腎炎 高血圧

腎炎 高血圧 最適な漢方薬

腎炎 高血圧 腎臓と血圧が切っても切れない関係にあります。腎臓のはたらきが悪くなると余分な塩分と水分の排泄が十分にできず、血液量が増加し、血圧が上がります。さらに、血圧が上がれば腎臓への負担が増え、ますます腎臓の機能が低下するといった悪循環が生じやすくなります。したがって、腎臓のはたらきを守るためにも血圧をコントロールすることはとても大切です。

高血圧は、最大血圧が160 mmHG 以上、最小血圧が95 ㎜HG 以下と定義されているのですが、最大血圧は、正常値でコントロールできても、最小血圧は下がりにくいケースがあります。

塩分の摂り過ぎが高血圧の大敵であることはよく知られています。通常、腎臓は食事からとった余分な塩分(ナトリウム)を水分(尿)とともに体の外へ追い出すはたらきをしています。ところが、腎臓のはたらきが悪くなると、塩分(ナトリウム)と水分(尿)の排出がうまくできなくなって血液の量が増え、血圧が上がります。
七物降下湯(しちもつこうかとう)は、虚弱体質で疲れやすく最小血圧の高い人、タンパク尿が出て腎硬化症の疑いのある人、腎炎による高血圧の人に効果があります。

血液の不足や滞りを治す七物湯に、黄耆(おうぎ)、釣藤(ちょうとう)、黄柏(おうぱく)を加えたものが七物降下湯。胃腸の弱い人には向かない漢方薬。胃に停滞しやすい生薬を使用しているため。
しかし、黄柏(おうぱく)を加えることで胃への停滞を防ぐことができる。

黄柏(おうぱく)には、消炎健胃作用と血管に収縮して充血を取り除く作用がある。また、釣藤(ちょうとう)は脳の血行を正常化し、水毒をとる働きをする。

七物降下湯(しちもつこうかとう)は、血行の循環を改善し、同時に体内の老廃物を排出して動脈硬化を防止し、血圧を下げる作用があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください