食生活のポイント

青魚(イワシ、サバ、サンマ)は心筋梗塞、脳卒中、高血圧を防ぐ

投稿日:2011年11月9日 更新日:

健康に関心をもって生活している人であれば、EPA(エイコサペンタテン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が体にいいことを知っているはず。
いずれも多価不飽和脂肪酸と呼ばれる成分の一種で、魚の油に豊富に含まれる。

脂肪酸は体内に入ると、プロスタグランディンやトロンボキサンという物質の材料になる。これらは生理活性物質と呼ばれ、血液中の血小板の凝集を亢進したり、抑制したりする。簡潔にいうと、血液を固まりやすくしたり、固まりにくくしたりする作用になる。

生理活性物質が血液を固める方向に働くか、それとも固まりにくくする方向に働くかは、材料となる脂肪酸の種類によって決まる。EPAやDHAからできる生理活性物質は、全体として血小板の凝集を抑制。つまり、血液を固まりにくくする方向に機能する。

さらに、生理活性物質には、重要な働きがある。それは、血管を拡張したり収縮させる機能。EPAやDHAを摂取することは、高血圧の人にとっては非常に望ましいこととなる。

また、EPAやDHAはイワシ、サンマ、サバやアジなど、安価な青魚にたくさん含まれる。青魚をどのくらいの量食べればこうしたEPAやDHAの効果が期待できるのか、という点については、専門の研究グループが興味深い実験を行っている。

14名の健康な人を2つのグループに分け、ひとつのグループには市販のサバの缶詰を毎日1缶ずつ、二つ目のグループには、2缶ずつそれぞれ1週間続けてもらうよう指示を出した。
2缶ずつ食べたグループのほうが、血液中のEPAやDHAや善玉コレステロールの濃度が明らかに高くなった。

身近なサバの缶詰をわずか7日間食べただけで血液成分に明らかな差がでることがわかったため、日頃から青魚を積極的に食べるようにすれば、血栓症や高血圧の予防にかなりの期待ができるはずだ。
EPA、DHAについては、サプリのサイトにも詳しく掲載されている。

-食生活のポイント
-,

執筆者:


  1. […] 注文したいものです。青魚には血圧を下げる作用があります。刺身で青魚を食べるとより効果的です。 […]

  2. […] 注文したいものです。青魚には血圧を下げる作用があります。刺身で青魚を食べるとより効果的です。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

レバーには血圧コントロールに効果絶大の成分がたっぷり

「健康のためにレバーがいい」というのは、よく聞くフレーズだが、本当でしょうか?よく貧血が治る、疲労回復効果に最適と言う。 確かにレバーには、貧血や肉体疲労、肝臓障害などを予防するすばらしい効果がある。 …

夕食の食べ過ぎはNG

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの酵素入り青汁を飲む

内臓脂肪の増加は血圧上昇要因に 1日の仕事や家事が一段落した夕食時に、おいしいものをたっぷり食べるのが楽しみという人は多いでしょう。リラックスしながらとる食事の味は、また格別なものです。 しかし、こう …

no image

みかん、りんごの降圧効果

多種多様な果物がスーパーなどに陳列され売られているが、昔と変わらずに現在も人気を集めているのが、秋口から春先まで楽しめるりんごとみかん。爽やかで甘酸っぱい、あの味が大好きな人も多いはず。 そんなりんご …

no image

高血圧で脳卒中が心配であれば木の実を積極的に食べれば予防できる!

今からおよそ20年ほど前にこんな出来事が。アメリカの国立循環研究所に、脳卒中のラットが寄贈された。のラットは、実験用で普通に飼育していれば必ず脳卒中を起こし死んでしまうもの。 ところがしばらくしてその …

no image

牛乳に含まれる良質なたんぱく質は血圧を下げる

成長期には、誰もが一生懸命飲んだ牛乳。栄養豊富であることは言うまでもない。ところが、中高年世代には、牛乳や乳製品を積極的に摂取する習慣がない。 貧しい時代を生き抜いてきた人たちには「乳製品=贅沢品」と …