割り醤油をうまく活用することで減塩に

Pocket

高血圧の患者さんに是非、おすすめしたいのは、割り醤油。塩分を減らすには、非常に効率のいい方法。

割り醤油とは?“常にだしで割る”ということ。

普通の濃い口醤油を水で2~3倍に割って味をみると醤油の香りは、ほとんど損なわれていない。香りも味も十分に醤油。というもの。

水で割ってこうであれば、だしで割るのは、尚おいしい。という発想。

だしの作り方は、水3.5カップに良質のだし昆布10cmを1時間以上おいて火にかけ、煮立つ直前に昆布を取り出す。その後、削りカツオ1パック(5g)を加え弱火で5~6分煮出し、火を止め、削りカツオが沈んだらこす。

ほうれん草のおひたしを食べる場合、しょうゆ2に対し、だし1の割合で合わせたものをかける。風味や味に物足りなさを感じないため、すぐに薄味に慣れていく。
いつも使っている醤油さしに常につくっておくと便利。薄味に慣れてきたらこの割り醤油を作る際に減塩醤油を使うとさらに塩分を減らすこともできる。

刺身を食べるときにもこの割り醤油がないと物足りないような感じになってくれば減塩に成功。

様々な割り醤油

ごま醤油

  • いりごま…4
  • 醤油…0.5
  • だし…2
  • 砂糖…1.5

ごまは白、黒どちらでもよい。すり加減も好みでいい。ほうれん草、春菊、白菜、ふき、うど、さやえんどうなどの野菜に合う。

酢醤油

  • 酢…2
  • 醤油…0.5
  • だし…2

薄塩でしめたアジやイワシ、サバ、さらに貝類の酢の物、わかめ、キュウリなどの酢の物に合う。

かげん酢

  • 酢…3
  • 醤油…0.5
  • だし…2
  • 砂糖…1

魚介類、野菜などの酢の物や唐揚げに。またアジやわかさぎを漬けてもよい。

ポン酢

  • レモン、ゆず、すだちなどのしぼり汁…2
  • 醤油…5
  • だし…2

水炊き、ちりなべ、フライ、ムニエルなどに合う。
割り醤油は、少しずつ作って数日で使い切り、なくなったら新しくつくるようにする。
新鮮な方が香りもよくおいしい。

割り醤油はこだわりの純粋なお醤油でつくりたい!〔もろみの雫〕

もろみの雫は、加賀産の大豆「エンレイ」と奥能登の天然ミネラル塩、霊峰白山の伏流水を仕込み水に用いて、金沢大野の気候で熟成されています。
「もろみ」から滴る、純粋で風味のある醤油本来の味を楽しめます。
もちろん、アミノ酸などの添加物は一切使用しておりません。
お刺身などの「つけ用」、お豆腐などの「かけ用」としても幅広くご使用できます。各種お料理にも抜群に美味しくなります。
また、2009年にはTV番組で「つんく」さん愛用の醤油として紹介されています。

「割り醤油をうまく活用することで減塩に」への7件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です