カリウム」タグアーカイブ

柿酢

「 柿 」 は血圧を下げる成分の宝庫で疲労回復に効く ビタミンA ビタミンC もたっぷり

「 柿 」 は血圧を下げる成分の宝庫で疲労回復に効く ビタミンA ビタミンC もたっぷり です。降圧食としては優秀です。カリウムには利尿作用があり、過剰なナトリウムを排出する働きをするので、血圧を下げる効果が大きいのです。柿は、高血圧の予防や改善にうってつけだといえるでしょう。

奈良時代から親しまれてきた栄養豊富な 「 柿 」

「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」という有名な句にうたわれているとおり、柿は秋の味覚の代表とされてきました。柿の収穫期は 9 月下旬から 12 月上旬ですから、まさに実りの秋を代表する果実といえるでしょう。

日本人と柿のつきあいは大変に古く、弥生時代前期の遺跡から柿の種の破片が発掘されているほどです。奈良県の藤原宮跡からも多数の柿の種子が発掘されているし、当時すでに柿が商品として流通していたことを記す文献も発見されています。

「柿」は血圧を下げる成分の宝庫で疲労回復に効く ビタミンA ビタミンC もたっぷり

「柿」は血圧を下げる成分の宝庫で疲労回復に効く ビタミンA ビタミンC もたっぷり

柿は、奈良時代からわれわれ日本人にとって身近な食品だったのです。そんな柿は、「柿が赤くなれば医者が青くなる」というナことわざがあるように古くからから健康にいい果物とされてきました。では、柿にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

まずあげられるのが、豊富な ビタミンA と ビタミンC です。

ビタミンA には肌や髪の健康を保つ効果が、ビタミンC には疲労回復や免疫力(病気から体を守る力)アップの効果が認められています。

甘柿に含まれるビタミンC は100 g あたり約 70 mg これは温州みかんの約 2 倍の量です。成人に 1 日に必要なビタミンC の量は100 mgですので、大きめの柿食べれば十分です。

ビタミンA は、柿100 g当たりに約420μg 含まれています。これはプルーンに匹敵する量です。ちなみにビタミンA の 1 日当たりの必要量は、成人男性で1日750μg 成人女性は600 μg なので、いかに柿にビタミンA が多いかがわかります。

柿に含まれるカロテン(色素成分の一種)は、体内で一部がビタミンA に変化します。ビタミンA に変化しないで残るカロテンには強力な抗酸化力(活性酸素を地除去する力)があり、動脈硬化や心臓病、脳梗塞などの予防に大きな効果が期待できます。

血圧を下げる成分も豊富

ビタミン類のほかにもカルシウム、マグネシウム、リンなどのミネラル(無機栄養素)も豊富です。

中でもカリウムの量はずば抜けて多く、170 mgにもなります。これは甘柿に含まれる量ですが、干し柿にすれば、なんと670 mgにも増加します。これほどカリウムを含んでいる食べ物はほとんどありません。

カリウムには利尿作用があり、過剰なナトリウムを排出する働きをするので、血圧を下げる効果が大きいのです。柿は、高血圧の予防や改善にうってつけだといえるでしょう。

さらに、柿の渋み成分であるタンニンにも、血圧を下げる効果があることがわかっています。

タンニンは、ポリフェノールの一種。多くの植物に含まれていますが、特に柿のタンニンには優れた働きがあります。

具体的には、柿のタンニンには毛細血管の透過性を正常に保つ働きがあります。そのため、血液が血管内をスムーズに流れるようになり、血圧を下げるのです。

この柿のタンニンの働きと、カリウムが持つ利尿作用との相乗効果によって、柿の血圧を低下させる効果は、より大きくなるのです。

しかし、タンニンはとりすぎると便秘になったり、鉄分の吸収を妨げ、貧血になりやすくなるので注意が必要です。もっとも、普通に柿を食べる程度なら、問題はありません。

以上のように、柿には私たちの健康を維持・改善してくれる成分が豊富に含まれています。

柿を選ぶ時のポイントは、ヘタがピントしているのもの。皮はつやつやとして全体的に濃いだいだい色をしているものがよいでしょう。

柿に含まれる有効成分
ビタミン類
ビタミンA ビタミンC ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンK など
ミネラル類
カルシウム マグネシウム カリウム リン など
色素成分
タンニン

「 柿 」 は豊富に栄養分を含む果実ですが、お酢にした柿酢はさらに柿の良い面を引き出してくれます。 発酵させるとアミノ酸・ミネラル・ビタミンなどの有効成分たっぷりの柿酢に生まれ変わります。果実酢の中でも柿酢は、体質改善の力が大変強いのが特徴です。

柿酢なら昔ながらの製造方法にこだわった株式会社源齋(ゲンサイ)の 柿酢 「 ももとせ 柿酢 」 がおすすめです。

みかん 血圧

みかん 血圧 を下げる果物 りんごもおすすめ

みかん 血圧 を下げる果物 りんごもおすすめです。多種多様な果物がスーパーなどに陳列され売られているのですが、昔と変わらずに現在も人気を集めているのが、秋口から春先まで楽しめるりんごとみかん。爽やかで甘酸っぱい、あの味が大好きな人も多いはずです。冬の果物ですが、好きな人が多く箱買いする人も多いですね。

そんなりんごとみかんに高血圧対策に重要な役割を果たすことがわかっています。りんごとみかんに含まれる血圧に関する有効成分は、大きく分けてふたつ。直接的に作用するカリウムです。もうひとつ、間接的に作用する食物繊維です。

このふたつの作用は芋類のところでも紹介したとおり同様の効果があります。

カリウムの血圧降下作用については、世界各国の研究者がさまざまな報告を行っています。カリウムには、ナトリウムの排泄を促進させる効果があり、カリウム不足になると、高血圧になりやすくなることがわかっています。

両親が高血圧であったりどちらか一方の親が高血圧である場合、脳卒中で亡くなったりしている場合には、ナトリウムの摂取を制限すると同時にカリウムを十分に摂取することが大切です。積極的に摂る食習慣を確立しましょう。

このカリウムはりんごやみかんの他、野菜にも多く含まれるが、野菜の場合、火を通してしまうとカリウムは半減してしまいます。カリウムは水に溶けやすい性質から、ゆでたり煮たりすると、汁や水の中に溶け出してしまいます。

生で食べる場合には、カリウムも十分に摂取可能だが、塩やドレッシングで塩分摂取過多になる傾向があるので気をつけることが大切です。

こうしたことを考慮しても、生のまま手を加えることなく食べられるりんご、みかんは無駄のないカリウム補給源となる。一方、食物繊維効果も見逃すことが出来ません。
食物繊維は、便通を整えて大腸ガンを予防、また、コレステロールの代謝にもよい影響を与える。高血圧とコレステロールとの関係は次のようになります

血中のコレステロールが増加 → 動脈硬化が促進 → 全身の血管に病変が起きる → 細小動脈がかたくなる → 末梢血管抵抗が高まる → 血液循環させる圧力が高くなる → 高血圧

血中のコレステロールのうち、食べ物に由来する分はわずか10~20%にすぎずほとんどは肝臓で合成されたものです。一方、体内のコレステロールの大部分は肝臓と胆汁酸という物質に変えられ、胆汁の成分となりどんどん小腸へと排泄されます。
これがそのまま便と一緒に排泄されてしまえば問題ないが、この胆汁酸は小腸の下流のほうで再び吸収されて肝臓へと運搬され、またまたコレステロールに合成されてしまいます。
これを肝臓と腸との間を循環しているという意味で腸肝循環といいます。

しかし、このとき、腸の中に食物繊維が存在していると、胆汁酸が繊維にくっつき、腸から再吸収されにくくなります。
食物繊維としのこの作用は、非常にマイルドなものだが、確実にコレステロールの再吸収を抑制してくれます。

日頃から食物繊維を習慣的に摂取していれば、高血圧や動脈硬化を防ぐことになります。

食生活のポイント

芋類 血圧

芋類 血圧 を下げる栄養素が豊富

芋類 血圧 を下げる栄養素が豊富です。南米のエクアドルのプリカバンバは世界的にも非常に有名な長寿地域。この地域の食生活をクローズアップしてみます。すると「ユッカ」といわれる里芋に似た繊維の多い芋とトウモロコシを主食にしています。
さらに中国の南部に貴陽という地域があり、ここは高血圧患者が少ないことで世界的に有名。海抜1000mほどの高地で産物はそれほど豊かではないが、ここでもトウモロコシ大豆を豊富に食べているといいます。

日本では、山梨県の棡原が長寿村として有名です。やはり里芋や小粒のじゃがいもを食べる習慣がある。沖縄は現在、世界一寿命が長い地域だが、さつまいもを主食にしいます。

これらの長寿地域の特徴で共通しているのは、「芋」を常食している点です。芋が長寿に役立っている点はいくつかあるが、やっぱりカリウムと食物繊維がキーワードになります。
カリウムと食物繊維は、塩の成分であるナトリウムの排泄を促し、高血圧の予防になるためです。

実際、その後の調査で芋をたくさん食べる習慣の地域では、高血圧の人がほとんどいないことがわかっています。

カリウムとナトリウムは、人間にとって体に大切なミネラルです。簡潔に説明すると、カリウムは細胞の中に多く、ナトリウムは細胞の外に多く含まれます。
細胞が正常に機能するためには、この両者が一定の濃度に保たれなければならない。ところが、塩を摂りすぎて、体内のナトリウムが増えると、細胞の中にもナトリウムが増えてくる。ナトリウムは水を引き込む性質をもつため、細胞は水ぶくれの状態になってしまいます。それが血管の壁をつくっている細胞で起こると、血管の壁はふくれあがったしまい、血管の通り道が狭くなってしまいます。その結果、血管に圧力がかかって血圧が上昇するというわけです。

ところが、このときにカリウムを十分に摂取していれば、細胞内にあるポンプのようなものがカリウムをくみ入れることによって、かわりにナトリウムを追い出すように働き、追い出されたナトリウムは尿として排泄されるのです。
細胞が水ぶくれになることなく血圧の上昇も起きないのです。

一方、食物繊維には、ナトリウムと吸着して便として出してしまう働きがあります。つまり、食物繊維を十分にとっていれば、塩の体内への吸着が少なくてすみます。
このように、高血圧を予防するには、カリウムや食物繊維を十分にとることが大事。当然、ナトリウムを増やさないために塩の摂取量を控えることも同時に行う。やや濃い味付けが好みで習慣化してしまっている人は、カリウムと食物繊維の摂取がポイントになります。

日本人の塩分摂取量は年々増加傾向にあり、高血圧患者も多いことから食物繊維とカリウムの摂取が重要です。

食生活のポイント