「 月別アーカイブ:2012年01月 」 一覧

no image

メガネの度を合わせることも血圧を下げる効果を発揮

メガネが必需品の視力が低い人には、度の合わないメガネは、見たい物がはっきり見えずに不自由になる。 特に文字を読んだり、細かい作業をしたりすると、目をいくら近づけたり遠ざけたりしても見えずにイライラする …

no image

血圧測定を習慣化することでコントロールがしやすくなる

普段の生活の中で血圧の変化を記録することは、血圧をコントロールする上で重要なポイントになる。 自宅で血圧を測定し、1週間~数週間分の記録をしておき、主治医に提出すれば、降圧剤の量を調節する際にも参考に …

no image

血圧が高い場合は、トイレに行く時には細心の注意を

2012/01/27   -未分類
 

今年は何度も寒波が来てとにかく寒いが、血圧が高い人は「寒さ」に注意しなければならない。寒い日にトイレで倒れてしまったという話はよく聞く。 トイレは高血圧の人にとっては、危険だらけ。トイレで危険なのは、 …

no image

ふとんよりもベッドで快眠

高血圧の人でも就寝中には、血圧が下がる。これは、睡眠中は、自律神経のうち副交感神経の機能が優位になるため。 自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあり、お互いバランスを取り合いながら作用している …

no image

お風呂の入り方をひと工夫

高血圧の人は、入浴の際、十分な注意が必要.特に冬の寒い季節は、気を付けなくては成らない。気温の低い脱衣所で服を脱ぎ、裸になっていきなり40度~42度の熱い風呂に入れば、血圧は、一気に50ミリも上昇する …

no image

コーヒーより「カンナのはなまる健康茶」がおすすめ

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、血管を収縮させる働きがあるほかにも、アドレナリンというホルモンの分泌を促進する。これは、血圧を上げる作用。 高血圧の人は、コーヒーは1~2杯程度に。緑茶、コーヒー …

no image

お酒は上手に活用すれば血圧を安定させる効果も

お酒、アルコールは、血圧にどんな影響があるのか?こういった疑問は多くお酒については関心が高い。 飲酒が血圧を押し下げる効果は、確認されており、国際的には、1日30ml(日本酒なら1合)以下に抑えるよう …

no image

コレステロール不足は脳卒中の原因になる?

2012/01/23   -未分類
 

高血圧の食事療法でまず、取り組むのは、減塩ですが、コレステロールについては、どう考えたらいいのか? 高コレステロール血症が高血圧と合併すると、冠状動脈硬化の進行を助長し、心筋梗塞の発症を促すことが確認 …

no image

外食は、塩分摂取が過剰になりがちだが、和食に比べて洋食は塩分が少ない

仕事でなかなか時間がとれない人であれば、外食の利用は比較多くなってしまう。共働きであればその傾向はさらに増える。また、日勤ではなく変則的な勤務の場合も同様。 外食でもどんぶり物、めん類、カレーライスと …

no image

加工食品(かまぼこ、ハム、ウィンナーなど)は塩分が多いので控える

食品は、味つけをしなくても多かれ少なかれ塩分を含んでいる。調味料を使わずに味付けを行わなくても、1日におよそ1~2gの塩分摂取は避けられない。 食塩の摂取量を計算する際に、この1~2g分をきちんと計算 …