漢方薬(症状別)」カテゴリーアーカイブ

血圧を下げる 漢方薬の紹介です。降圧剤が体質に合わない場合は 漢方薬 で血圧を下げる方法がおすすめです。漢方薬は自分お体質に合った成分を配合しているのが特徴です。

高血圧 漢方薬

高血圧 漢方薬 本当の実力

高血圧 改善 漢方薬 本当の実力について紹介します。中医学では、生命を支える大切な要素として「気」「血」「律液」の3つが挙げられる。「気」は、主に肉体の機能や働き、「血」は、血液をあらわしています。「律液」は、血液以外の体液のことです。

高血圧 漢方薬

高血圧 漢方薬

人間の健康は、これら「気(陽)」と「血・律液」(陰)のもとで初めて活性化され、全身を循環して五臓六腑に栄養を供給します。

この陰陽のバランスが整っていれば健康を保持できるが、陰陽のバランスが乱れてくると、体調不良、さらに病気になってしまいます。

中医学では、体の五臓六腑のうち「肝」の陰陽バランスがくずれると、高血圧症になるとされている。「肝」の陰陽バランスが崩れて「肝陰」が不足してくると、相対的に「肝陽」が過剰になり、イライラしたり、起こりっぽくなったり、めまい、という症状がでてくる。これがいわゆる高血圧症の症状になります。
しかも「肝」は、精神状態と深く関係している器官でストレスが過剰にかかったりすると、さらに陰陽のバランスが乱れ症状が悪化します。

そこで、高血圧を改善するには、「肝陰」を補い「肝」の陰陽バランスを整えることが不可欠となるのです。

そもそも、「肝」の陰陽バランスの乱れや崩れは、「腎陰」の不足、「腎」の陰陽バランスの乱れが原因となっているからです。
したがって高血圧を治療するためには、「腎」と「肝」両方の陰陽バランスを整えることが必要です。

そのような効果のある薬としては、杞菊地黄丸(こぎくじおうがんが挙げられる。これは、六味地黄丸(ろくみじおうがん)に菊花、とくこを加えたものになります。
六味地黄丸(ろくみじおうがん)は、「腎陰」の不足を治す処方で、一方、菊花とくこは、「肝陰」の不足を改善する生薬。これを時間をかけて根気よく飲み続けることで、「腎」と「肝」両方の陰陽バランスの安定をはかります。

頭痛や、肩こり、目の充血など、高血圧に伴う諸症状を改善するためには、釣藤散(ちょうとうさん)、七物降下湯(しちもつこうかとう)などが有効です。
イライラなどがひどい場合には、柴胡加龍骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぽつれいとう)または、抑肝散(よくかんさん)が効果的です。

また、中高年の高血圧で特にイライラが原因で不眠になったりのぼせるような人には、知柏壮健丸 (ちぱくそうけんがん)も効果的です。

中医学では、高血圧の原因は、その人の内部にあると考え、根本的な原因は、老化や慢性疾患、食生活の乱れからくる「腎陰」の不足としています。
動脈硬化の改善は、不可能だというが、腎陰のバランスを整えれば改善することが可能。硬くなった血管も若返り、軟らかくなると考えます。

 

漢方薬

漢方薬で高血圧を改善 汗かきでのぼせやすくイライラする人に

漢方医学では、まず全身の調和を整えることに主眼をおいて治療していくのが最大の特徴です。病院で通院しても、なかなか症状がよくならない人は一度、漢方薬を検討するといいでしょう。症状も大切ですが、体全体が健康になるよう処方します。

血圧の安定化は、その治療の結果によるものと考えます。

漢方薬で高血圧を改善

漢方薬で高血圧を改善

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は、体に偏在する熱を冷ますことによって血圧を下げる漢方薬。汗かきで、顔が赤らんでいて、のぼせやすい、さらにイライラして眠れない、鼻血が出たり、目が充血するなどこうした傾向はを伴う高血圧は、まず体内の余分な熱をとり除くことが治療の基本となります。

比較的体力があり、のぼせぎみで、イライラする傾向があるような人に向く薬とされ、高血圧に随伴する不眠症、神経症に用いられます。

また、「黄連解毒湯」は、精神症状に対しても用いられ、ストレスのかかわりが大きい動悸(心臓神経症)や胃炎症状などの治療にも有用です。また、イライラすると悪化しやすい皮膚のかゆみの改善にも、用いられることがあります。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を構成している黄連(おうれん)、黄ごん、黄柏(おうぱく)、山梔子(さんしし)の4つの生薬すべてが解毒の薬効をもっています。
そのため、黄連解毒湯は、赤ら顔でのぼせやすい体質の人に用いられます。

漢方薬

腎炎 高血圧

腎炎 高血圧 最適な漢方薬

腎炎 高血圧 腎臓と血圧が切っても切れない関係にあります。腎臓のはたらきが悪くなると余分な塩分と水分の排泄が十分にできず、血液量が増加し、血圧が上がります。さらに、血圧が上がれば腎臓への負担が増え、ますます腎臓の機能が低下するといった悪循環が生じやすくなります。したがって、腎臓のはたらきを守るためにも血圧をコントロールすることはとても大切です。

高血圧は、最大血圧が160 mmHG 以上、最小血圧が95 ㎜HG 以下と定義されているのですが、最大血圧は、正常値でコントロールできても、最小血圧は下がりにくいケースがあります。

塩分の摂り過ぎが高血圧の大敵であることはよく知られています。通常、腎臓は食事からとった余分な塩分(ナトリウム)を水分(尿)とともに体の外へ追い出すはたらきをしています。ところが、腎臓のはたらきが悪くなると、塩分(ナトリウム)と水分(尿)の排出がうまくできなくなって血液の量が増え、血圧が上がります。
七物降下湯(しちもつこうかとう)は、虚弱体質で疲れやすく最小血圧の高い人、タンパク尿が出て腎硬化症の疑いのある人、腎炎による高血圧の人に効果があります。

血液の不足や滞りを治す七物湯に、黄耆(おうぎ)、釣藤(ちょうとう)、黄柏(おうぱく)を加えたものが七物降下湯。胃腸の弱い人には向かない漢方薬。胃に停滞しやすい生薬を使用しているため。
しかし、黄柏(おうぱく)を加えることで胃への停滞を防ぐことができる。

黄柏(おうぱく)には、消炎健胃作用と血管に収縮して充血を取り除く作用がある。また、釣藤(ちょうとう)は脳の血行を正常化し、水毒をとる働きをする。

七物降下湯(しちもつこうかとう)は、血行の循環を改善し、同時に体内の老廃物を排出して動脈硬化を防止し、血圧を下げる作用があります。