「 月別アーカイブ:2016年09月 」 一覧

夜間持続型高血圧

就寝中に何度も目が覚める人は「夜間持続型高血圧」の可能性大、持続する降圧剤が必要

血管や心臓に与える影響が最悪 早朝高血圧は、2種類に大別できます。それは、早朝に血庄が上昇する「早朝上昇型」と、就寝中にずっと血圧の高い状態が続く「夜間持続型」です。 このうち、特に脳卒中や心筋梗塞が …

就寝前にコップ半分の水

朝、起きて血圧が高い人は夜の寝汗で脳梗塞の危険性大、就寝前にコップ半分の水が防ぐ

脳卒中、心筋梗塞の危険性はなんと4倍 近年、健康診断や病医院で測った血圧は正常なのに、家庭や職場で測ると血圧の高い人が多く見られます。こうした高血圧を「隠れ高血圧(仮面高血圧ともいう)」といいます。 …

暑くて寝苦しい

夏は、冬より血圧が下がるが冷房の温度差や寝苦しさによる不眠が血圧が安定しない

脳梗塞は冬より夏に多発する 血圧は、季節によって高くなったり低くなったりします。血圧が最も高くなる季節は、冬です。冬は、寒さや冷たさの刺激で自律神経のうち心身を活発にする交感神経が優位になり、血管が収 …