調味料」カテゴリーアーカイブ

割り醤油 減塩

割り醤油 作り方 減塩に大事な調味料

[PR] 【60%減塩】寺岡家 減塩 だし醤油 化学調味料無添加 300ml 人気!

割り醤油 作り方 減塩に大事な調味料です。高血圧の方に是非、おすすめしたいのは、割り醤油。塩分を減らすには、非常に効率のいい方法。割り醤油とは?“常にだしで割る”ということ。だしは旨味ですから塩分が少なくても満足の味になります。とても風味がよく素材そのものの味を引き立ててくれます。減塩がうまくいかない人はどうしても減塩にしたことによる物足りなさがストレスで続かないケースがほとんどです。割り醤油は出汁を上手に活用しますので、旨味がアップして塩気の足りなさを感じなくなります。

昆布と鰹のだし

昆布と鰹のだし

普通の濃い口醤油を水で2~3倍に割って味をみると醤油の香りは、ほとんど損なわれていません。香りも味も十分に醤油。というものです。だしには塩分が含まれないので減塩につながります。お醤油は、日本人には欠かせない調味料です。和・洋・中いずれの料理にも使われます。

だしの作り方は、水3.5カップに良質のだし昆布10cmを1時間以上おいて火にかけ、煮立つ直前に昆布を取り出す。その後、削りカツオ1パック(5g)を加え弱火で5~6分煮出し、火を止め、削りカツオが沈んだらこす。

ほうれん草のおひたしを食べる場合、しょうゆ2に対し、だし1の割合で合わせたものをかけます。風味や味に物足りなさを感じないため、すぐに薄味に慣れていくでしょう。
いつも使っている醤油さしに常につくっておくと便利です。薄味に慣れてきたらこの割り醤油を作る際に減塩醤油を使うとさらに塩分を減らすこともできます。

刺身を食べるときにもこの割り醤油がないと物足りないような感じになってくれば減塩に成功です。また、回転寿司などに行って醤油をかけて寿司を食べたときに喉が渇く…という場合も減塩に成功しています。割り醤油もさまざまな作り方があり、自分の好みの味を探してみるのも楽しいでしょう。

割り醤油 種類

ごま醤油

  • いりごま 4
  • 醤油 0.5
  • だし 2
  • 砂糖 1.5

ごまは白、黒どちらでもよい。すり加減も好みでいい。ほうれん草、春菊、白菜、ふき、うど、さやえんどうなどの野菜に合う。

酢醤油

  • 酢…2
  • 醤油…0.5
  • だし…2

薄塩でしめたアジやイワシ、サバ、さらに貝類の酢の物、わかめ、キュウリなどの酢の物に合う。

かげん酢

  • 酢 3
  • 醤油 0.5
  • だし 2
  • 砂糖 1

魚介類、野菜などの酢の物や唐揚げに。またアジやわかさぎを漬けてもよい。

ポン酢

  • レモン、ゆず、すだちなどのしぼり汁 2
  • 醤油 5
  • だし 2

水炊き、ちりなべ、フライ、ムニエルなどに合う。
割り醤油は、少しずつ作って数日で使い切り、なくなったら新しくつくるようにする。
新鮮な方が香りもよくおいしい。

割り醤油 【60%減塩】寺岡家 減塩 だし醤油 化学調味料無添加 300ml 人気

岡家 減塩 だし醤油 化学調味料無添加 300ml

寺岡家 減塩 だし醤油 化学調味料無添加 300ml


こくと旨味にこだわった寺岡家の減塩だし醤油

60%塩分カットした美味しい減塩醤油!コクと旨味で減塩だけど美味しい醤油!!
冷や奴、焼き魚、炒め物、揚げ物などそのまま醤油代わりにご使用いただけます。

【内容量】 300ml

【栄養成分】(大さじ1杯15 mlあたり)

エネルギー 13kcal
タンパク質 1.0g
脂質 0.0g
炭水化物 2.3g
ナトリウム 353mg
(食塩相当量 0.9g)
リン 29mg
カリウム 86mg

大さじ2杯使っても食塩はわずか1.8gです。

寺岡家の減塩だし醤油 減塩できる理由

寺岡家の減塩だし醤油 減塩できる理由

こんな食べ方、工夫がおすすめ!