血圧を下げる生活習慣

血圧測定を習慣化することでコントロールがしやすくなる

投稿日:2012年1月30日 更新日:

普段の生活の中で血圧の変化を記録することは、血圧をコントロールする上で重要なポイントになります。血圧が高いと病院で言われた人は、まず朝、晩と2回の血圧測定を習慣化しましょう。

自宅で血圧を測定し、1週間~数週間分の記録をしておき、主治医に提出すれば、降圧剤の量を調節する際にも参考になりますし、どの時点で血圧が上昇しているのかも把握できるでしょう。

脳卒中で倒れた人のうちの何割りかは、自分が重症の高血圧であることを知らずに発作に至ったケースとも言われている。こういったことからも日頃から血圧測定の習慣をつけることの重要性がわかります。自宅で血圧をはかる際には、数値の変化にあまり神経質にならないことが大事です。

元来、血圧というのは、1日の間にも大きく変動するもの。また、自宅で測る場合は、カフ(腕に巻く帯の部分)の巻き方などにも誤差が生じる場合があります。よってあくまでも参考値として認識する程度にとどめておくのがいいでしょう。

最初の1ヶ月ほどは、自分の1日の血圧の変動パターンを知る意味で、毎日、1日に数回(朝・昼・晩)ずつ一定時間に3回測定するといいでしょう。ただし、お昼は通常、測定できないので現実的には1日2回になります。

自分の血圧の変動がつかめたら以後は、毎日測定する必要はないでしょう。また、血圧は、体位などにも変動が生じるため、測定時の体位を決めておくこともポイントです。

-血圧を下げる生活習慣
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

深呼吸

深呼吸(リラックス)の習慣が高血圧を改善

高血圧の改善にすすめられるのは、まず食事療法、運動療法だが、非常に効果が高いのは、心身をリラックスさせること。 ストレスや疲労は、交感神経を興奮させ、カテコールアミンなどの昇圧物質の分泌を促進する。ス …

no image

運動を行う際の血圧上昇もちょっとした注意がポイント

高血圧の人の運動で一番理想的なのは、やっぱり「ウォーキング」。通勤などを徒歩にかえるのが理想。 血圧上昇を招きやすい通勤方法がマイカー通勤。マイカーは一見、気ままに走れているように見えるが、神経の緊張 …

深呼吸

起床時の血圧上昇を防ぐ対策としてひと呼吸 20 秒の心臓若返り呼吸を行う

起床時の血圧上昇を防ぐ対策としてひと呼吸 20 秒の心臓若返り呼吸を行う 効果と やり方 を紹介します。特に冬の起床時には、血圧の急上昇を防ぐための工夫が必要です。まず大切なのは、目覚めたら急に起き上 …

no image

ふとんよりもベッドで快眠

高血圧の人でも就寝中には、血圧が下がる。これは、睡眠中は、自律神経のうち副交感神経の機能が優位になるため。 自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあり、お互いバランスを取り合いながら作用している …

カラオケ

カラオケにも血圧を下げる効果が!

楽しく歌ったり踊ったり…誰もが楽しいと感じる瞬間でもある。歌うことが大好きな人なら健康によい影響を与えるかどうかは本人が一番よくわかっているはずである。 歌を歌うときには、声をお腹から出すことが大事で …