやすくなります。体内の塩分が増えれば、血液中や細動脈中の水分が増えるため、循環血液量が増加して血圧が上昇してしまうのです。

血圧が高くなれば、心臓にも大きな負担がかかります。その結果、狭心症や心筋梗塞といった心疾患を招く原図になるので、注意が必要です。

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ を飲む

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ を飲む

夕食前に 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ をコップ 1 杯飲む

では、たまった内臓脂肪を減らし、高血圧を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。メタボを解消して内臓脂肪を減らすには、体重を現在の数値の5~10%減らすのが目標とされています。そのためには、1日に体重を 50 g ずつ減らすのが最も簡単で確実。

具体的には、夕食時にごはん 1 膳分 ( 200 g ) に当たる 300 kcal を減らすだけ。夕食のとりすぎが内蔵脂肪をためこむ原因になっているので、夕食で食べ過ぎなことが大切です。これなら 3 ~ 4 ヶ月あれば達成できるはずです。

そして、この食事制限をストレスフルの空腹感をかんじずに、らくに行うには、夕食前に 酵素入りの青汁 リッチグリーン を 1 包を水で溶かして飲んでから食べるようにするだけです。やや青汁臭さが気になる場合は、牛乳や冷たい水で割ると気になりません。ちなみに、あまりスッキリ爽やかか青汁は、大事な成分が不足していたりします。薬のように不味いわけえはないので、質のいい青汁をたっぷり飲みましょう!

青汁は、夕食前に飲むとそれまでの異常な空腹感などを感じることがありません。やはり、豊富な食物繊維効果でしょうか?
酵素入り青汁には老化防止などの効果もあるので加齢症状に悩む人にもおすすめです。短期間で効果があらわれやすく、便秘なども改善するのでとても快適ですし、夕食を食べ過ぎないようにするだけで体調も良好になります。血圧が高い人は特におすすめです。

青汁は苦手、夕食は食べ過ぎてしまう習慣がついてなおせない…そんな人に強い味方は 糖質を食べてくれる パクパクくん 酵母 です。食べ過ぎを酵素で食べなかったことにしてくれるサプリです。

就寝中に何度も目が覚める人は 「 夜間持続型高血圧 」の可能性大 持続する 降圧剤 が必要

就寝中に何度も目が覚める人は 「 夜間持続型高血圧 」の可能性大 持続する 降圧剤 が必要

就寝中に何度も目が覚める人は 「 夜間持続型高血圧 」の可能性大 持続する 降圧剤 が必要 となる情報です。心肥大の発症率を調べた研究では、夜間持続型のほうが早朝上昇型より多く、心筋梗塞や脳卒中の危険度も高まることが確かめられています。特に、夜間の最大血圧が 150 mmHG 以上の人は、118 mmHG 未満の人に比べてその危険度が 4 倍も高くなります。

夜間持続型高血圧 血管や心臓に与える影響が最悪

早朝高血圧は、2種類に大別できます。それは、早朝に血庄が上昇する「早朝上昇型」と、就寝中にずっと血圧の高い状態が続く 「 夜間持続型 」 です。

このうち、特に脳卒中や心筋梗塞が起こりやすいのは、夜間持続型です。

早朝上昇型は血圧の高い時間がそれほど長くありませんが、夜間持続型は、就寝時から起床時まで血圧の高い状態が続きます。そのため、1 日 24 時間のうち、3 分の 1 もの間、血圧の高い状態が続くことになります。

ということは、血管や心臓に与える悪影響がより大きくなり、心肥大や動脈硬化が一段と進行しやすくなります。また、心臓に酸素と栄養を補給している冠動脈に強い負担がかかり、心筋梗塞を招く危険も高まるのです。

このことは、さまざまな研究で明らかにされています。例えば、心肥大の発症率を調べた研究では、夜間持続型のほうが早朝上昇型より多く、心筋梗塞や脳卒中の危険度も高まることが確かめられています。特に、夜間の最大血圧が 150 mmHG 以上の人は、118 mmHG 未満の人に比べてその危険度が 4 倍も高くなります。

こうしたことから、夜間持続型の早朝高血圧は、最も危険な高血圧といえるでしょう。

就寝前と起床時に血圧測定する習慣が大事

夜間持続型の早朝高血圧は、早期に発見して対処することが大切です。

夜間持続型の早朝高血圧が疑われるのは、就寝中にたくさん寝汗をかく人や、何度も日が覚めてしまう人です。寝汗をかきやすく寝苦しい夏は、ただでさえ就寝中に何度も日が覚めることが多いので見過ごされがちですが、心配な人はぜひ血圧を測定を習慣化しましょう。
また、正常なのに、起床直後に測定すると最大血圧が140mmHG、最小血圧が90mmHG以上ある人も、夜間持続型を疑います。

夜間持続型の早朝高血圧を見つけるためには、起床時と就寝前に家庭用血圧計で血圧を測定します。就寝時と起床時の最大血圧がともに140mmHG以上であれば、夜間持続型の早朝高血圧と考えられます。

なお、入浴後や飲酒後は血圧が一時的に下がるため、夜の血圧測定は、入浴や飲酒から2時間以上経過してから行うようにします。

降圧剤を服用する時間や回数を調整する

早朝上昇型にせよ夜間持続型にせよ、早朝高血圧が心配なのは、高血圧の自覚のない人ばかりではありません。すでに高血圧の治療を受けている人でも、早朝に血圧が異常に上昇している恐れがあります。

これは、降圧薬の飲み方に問題があると考えられます。現在よく用いられている降圧薬は、通常、1日1回、朝食後に服用するものが多く、午前中から午後2時過ぎにかけて、最も効果を発揮します。そのため、昼間は血圧が低くても、薬の効果が薄れてくる早朝に血圧がひどく上がっている場合があるのです。

こうしたことから、早朝の血圧上昇を防ぐには、降圧薬の服用を見直すのが大切です。まず有効なのは、服用する時間を変えることです。朝、服用していた薬を就寝前に服用するだけで、早朝高血圧を克服できる場合が少なくありません。

また、降庄薬の服用回数を変えることも効果的です。降圧薬の服用量は変えず、1日に2回、あるいは1日に3回に分けて服用するようにするのです。さらに、効果の持続時間が短い薬から、効果の長く続く降庄薬に替える方法もあります。

自分で勝手に薬の服用を変更するのではなく、必ず主治医と相談して行うようにしましょう。

酢は天然の降圧剤ですから、夜、朝ともに飲むといいでしょう。降圧剤と併用しても全く問題ありません。

発酵黒豆エキス がおすすめです。1 日おこちょこ 1 杯 で OK です。