高血圧に関する情報」カテゴリーアーカイブ

60歳以上の高血圧リスク

高血圧 60歳以上の6割強 脳卒中 心筋梗塞 痴呆 の 原因 に

高血圧 60歳以上の6割強 脳卒中 心筋梗塞 痴呆 の 原因 に なります。高血圧は恐ろしい病気だという自覚からです。

70歳以上になると7割以上が高血圧

現在、日本人の4人に1人が、心臓病か脳卒中で亡くなっていますが、こうした血管病を引き起こす最大の原因が高血圧です。特に高齢の高血圧患者が激増しており、高齢化が急速に進む日本ではとても深刻な問題です。

高血圧の人(最大血庄140mmHG以上、最小血圧90mmHG以上) は推計で約4000万人に上り、いつ高血圧になってもおかしくない予備軍の人も合わせると約5500万人に達すると報告されています。年代別では60代の約6割、70歳以上の約7割が高血圧であり、今や高血圧は国民病となってしまいました。

ところが、患者数の多さとは裏腹に、高血圧がどんな病気で、どれだけ危険なのかは、あまり知られていません。そこで、まず、高血圧とはどのような病気なのでしょうか?

加齢により血管が老化し、高血圧の原因になる

私たちの体内では、心臓がポンプのように収縮と拡張をくり返し、血液を全身に送っています。このとき、心臓から送り出された血液が、血管壁に与える圧力のことを血圧といいます。

この血圧が基準値を超えて上昇してしまうと、高血圧と診断されるのです。

ではなぜ、血圧が高くなってしまうのでしょうか。直接的な原因は2つあります。

1つは、「心拍出量の増加」です。心拍出量とは、心臓から送り出される血液の量のことで、この量が多ければ多いほど、血管壁にかかる圧力(血圧) が高くなります。

もう1つは、「末梢血管抵抗の増大」です。これは、末梢血管(全身に張りめぐらされた細い血管) における血液の流れにくさを指します。

加齢によりと誰でも血管が老化します。具体的にいうと、血管壁の弾力が失われて硬くもろい状態になります。また、血管壁にコレステロールがたまって厚くなり、血液の通り道が狭くなることもあります。これを動脈硬化といいますが、このような状態になると末梢血管の血液の流れが悪くなってしまいます。すると、心臓はより強い力をかけて血液を送り出すため、血管壁が強く圧迫され、血圧が高くなるのです。

そして、血圧の高い状態が続くと、血管壁が損傷を受けて、動脈硬化がさらに進んでしまいます。つまり、動脈硬化が進むと血圧が高くなり、血圧が高くなると動脈硬化に拍車がかかるといったぐあいに、両者は悪循環をくり返しながら悪化していくのです。

血管が狭くもろくなると脳梗塞の原因になる

こうした高血圧による動脈硬化は全身の血管で起こり、さまざまな合併症を引き起こしますが、特に危険なのが心臓と脳で起こる合併症です。

動脈硬化によって血管が狭くなると、血流が悪くなります。心臓を養う冠動脈に動脈硬化が起こって心臓が血流不足になれば、狭心症を引き起こします。同様に脳の血流が悪くなれば、老人性の認知症(ボケ)のような状態をもたらします。

動脈硬化で硬く狭くなった血管では、血流が滞りやすいため、その場所に血栓ができやすくなります。この血栓が冠動脈につまって血流が途絶えれば心筋梗塞を引き起こし、脳の血管でつまれば脳梗塞を招きます。

さらに、もろくなた血管は破れやすく、高血圧で脳の細い血管が破れ、脳出血を起こすことも少なくありません。

高血圧による影響は腎臓や目にも現れます。高血圧によって腎臓の細かい血管に動脈硬化が起これば、血液をろ過しにくくなり、腎臓が硬く小さくなります。この状態を放置すれば、やがて腎臓の機能の大半が失われ、人工透析も必要になる腎不全に陥ってしまいます。

また、目の奥にある網膜の血管も、高血圧による動脈硬化でもろくなり、破れて眼底出血が起こり、最悪の場合、失明にいたることもあります。このように、高血圧には合併症による深刻な危険がつきまとっています。それにもかかわらず、治療を受けずに放置して、寿命を締めている人が多いのです。

高血圧に関する情報

高血圧の放置は寿命を16年も縮めてしまう

高血圧の放置は寿命を16年も縮めてしまう

高血圧の放置は寿命を16年も縮めてしまう というデータがあります。高血圧を放置してしまう人は多く注意しなければいけません。

ほとんどの人が高血圧を軽視している

こちらで紹介したように高血圧は全身にさまざまな合併症を引き起こす恐ろしい病気ですが、治療を受けずに放置している人が非常に多いのが実情です。

実際、推計四4000万人とされる高血圧の方のうち、治療を受けている人は、多く見ても3割程度です。つまり、7割の人は高血圧を放置しているのです。こうした人の中には、自分が高血圧であると気づいていない人もいることでしょう。

ところが、高血圧であることに気づいているにもかかわらず、なんの対策も請じていない人もかなりいるのです。

40代、50代の約4割、30代の7割近くの人が、自分が高血圧であると認識しながら、適切な治療を受けていないのです。

当然のことながら、高血圧の人は減塩や体重管理、運動、節酒、禁煙といった生活習慣の改善が必要になります。しかし、それすら行っていない人がこれだけいるのです。

このように、高血圧を放置してしまう背景には、高血圧の危険性に対する一般の人たちの認識の低さがあるようです。さまざまな生活習慣病に対して日本人がどのように感じているかを調べた「生活習慣病に関する世論調査」によると、高血圧に対して「非常に怖い病気だと思う」と答えた人は53% と約半数にとどまっています。ガンでは89% 、脳卒中では85% 、心筋梗塞では81%、糖尿病では71% であり、これらの病気と比べて、高血圧に対する危機意識はかなり低いことがわかります。

重症化するまで気づかない

こちらを読めば高血圧がどれだけ恐ろしい病気か、すぐにわかります。しかし、この病気のやっかいなところは、自覚症状がほとんどなく、知らぬまに病気が進行してしまうということです。

高血圧の症状には、頭痛、肩こり・のぼせ・息切れ・動悸・耳鳴り・発汗・めまいなどがありますが、こうした症状は高血圧以外の病気が原因で現れることも多く、高血圧による症状と気づきにくいのです。また、血圧が相当高いのに全く無症状の人もいます。そのため、長い間高血圧を放置してしまい、合併症による胸痛やむくみ、吐きけ、けいれんなどの症状が現れたころには、かなり重症の状態だった、ということも多いのです。

高血圧は、別名「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」と呼ばれています。正体を現すことなく、静かに体を蝕みながら、虎祝耽々と命をねらっているからです。そうとは知らずに高血圧を放置しっづけている人は、いつ命を奪われてもおかしくない状態にあるといえます。

血圧が高いと余命が3~4割も減少する

実際に、高血圧が寿命を縮めることを示すデータがあります。血圧と余命(ある年齢の人があと何年生きられるかを算定したもの) について米国・コロンビア大学のピッカリング教授が行った調査によると、高血圧の人の寿命は、そうでない人より短命です。特に若いうちから血圧が高い人ほど寿命は短くなる傾向です。

35歳の男性の余命は平均41.5年ですが、高血圧の人の場合は25年しかなく、16.5年も差があります。つまり、高血圧の人は、そうでない人より16.5年も余命が短く、4割も減少しているのです。

ほかの年齢を見ると、高血圧の人とそうでない人の余命の差は、45歳の場合では11.5年(4割減少)、55歳の場合では6年(3割減少) となり、高血圧が確実に短命にしているのです。

健康で長生きするためには、日ごろから血圧に気を配り、高血圧とわかつたら、いち早く治療を開始することです。

高血圧治療の二本柱は、生活習慣の改善と薬物療法です。一般に、軽症の高血圧で合併症を伴っていない場合には、まず高血圧の原因となる生活習慣の改善から始めます。重症の高血圧で合併症を伴う場合には、降圧薬を服用し、これと併せて生活習慣の改善が不可欠です。降圧薬についてはこちらです。

血圧が高いほど AGE が蓄積されて糖尿病合併症が早期化・悪化しやすい

血圧が高いほど AGE が蓄積されて糖尿病合併症が早期化・悪化しやすい

血圧が高いほど AGE が蓄積されて糖尿病合併症が早期化・悪化しやすい という糖とたんばく質が結合して作られる AGE の恐ろしさに関する情報です。

高血圧の元凶物質は AGE とその受容体の遺伝子を活性化させて AGE の働きを増強 血圧が高いほど AGE が蓄積されて糖尿病合併症が早期化・悪化しやすい

糖とたんばく質が結合して作られる AGE (終末糖化産物) は、高血糖の状態が持続すると体内に増えるほか、食品からも入ってきます。それ以外に、血圧が高くなると AGE が多く作られて蓄積されることが、最新の研究で明らかになりました。
AGEは、体を構成しているたんばく質 (コラーゲンやアミノ酸など) を糖化、いわゆる砂糖漬けのような状態にした結果作られ、体の組織を傷つけたり、機能を著しく低下させたりします。高血圧体質の方は、血糖値が正常な場合でもAGEが作られやすく、糖化が進みやすくなります。

高血糖に高血圧を併発している人では、血糖値が同程度で高血圧ではない方より体の糖化が速く進みます。AGEと高血圧の関連性を解くカギとなるのが、レニン・アンジオテンシン系という体のくみと酸化作用です。
私たちの祖先が海から上陸したとき、体にナトリウム(食塩の主成分)をためておくしくみが生まれました。体内の水分やナトリウムが減少すると、まず、腎臓からレニンという物質が分泌されます。レニンは肝臓で別の物質と結びついてアンジオテンシンⅠという物質に変化し、さらに血液中で酵素の働きを受けてアンジオテンシンⅡに姿を変えます。アンジオテンシンⅡは、私たちが生きるうえで必要なナトリウムを体に取り込む働きをしますが、一方では血管を強く収縮させて血圧を上昇させる働きも持っています。

高血圧はさまざまな原因で起こりますが、発症にアンジオテンシンⅡが深く関係することは間違いありません。そればかりか、アンジオテンシンⅡは血管の内皮細胞に存在するAGEの受容体(物質から刺激を受け取り、細胞などに情報を伝える器官)の遺伝子を活性化して、AGEの働きを増強させることを突き止めました。

AGEが増えると血圧が高くなることも、動物実験で確かめられています。ラット(実験用のネズミ)に AGE を与えると、血圧が上昇することが判明したのです。

一方、酸化作用の主役は、活性酸素です。活性酸素は呼吸で吸い込んだ空気にも含まれていますが、紫外線やストレス、喫煙、汚染された空気などによって体内に増加。増えすぎると組織や細胞を酸化させ、老化を進行させます。鉄板が酸化されると赤くさびてくずれてくるのと同じように、血管・皮膚・骨など、全身が衰えてしまうのです。

高血圧で動脈硬化が進むと活性酸素が増え AGE が多く作られて動脈硬化をさらに促進

体内で起こる酸化作用とAGEが行う糖化作用は、いわば「老化」という名の車の、両輪のようなものといえるでしょう。酸化が起これば糖化が進んで、糖化が怒れば酸化が進むのです。
酸化によってたんばく質は変質し、ブドウ糖と結びつきやすい物質(糖化中間産物)になります。また、AGE が受容体とくつつくときに、活性酸素が作られます。つまり酸化を促進するのです。高血圧で動脈硬化が進むと、血管内壁で活性酸素が多く発生します。すると血管の酸化が進むだけでなく、糖化も進むということです。

一般的に、血糖コントロールが不十分で高血糖の状態が5~10年も続いたときに糖尿病合併症が現れます。高血糖に高血圧が加われば、糖尿病発症後それほど年月が経たないうちに糖尿病合併症が現れたり、合併症が悪化しやすくなったりすることが考えられます。高血圧に関する情報

AGE 除去には純炭粉末 きよら