これで血圧が下がった」カテゴリーアーカイブ

血圧が下がった という経験があるお茶 たまねぎの皮茶 八酵麗茶 の紹介です。実際にどのような効果がありどくらい飲めば血圧に効果があるのかなどの生の声を紹介しています。

八酵麗茶 口コミ

八酵麗茶 口コミ ヘモグロビンA1C 血糖値 共に下がった

八酵麗茶 口コミ 私が 八酵麗茶 を実際に飲んでじヘモグロビンA1C 血糖値 共に下がったので紹介します。

血糖値、ヘモグロビンA1Cの値が下がらなくて困っていた

はじめは、病院で処方された薬で改善しない高血圧が「お茶を飲んで治るわけがない」と思って信用していませんでした。

ところが数値がみるみるうちに上昇して、おしっこの泡立ちがひどくなったり、めまい、動悸、喉の異常な渇き、不眠、手足の感覚が低下する、または、チクチク指すような痛みを感じて、このままではいけない、なんとかしなくちゃ!と藁にもすがる思いで飲み始めた 八酵麗茶 で次第に数値がよくなったりさまざまな症状が軽減され、そして消失していくという貴重な体験談です。

 

糖尿病は、健康診断などで宣告されても自覚症状がありません。医師が言うほど自覚症状がないため、放置してしまう人が多く、症状が出始める頃には、ちょっとの運動や、食事制限ではびくともしません。

私も全く同じです。血糖値やヘモグロビンA1Cが高いと指摘されても特に最初は、全く自覚症状がないので放置してしまったのがいけないと思いました。

そのうちに合併症の怖さを知って恐ろしくなります。めまい、動悸、喉の異常な渇き、不眠、手足の感覚が低下する、または、チクチク指すような痛みを感じるようになると怖くなりました。

糖尿病の予防・改善には、食べ過ぎや運動不足など、高血糖を招く悪い生活習慣を改善し、よい状態を維持することが重要です。 特に食事の改善は、血糖コントロールに不可欠ですが、実際に続けるのは大変です。

そこでお勧めしたいのが、血糖値やヘモグロビンA1Cを下げる作用のある テンペ菌発酵茶 八酵麗茶 です。
糖尿病の本当の怖さは合併症です。合併症を起こさないためには、日々の血糖のコントロールが欠かせませんが、思ったように続きません。そこで食前にこの薬草茶を飲むようにします。食後の急激な血糖値上昇を防ぐことができます。

八酵麗茶 がおすすめできるポイントは3つです。

  1. 血糖を安定させる 8 つの薬草をブレンドテンペ菌発酵の薬草茶には、血糖値の急上昇を抑えるギムネマ・シルベスタやグアバ、桑葉など、えりすぐりの天然薬草が配合。さらにどれも栄養価の高い薬草の産地において、旬の時期に収穫されています。
  2. テンペ菌発酵で吸収率が高いテンペ菌は、インドネシアの 発酵食品「テンペ」の発酵菌で、発酵過程で多種のアミノ酸を作るほか、希少ビタミンを増やし、血栓を溶かす効果もあります。テンペ菌発酵により、有効成分の腸壁からの吸収率が大きく向上。インスリンの分泌を刺激し、毛細血管も強化する薬草の効力がぐんと高められます。
  3. 高血糖を確実に改善テンペ菌で発酵させた薬草茶の臨床試験では、血糖値だけでなく、改善が難しいとされ HbA1C まで着実に下降。高血糖改善の確かな効能が、臨床の場でも証明されています。

事実、すでに全国の愛飲者から、薬草茶を1日1.5~2リットル飲用して、血糖値やHbA1Cが正常値に改善。のどの渇き(口渇)、尿臭、だるさ、しびれも一掃したという喜びの声が続々集まっているといいます。検査データの改善はもちろん、自覚症状の軽減は、糖尿病が着実に快復して合併症が遠ざかっていることの証しです。

何より私が糖尿病の合併症である症状が消失したのですから。糖尿病で血糖値が下がらない ヘモグロビンA1Cが安定しない人は是非 八酵麗茶 をおすすめします。

八酵麗茶

これで血圧が下がった

玉ねぎの皮茶 血圧

玉ねぎの皮茶 血圧 朝 1杯飲んだら180 の 血圧 が 120 台に下がった

玉ねぎの皮茶 血圧 朝 1杯飲んだら180 の 血圧 が 120 台に下がった 私の体験を紹介します。玉ねぎは、血液さらさら効果が高いことで有名ですが、皮のほうにはさらに効果があるというのです。そのたまねぎの皮にたっぷり含まれるケルセチンが含まれたお茶です。

玉ねぎの皮茶 血圧 薬を使わずにここまで下がった

国産 さらさらたまねぎ茶

国産 さらさらたまねぎ茶

昨年の冬に急に手足がしびれて、めまいと頭痛が続くようになりました。病院へ行くと血圧の数値が上が 180 mHG、下が 105 mHG で高血圧症と診断されました。

医師には「しびれが出てもおかしくない数値」だと言われ、降圧剤が処方されました。このままずっと飲み続けなければならないのか… 憂うつな気持ちになりました。また、血圧がこんなに高くなってしまっていたのに驚きました。

私の家系はみな血圧が高めです。私も以前から上が 150 mHG ぐらいありました。とはいえ、あまり薬に頼りたくない気持ちもあり、案の定、やがて降圧剤も飲まなくなってしまいました。降圧剤を飲むと目がぐるぐる回るので怖くなってしまいました。あと、降圧剤を飲むとなぜか、朝起きるのが辛くて、寝坊することが多くなりました。昼間でもぼーっとすることが多く、何か集中したいときにとても困りました。

血圧は高いままですし、このままでいいのかと不安になっていたころ、健康雑誌で玉ねぎの皮のお茶「さらさらたまねぎ茶」を知り、毎朝1杯ずつ飲むことにしたのです。

実は、玉ねぎでは一度、挫折したことがあります。以前、病院で食事について相談したところ、「玉ねぎを食べるといい。残った皮は捨てずに煎じて飲むとなおいい」とすすめられ、やってみたのです。

しかし、玉ねぎを毎日食卓に乗せるのはなかなか至難の業。皮を集めるのも大変です。お茶に煮出すくらい玉ねぎを食べるもの現実的ではありません。その点、玉ねぎの皮のお茶「さらさらたまねぎ茶」は、玉ねぎ特有の臭みはなく、ホッとするおいしさです。優しい香りと血圧を下げてくれる効果を感じる味でした。

これで血圧が下がれば幸せ そんなふうに思っていました。そして驚いたことに、玉ねぎの皮のお茶を飲みはじめて、わずか数日で血圧が下がりはじめたのです。180 mHG が 160 mHG 台、そして140 mHG 台とどんどん下がり、今では 120 mHG 台に安定。もちろん、手足のしびれやめまい、頭痛もなくなりました。春の健康診断でも、「特に心配はないですね。数値はどれも良好です」といわれて大喜びしています。