血圧が高い場合は、トイレに行く時には細心の注意を

Pocket

今年は何度も寒波が来てとにかく寒いが、血圧が高い人は「寒さ」に注意しなければならない。寒い日にトイレで倒れてしまったという話はよく聞く。

トイレは高血圧の人にとっては、危険だらけ。トイレで危険なのは、まず「かがむ」という動作。和式トイレでしゃがむと下半身への血液の流れが悪くなり、これだけで体力のなくなったお年寄りには、かなりの負担が強いられる。

さらに、この姿勢でいきむと、頭部の血圧は急激に下がる。これが動脈硬化でもろくなった脳の血管が破れ、脳卒中の発作を起こすというわけだ。

排便の際にいきむのは、やむを得ないが、いきんだ際の負担を軽くするために、トイレに便座をとりつけ、洋式にすることをすすめる。
洋式トイレは、腰をかけた姿勢のため、下半身の血流の滞らず、いきんでも血圧の上がり方は、和式トイレほどではない。
ウォッシュレットをつけるのもオススメ!お尻を拭く際に無理な体勢になってしまう心配がなくなるため。無理な体勢は、血圧を上げる要因となる。

寒い朝などに、温かい部屋から急に温度の低いトイレに行くと、血管が収縮し、急激に上昇する。
また、排尿後、体がぶるっと震えることもあるが、これは尿を出したことによって体温が失われるため。これも血管を収縮させ、血圧を上昇させる原因となる。

トイレの中は、温かくし、ヒーターなどを設置することが望ましい。年をとると、排尿時と排泄するまでの時間がよけいにかかるようになる。トイレが寒いと、早くすませたいという気持ちと、なかなかすすまないという現実とがすれ違って、ストレスとなる場合もある。ゆっくりトイレができるような環境づくりも大切。