漢方薬(症状別)

腎炎 高血圧 最適な漢方薬

投稿日:2012年3月21日 更新日:

腎炎 高血圧 腎臓と血圧が切っても切れない関係にあります。腎臓のはたらきが悪くなると余分な塩分と水分の排泄が十分にできず、血液量が増加し、血圧が上がります。さらに、血圧が上がれば腎臓への負担が増え、ますます腎臓の機能が低下するといった悪循環が生じやすくなります。したがって、腎臓のはたらきを守るためにも血圧をコントロールすることはとても大切です。

高血圧は、最大血圧が160 mmHG 以上、最小血圧が95 ㎜HG 以下と定義されているのですが、最大血圧は、正常値でコントロールできても、最小血圧は下がりにくいケースがあります。

塩分の摂り過ぎが高血圧の大敵であることはよく知られています。通常、腎臓は食事からとった余分な塩分(ナトリウム)を水分(尿)とともに体の外へ追い出すはたらきをしています。ところが、腎臓のはたらきが悪くなると、塩分(ナトリウム)と水分(尿)の排出がうまくできなくなって血液の量が増え、血圧が上がります。
七物降下湯(しちもつこうかとう)は、虚弱体質で疲れやすく最小血圧の高い人、タンパク尿が出て腎硬化症の疑いのある人、腎炎による高血圧の人に効果があります。

血液の不足や滞りを治す七物湯に、黄耆(おうぎ)、釣藤(ちょうとう)、黄柏(おうぱく)を加えたものが七物降下湯。胃腸の弱い人には向かない漢方薬。胃に停滞しやすい生薬を使用しているため。
しかし、黄柏(おうぱく)を加えることで胃への停滞を防ぐことができる。

黄柏(おうぱく)には、消炎健胃作用と血管に収縮して充血を取り除く作用がある。また、釣藤(ちょうとう)は脳の血行を正常化し、水毒をとる働きをする。

七物降下湯(しちもつこうかとう)は、血行の循環を改善し、同時に体内の老廃物を排出して動脈硬化を防止し、血圧を下げる作用があります。

-漢方薬(症状別)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

漢方薬で高血圧を改善 汗かきでのぼせやすくイライラする人に

漢方医学では、まず全身の調和を整えることに主眼をおいて治療していくのが最大の特徴です。病院で通院しても、なかなか症状がよくならない人は一度、漢方薬を検討するといいでしょう。症状も大切ですが、体全体が健 …

大柴胡湯 だいさいことう 効果

大柴胡湯 だいさいことう 効果 便秘気 肩こり 腹痛 を軽減

大柴胡湯 だいさいことう 効果 効果 便秘気 肩こり 腹痛 を軽減してくれます。肝臓は、外から入ってきた体にとって有害物質や体内で生成された毒素を解毒する働きを担う臓器。肝臓が弱ったり、病気になり解毒 …

高血圧 漢方薬

高血圧 漢方薬 本当の実力

高血圧 改善 漢方薬 本当の実力について紹介します。中医学では、生命を支える大切な要素として「気」「血」「律液」の3つが挙げられる。「気」は、主に肉体の機能や働き、「血」は、血液をあらわしています。「 …