ライオンの「トマト酢生活」

Pocket

血圧を下げる作用のある食品を組み合わせて、トクホとして販売している商品も人気を集めている。ここ最近、トマトの健康パワーはメディアでもかなり取り上げられているので周知の通りだが、やはり血圧を下げる作用にも注目されている。

【能書きはいいから!即購入する!】という方は↑のバナーをクリックしていただくとLionのトマト酢生活のページに「GO!」します。

トマト酢って?

「トマトが赤くなると医者が青くなる」とは、ヨーロッパの古いことわざ。「トマト酢」は、健康野菜の代表のような「トマト」から生まれたお酢です。主成分である酢酸以外に、トマト由来のグルタミン酸やGABAなどのアミノ酸、カリウムなどのミネラルが多く含まれています。<トマト酢生活>は、旨味成分が豊富で、1本12kcal。塩分を気にかけている方、カロリーを気にされている方も安心して続けられるトクホ(特定保健用食品)飲料です。
酢の血圧作用については、本サイトでも紹介しています。→酢は天然の降圧剤

「トマト酢の特徴

米酢、穀物酢、リンゴ酢、玄米酢等に比べて、カリウムや、γ・アミノ酪酸 (GABA(ギャバ))を豊富に含む。天然のうま味成分であるグルタミン酸や、アスパラギン酸など、各種アミノ酸を豊富に含むため、一般の食酢に比べ、刺激感が少なくマイルドな味。

高血圧への作用について

血圧が高めの方90 名(男性33 名、女性57 名)に、試験に参加いただきました。試験飲料として「トマト酢生活」を、プラセボ飲料として酢酸を含まない飲料をそれぞれ1日1 本、12 週間摂取していただき、血圧を定期的に測定しました。毎日1 本の<トマト酢生活>を飲んでいただいた方では、 6 週間以降、飲用前に比べて収縮期血圧に有意な低下が見られ、10 週間後では、飲用前に比べて収縮期血圧が約8mmHg 低下しました。

ライオンでは、「トマト酢生活」について、その血圧に対する有効性や、安全性を調べ、学会誌に投稿発表しています。

  • トマト酢の高血圧自然発症ラットにおける血圧上昇抑制作用
    トマト酢の降圧効果は、食酢の主成分である酢酸であることを示した。
  • トマト酢含有飲料の正常高値血圧者および軽症高血圧者に対する長期摂取時の有効性および安全性の検討
    「トマト酢生活トマト酢飲料」は、正常高値血圧者および軽症高血圧者に対し、高い安全性を有し、同時に血圧を適度に降下させることを明らかにした。
  • トマト酢含有飲料の過剰摂取時のの検討
    通常摂取の3倍量の「トマト酢生活トマト酢飲料」を1日1回(3本)、4週間連続摂取した際の安全性に問題ないことを確認した。

ライオンの「トマト酢生活」

トマトの赤は美肌成分と言われるくらい美容にも効果的な食品ですが、トマトソースを使った食事は、血糖値が上がりにくいこともわかっています。これは、食物繊維による効果であると考えられます。食物繊維が豊富に含まれるということは、便秘改善にも役立ちます。トマトを食べた直後には、血中濃度が上昇しますが、6~8時間でピークになった後は、次第に減少することもわかっています。
このようにトマトには、血圧を下げる作用以外にもさまざまな健康効果があります。

50歳以上の2人に1人が血圧が高めと言われています。

トマト酢生活はトマトから生まれた「お酢」のトクホ飲料。1本の中に15,000mgものトマト酢を配合しました。
本商品は、初めての方に限り980円でお試し頂ける10本入りのお試しパックとなります。

ライオンは、健康野菜の代表格トマトに着目、お酢も血圧にいいと言われていることからトマト酢の研究に着手しました。
血圧が高めの方90名にご参加頂いた臨床試験にて、毎日1本のトマト酢生活を飲んで頂いた方は、
収縮期血圧(最高血圧)が10週間で平均約8mmHg低下しました。

数々の技術開発と臨床試験を経て開発されたトマト酢生活は、血圧への作用や安全性が実証された「特定保健用食品」です。

「ライオンの「トマト酢生活」」への13件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高血圧などの症状から減塩をはじめるための情報収集と食生活の注意点