脳梗塞」タグアーカイブ

脳梗塞 一過性脳虚血性発作 高血圧が原因の合併症

脳梗塞 一過性脳虚血性発作 高血圧が原因の合併症

脳梗塞 一過性脳虚血性発作 高血圧が原因の合併症 です。脳梗塞とは脳の血管が突然つまって血流が途絶え、脳の細胞が死んでしまう病気です。 早期に適切な治療を受けないと後遺症をきたしたり、死亡してしまう可能性があります。

脳の血流障害で起こる 「 脳梗塞 」

脳梗塞 とは、脳内の動脈が詰まって血流がとだえてしまう病気で、 脳血栓 と 脳塞栓 という2つの病気があります。このうち 脳塞栓 は、心臓病などによって心臓にできた血栓(血のかたまり)がはがれて脳に運ばれ、動脈をふさいでしまう病気で、高血圧や動脈硬化とは関係ありません。

ここでは 脳血栓 についてだけ説明します。 脳血栓 とは、動脈硬化によって狭くなっている脳内の血管に、血栓ができて血流が阻害され、そこから先の組織が酸素不足、栄養不足になる病気です。

血栓は動脈硬化の起こっている部分でできる場合と、ほかでできたものが流れてきて詰まる場合があります。血流阻害の起こる場所によって、症状も違ってきますが、だいたいは突然の発作で始まります。睡眠中などに発作が起こりやすく、意識は失わないことが多いのですが、失うこともあります。

一般には片マヒを起こし、中には右手だけのマヒや左足だけのマヒなど単マヒが出ることもあります。

また、 言語障害 が起きたり、視野の一部が欠けることがあります。小さな血流阻害がたくさんできると、手が不器用になったり言葉がもつれるなど、脳の全体的な機能が少しずつ衰えていきます。

血流阻害が長くつづいていると、脳の組織が死んでとけ、脳軟化という状態になります。

CT検査や脳動脈撮影を行うと、どの部分に血流のとだえが起こっているかがわかります。

脳代謝賦活薬 、 脳圧降下薬 などによる治療を行いますが、血栓をとかす血栓溶解薬は出血を起こす危険があるので使いません。

著しい血圧の低下は、 脳梗塞 の場合はかえって血流不足を起こすことになるため、降圧治療は急性期には行わない場合が一般的です。

発作が急に起こり、24時間で消える 「 一過性脳虚血性発作 TIA 」

言葉が出なくなる、他人のいうことが理解できなくなる、片マヒや体の一部分の単マヒが起こる、力が抜けて持っていた物を落とすなどの発作が急に起こり、しかも24時間以内に症状が消えてしまう病気です。

動脈硬化 のあるところが一時的に血流阻害を起こした状態で、脳梗塞の前ぶれと考えられています。

このような発作が一度でも起こったら、必ず医師の診察を受けてください。発作を繰り返すときは、抗凝血薬 ( ヘパリン ) を注射したり、血小板凝集抑制薬 ( アスピリン チクロピジン など ) を用います。脳血管撮影などで手術が可能とわかったときは手術をすることもあります。