血圧を下げる生活習慣

血圧測定を習慣化することでコントロールがしやすくなる

投稿日:2012年1月30日 更新日:

普段の生活の中で血圧の変化を記録することは、血圧をコントロールする上で重要なポイントになる。

自宅で血圧を測定し、1週間~数週間分の記録をしておき、主治医に提出すれば、降圧剤の量を調節する際にも参考になる。

脳卒中で倒れた人のうちの何割りかは、自分が重症の高血圧であることを知らずに発作に至ったケースとも言われている。

こういったことからも日頃から血圧測定の習慣をつけることの重要性がわかる。自宅で血圧をはかる際には、数値の変化にあまり神経質にならないことが大事。

元来、血圧というのは、1日の間にも大きく変動するもの。また、自宅で測る場合は、カフ(腕に巻く帯の部分)の巻き方などにも誤差が生じる場合がある。
よってあくまでも参考値として認識する程度にとどめておく。

最初の1ヶ月ほどは、自分の1日の血圧の変動パターンを知る意味で、毎日、1日に数回(朝・昼・晩)ずつ一定時間に測定することをオススメする。

自分の血圧の変動がつかめたら以後は、毎日測定する必要はない。また、血圧は、体位などにも変動が生じるため、測定時の体位を決めておくこともポイントとなる。

-血圧を下げる生活習慣
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

夢中になったり熱中できる趣味が血圧を安定させる

血圧が高い人は、何か熱中できる趣味を持つことが大切。映画を観る、楽器を弾く、読書をする、写真を撮る、釣りをするなど、「見る」「聞く」「触れる」などの五感を使って楽しみを持つことは、交感神経の興奮を鎮め …

no image

寒い冬は、マフラーで襟元を温める

高血圧患者にとって真冬は、血圧のコントロールが非常に難しい季節だが、最近は、暖房設備もよくなり真冬のコントロールもしやすくなった。 とはいっても屋外などは十分に気を付ける必要がある。特に室内が快適な温 …

no image

ふとんよりもベッドで快眠

高血圧の人でも就寝中には、血圧が下がる。これは、睡眠中は、自律神経のうち副交感神経の機能が優位になるため。 自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあり、お互いバランスを取り合いながら作用している …

深呼吸

起床時の血圧上昇を防ぐ対策としてひと呼吸20秒の心臓若返り呼吸を行う

高血圧の大部分の人は起床時に血圧が急上昇してしまう 心筋梗塞の発作は、特に寒い季節の午前中に起こりやすい特徴があります。これは、この季節や時問帯は、血圧が変動しやすいためで注意が必要です。血圧は、特に …

たばこと血圧の関係

いまさらではあるが、タバコの煙に含まれる有害物質であるニコチンは、血管を収縮させて血圧を上昇させる。 動脈硬化を進行させる原因にもなり、タバコは高血圧にとってよくない。 タバコそのものが血圧以外にも健 …