食生活のポイント」カテゴリーアーカイブ

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ を飲む

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ を飲む

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ を飲む ソリューションを紹介します。血圧が高くて心配だけれど、夕食はお酒を飲んだり食べ過ぎてしまう食習慣が改善できずに悩んでいる人はたくさんいらっしゃると思います。仕事でイヤなことがあったり、苦手な上司と付き合うことは生きていくためには避けられない状況にある人がほとんどです。食べること、飲むことでストレスを解消している人はたくさんいると思います。

内臓脂肪の増加は血圧上昇要因に

1 日の仕事や家事が一段落した夕食時に、おいしいものをたっぷり食べるのが楽しみという人は多いでしょう。リラックスしながらとる食事の味は、また格別なものです。仕事中にストレスが多い人は特に夕食を食べ過ぎてしまう傾向にあると思います。ストレスは上手に発散できているように感じますが、しかし、こうした食生活を続けていると高血圧になりやすいという問題があります。

一般的に、夜は、基礎代謝が低下し、また夕食後に活発に活動するという人はほとんどいません。つまり、夕食後はカロリーを消費する機会が少ないため、余分なカロリーが内臓脂肪として蓄積されやすくなるのです。もちろん、頭ではわかっていても行動に移すのは大変なものです。

日本人の食習慣は、夕食を一番豪華にする習慣がいつの間にか定着しています。本来なら、活動を開始する朝にたっぷり食べ、夜はむしろ軽食程度が体のためにはいいのです。ストレスの発散に「食べる」という習慣がついてしまっている現代人ならではです。さまざまなストレスを発散することで一番手軽にすぐに行えることが「食べる」ことでもあります。

一定以上の内臓脂肪がたまりすぎると、脂質異常が起こりやすくなり、動脈硬化が進みます。この状態はメタボと呼ばれますが、内臓脂肪が増えすぎてメタボになると、高血圧を招きやすくなるのです。まさに負のスパイラルです。

過剰に増えると、アンジオテンシノーゲンという物質の分泌量が増加します。アンジオテンシノーゲンは、酵素の働きでアンジオテンシン2に変わりますが、アンジオテンシン2は血管を収縮させて、血圧を上昇させます。

また、内臓脂肪がたまると、アディポネクチンというホルモンの分泌が減少します。アディポネクチンには、血管内にできた動脈硬化を修復したり、細胞や筋肉でのブドウ糖の消費を促したりする働きがあります。

内臓脂肪が増加し、アディポネクチンの分泌量が減ると、血糖値を調整するインスリンというホルモンの働きが低下します。インスリン抵抗性に陥ると、インスリンが過剰に分泌されるため、その影響で塩分が体にたまりやすくなります。体内の塩分が増えれば、血液中や細動脈中の水分が増えるため、循環血液量が増加して血圧が上昇してしまうのです。

血圧が高くなれば、心臓にも大きな負担がかかります。その結果、狭心症や心筋梗塞といった心疾患を招く原図になるので、注意が必要です。

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ を飲む

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ を飲む

夕食前に 酵素入り青汁 ヌーススピリッツ をコップ 1 杯飲む

では、たまった内臓脂肪を減らし、高血圧を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。メタボを解消して内臓脂肪を減らすには、体重を現在の数値の5~10%減らすのが目標とされています。そのためには、1日に体重を 50 g ずつ減らすのが最も簡単で確実。

具体的には、夕食時にごはん 1 膳分 ( 200 g ) に当たる 300 kcal を減らすだけ。夕食のとりすぎが内蔵脂肪をためこむ原因になっているので、夕食で食べ過ぎなことが大切です。これなら 3 ~ 4 ヶ月あれば達成できるはずです。

そして、この食事制限をストレスフルの空腹感をかんじずに、らくに行うには、夕食前に 酵素入りの青汁 リッチグリーン を 1 包を水で溶かして飲んでから食べるようにするだけです。やや青汁臭さが気になる場合は、牛乳や冷たい水で割ると気になりません。ちなみに、あまりスッキリ爽やかか青汁は、大事な成分が不足していたりします。薬のように不味いわけえはないので、質のいい青汁をたっぷり飲みましょう!

青汁は、夕食前に飲むとそれまでの異常な空腹感などを感じることがありません。やはり、豊富な食物繊維効果でしょうか?
酵素入り青汁には老化防止などの効果もあるので加齢症状に悩む人にもおすすめです。短期間で効果があらわれやすく、便秘なども改善するのでとても快適ですし、夕食を食べ過ぎないようにするだけで体調も良好になります。血圧が高い人は特におすすめです。

青汁は苦手、夕食は食べ過ぎてしまう習慣がついてなおせない…そんな人に強い味方は 糖質を食べてくれる パクパクくん 酵母 です。食べ過ぎを酵素で食べなかったことにしてくれるサプリです。

階段で息切れする

高血圧 で 動悸 息切れ があれば 酵素 を補給する

高血圧 で 動悸 息切れ があれば 酵素 を補給するといいでしょう。心臓のポンプ機能が低下していることも考えられますからそれに対応しなければいけません。

動悸 息切れ は 心臓 の 疲弊

高血圧の人で、少し歩いたり階段の上り下りをするだけで、胸がドキドキしたり、ハァハァ息が切れたりする人はいないでしょうか。こういった症状がある人は、もしかすると心臓のポンプ機能が低下していることも考えられます。平らな道を歩くだけで息切れするのは心臓機能の低下です。

心臓は、心筋という筋肉でできていて、心筋が拡張と収縮を繰り返すことでポンプ作用を生み出し、全身へ血液を循環させています。この心臓の周囲を取り巻く冠状動脈に、食べ過ぎや運動不足などによって余分なコレステロールなどが付着して動脈硬化が起こると、心臓は頑張って働きすぎます。すると、全身の動脈血管に強い圧力がかかって血圧が上がるし、心臓は疲弊して動悸や息切れが起こるのです。

心臓のポンプ機能の低下、つまり心臓の衰えによって起こる高血圧や動悸・息切れを改善するには、酵素を補給することです。酵素新時代

野菜や果物を漬け込んだ 食物酵素液 で酵素を補う

心臓が衰えるのは代謝酵素が足りないから

私たちの体内でつくられている酵素は、働きによって大きく2種類があります。ひとつは唾液や胃液などに含まれていて、食べたものを分解して栄養に変える消化酵素。もうひとつは、エネルギーを産生したり、活性酸素を消去したりする代謝酵素です。

心臓の衰えに深くかかわっているのは代謝酵素のほうで、不足すると糖や脂肪がスムーズに燃焼されないため、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えてしまいます。その結果、心臓の冠状動脈に動脈硬化が起きて、高血圧、動悸、息切れなどの症状が起こりやすくなるのです。

体内でつくられる酵素の量は限られていて、1日に一定の量しかつくられないことがわかっています。食事をすると、体内では食べものを分解する消化酵素がつくられ、そのあと、栄養を利用する代謝酵素がつくられます。食べたものに酵素が含まれていないと、消化酵素がたくさんつくられても代謝酵素をつくる余裕が無くなって、不足することになります。

酵素が豊富なのは生野菜や果物、発酵食品

食べものに含まれる酵素を 食物酵素 といいます。酵素と聞くと生野菜や果物をイメージする人が多いと思いますが、食物酵素は、ほかにも穀類、肉類や魚介類など、さまざまなものに含まれています。そして、48℃以上の熱を加えると破壊される特徴があり、加熱処理された加工食品には酵素が含まれていないということになります。

ですから、おすすめは、食物酵素を豊富に含み、加熱せずに食べることができる生野菜や果物を常食することです。また、食物酵素はぬか漬けやキムチ、納豆、ヨーグルトなどの発酵食品にも多く含まれていますから、こういった食品も上手に食事に取り入れましょう。

熱を加えていない生きた酵素「毒出し酵素」でドロネバ血液がたちまち浄化

食生活のポイント

日経新聞より

よく噛んで食べることが減塩につながる 「 日経新聞 」 より

よく噛んで食べることが減塩につながる 「 日経新聞 」 で紹介されていた記事で血圧を下げるための少し違った視点からの情報だったので興味深いなぁ~と思いました。減塩は、血圧を下げるためにどうしても避けられない食習慣です。そのために ダシを濃い目にとったり割り醤油 を使ったりという工夫が必要です。

そこで2015年4月26日の日経新聞の健康面にこんな記事が掲載されていたので紹介したいと思います。

よく噛んで食べることが減塩につながるという内容ですが、かみごたえのある食べ物だと薄味でもおいしく食べられるそうです。よく噛まなくてはならない食べ物は噛む時間が長くなるため口の中に味が行き渡ります。薄味でも味を感じやすくなり毎日続けやすくなるとういことです。

「よく噛んで食べる」というのは小さな子供にお母さんが言う口癖のようなものをイメージしてしまいますが、とても重要な習慣だということです。

高血圧患者にシリアルとドライフルーツを混ぜたグラノーラ(塩分は 1 食 0.2 g )を 1 日食取り入れてもらうと変化が現れました。グラノーラはよく噛まないと飲み込みにくい特徴があります。普段、お総菜を多食する女性は血圧が下がらずに困っていたそうですが数週間で 144 mmHg → 137 mmHg に下がったそうです。

1 日 1 食だけでも塩分を減らせると 1 日の塩分摂取量はかなり減らせるということです。

日本の食塩の摂取量は年々減少しているようですが、2013 年時点で 20 歳以上の摂取量は平均で 10.2 g です。和食中心の日本人はどうしても塩分過多になりやすいのです。1 日の摂取量は 5 g 程度にしないと合併症のリスクが高くなります。
塩分の摂りすぎは血管や腎臓を老化させてしまいます。
塩分だけでなく、食塩に含まれるナトリウムが骨からカルシウムを溶け出しやすくして骨粗鬆症や腎臓結石を招くので注意が必要です。

さらに現代人に多いドライマウスなどの口の乾きによる味覚の衰えが減塩を困難にしています。現代人は口呼吸が増えています。これもドライマウスの原因ですが、ドライマウスの患者が塩を含まない昆布だしを飲むと口の乾きが和らぐことも確認されました。

日本人の減塩習慣は長い歴史の中でずっと課題になってきました。食が欧米化された今でもやはり塩の多いものが好まれてしまいます。
これの原因は、減塩食にうまみ成分が足りないことです。
外食やスーパー、コンビニの総菜の「おいしさ」は塩分であることが多いのです。みそ、しょうゆといった製品を減塩に変えていくことでゆっくり薄味になれていくことも1つの方法だと紹介しています。

習慣はまず「減塩」の行動を起こすことからはじめなくてはなりません。多少、物足りなくてもやめずに続けなければいけません。いつの間にかそれが当たり前の習慣になってしまいます。

食生活のポイント