漢方薬(症状別)

汗かきでのぼせやすくイライラする人に

投稿日:2012年3月21日 更新日:

漢方医学では、まず全身の調和を整えることに主眼をおいて治療していくのが最大の特徴です。病院で通院しても、なかなか症状がよくならない人は一度、漢方薬を検討するといいでしょう。症状も大切ですが、体全体が健康になるよう処方します。

血圧の安定化は、その治療の結果によるものと考えます。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は、体に偏在する熱を冷ますことによって血圧を下げる漢方薬。汗かきで、顔が赤らんでいて、のぼせやすい、さらにイライラして眠れない、鼻血が出たり、目が充血するなどこうした傾向はを伴う高血圧は、まず体内の余分な熱をとり除くことが治療の基本となります。

比較的体力があり、のぼせぎみで、イライラする傾向があるような人に向く薬とされ、高血圧に随伴する不眠症、神経症に用いられます。

また、「黄連解毒湯」は、精神症状に対しても用いられ、ストレスのかかわりが大きい動悸(心臓神経症)や胃炎症状などの治療にも有用です。また、イライラすると悪化しやすい皮膚のかゆみの改善にも、用いられることがあります。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を構成している黄連(おうれん)、黄ごん、黄柏(おうぱく)、山梔子(さんしし)の4つの生薬すべてが解毒の薬効をもっています。
そのため、黄連解毒湯は、赤ら顔でのぼせやすい体質の人に用いられます。

-漢方薬(症状別)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

漢方薬

高血圧を改善する漢方薬の本当の実力

中医学では、生命を支える大切な要素として「気」「血」「律液」の3つが挙げられる。「気」は、主に肉体の機能や働き、「血」は、血液をあらわしている。「律液」は、血液以外の体液のこと。 人間の健康は、これら …

便秘

便秘気味で肩こりや腹痛の症状があるときは大柴胡湯(だいさいことう)

肝臓は、外から入ってきた体にとって有害物質や体内で生成された毒素を解毒する働きを担う臓器。肝臓が弱ったり、病気になり解毒作用が正常に行えない場合、毒素は体内を巡って体の至るところに影響を及ぼしてしまう …