自分で簡単に作れる降圧食」カテゴリーアーカイブ

難しい調理は不要の自分で簡単に作れる降圧食を紹介します。日頃からこうした降圧食を口にすることで次第に血圧が調整されてくるのでおすすめです。

高血圧 には スイカ糖 で シトルリン

むくみ や 頻尿 のある 高血圧 には スイカ糖 で シトルリン を摂取する

むくみ や 頻尿 のある 高血圧 には スイカ糖 で シトルリン を摂取する と効果がるという情報です。

腎臓の衰えが高血圧を招く 高血圧 には スイカ糖 で シトルリン を摂取する

普段から血圧が高く、併せて次のような症状を自覚している人は、腎臓の働きが低下していることが考えられます。

  • 疲労感や倦怠感がある
  • 体がむくむ
  • のどが異常に渇く
  • 頻尿または尿量が減少
  • 尿の泡立ちや色に異常がある

こういった症状がいくつかある場合には、腎臓の機能がかなり低下している恐れがあって、この状態を慢性腎臓病といいます。慢性腎臓病になると、ミネラルの調整が腎臓で上手くできなくなり、動脈硬化が進行して、高血圧だけでなく心筋梗塞や脳卒中が起こりやすくなります。

腎臓はそら豆に似た形の臓器で、腰の上あたりの背骨の左右にひとつずつあります。血液中の老廃物や、塩分、水分を濾過(ろか)して、尿として排出させるという、とても大切な働きをしているのですが、慢性腎臓病で濾過(ろか)機能が衰え、糸球体という尿をつくる器官の血圧が低下すると、血管の収縮が起こり高血圧になるのです。

シトルリンが血圧を降下させる

こうした腎臓の衰えを防いだり、改善するとして注目されている栄養成分が、アミノ酸の一種のシトルリンです。これはスイカから発見された成分で、ほかにもゴーヤーやキュウリ、メロンなどウリ科の植物に多く含まれています。シトルリンは私たちの体内でもつくられますが、生成量は加齢とともに減少していくので、不足分は食品から補う必要があるのです。

シトルリンには、腎臓の濾過機能を高め、血管をひろげる働きがあるので、血圧の上昇を抑えることに期待できます。また、体内に取りこまれたシトルリンはアルギニンというアミノ酸に変換され、血管壁では一酸化窒素が活発に生成されます。一酸化窒素にも、血管をひろげて血流を促す働きがあるので、シトルリンの摂取で血圧の降下に期待ができます。

さらに、シトルリンはアンモニアのような毒素を無害な尿素に変えてくれるので腎臓の負担が減り、これによって利尿作用が高まって、むくみや排尿障害が改善されると考えられています。

スイカには、シトルリンのほかにも、ビタミン類やミネラル、リコピンなど、血流を促進させて利尿効果を高める有効成分が豊富に含まれています。なかでもカリウムは利尿作用を促す成分の代表で、体内の余分な塩分を排出して血圧を下げるよう働きます。

シトルリンを摂取するならスイカ糖がおすすめ

シトルリンを補給するのに最適なのが「スイカ糖」です。スイカ糖とは、スイカの実のしぼり汁を煮詰めた半液体状のものです。夏が旬のスイカは手に入れやすいものですが、水分が多く、体を冷やす作用があるので、冷え症の人などは、生のままたくさん食べるのには向きません。また、カリウムを含んでいることもあるので、腎臓病の人、腎不全で人工透析治療をおこなっている人は摂取に注意してください。
シトルリンを含むスイカのプロフィールはこちら

スイカ糖のつくりかた

  1. 4分の1ほどに大きさのスイカを用意し、適当なサイズに切って、種を取り除きます。
  2. 実の赤い部分を、おろし金などですりおろします。
  3. ガーゼやふきんなどを使い、すりおろしたスイカをこします。
  4. しぼった汁を、鍋で20分ほど弱火で煮ます。焦げないように注意しましょう。

まとめて作るなど日持ちさせたい場合には、さらに茶色くドロドロするまで煮ましょう。冷めたら、ビンに詰めて冷蔵庫で保管します。冷蔵庫なら1週間くらいは日持ちします。このスイカ糖を、1日2回朝夕の食前に、小さじ2杯をコップ1杯のお湯に溶かして飲みます。

スイカ糖のほか、ゴーヤージュースでもシトルリンが摂れます。ゴーヤー3分の1本(1杯分)の種とワタを取り除き、ミキサーにかけたところに、オレンジジュース(100㎖)を加えると飲みやすくなります。ただ、味が苦手だという人や自分で作るのが面倒だという人は、シトルリンの栄養補助食品などを利用するのもよいでしょう。

シトルリン 効能 効果

自分で簡単に作れる降圧食

がごめ昆布

がごめ昆布 昆布水で 快便 血圧安定 血管の若返り

がごめ昆布 昆布水で 快便 血圧安定 血管の若返り 効果を高めるという効能を利用する方法を紹介します。

がごめ昆布 のネバネバ成分が大活躍 がごめ昆布 昆布水で 快便 血圧安定 血管の若返り

健康食材として注目されている昆布には水に溶ける性質をもった食物繊維の「フコイダン」が含まれていて、これがあのネバネバの正体です。この水溶性の食物繊維には腸内で便を軟らかくして排出を助けるはたらきがあって、腸内の余分なものを吸着してくれる「アルギン酸」とともに、快便のために重要な成分です。

ほかにも、免疫力を上げるはたらきや、ガンを防ぐ、血中脂質を低下させる、シミやシワを防ぐ作用があります。さらに、高血圧の改善や老化した血管の若返りにも有効にはたらきます。

ほかの昆布と比べると、フコイダンが 2~ 3 倍も多く含まれた昆布があります。それは、北海道の函館近海でしか採れない、とても希少な 『 がごめ昆布 』 です。

がごめという名前は、表面が凸凹で「かごの目」のようなところから「がごめ昆布」と呼ばれるようになったと言われています。正式な名前は「がごめ」で、褐藻コンブ目コンブ科トロロコンブ属に分類されます。がごめ」の外見の一番の特徴は、葉の全面に見られる籠紋状の凹凸紋様(おうとつもんよう)です。葉は長さ3m、幅20~50cmにもなり、一生このデコボコ模様は消えません。

がごめ昆布に含まれる栄養素は、健康維持や、美容に良いとして、注目を集めています。

具体的には、アルギン酸には高血圧の抑制や腸内の不要物の排出に効果があり、ラミナランは肌の保湿効果や血管内の血栓を溶解する性質があると言われ、ダイエットや生活習慣病の予防に適しています。また、特にガゴメ由来のフコイダンには、抗がん作用、免疫機能の向上作用、高血圧・高脂肪化抑制作用などがあります。とはいっても、がごめ昆布は、薬ではありません。効果を得るためには、長く、毎日の食事に取り入れていくことが健康維持必要です。

天然の降圧剤が血圧を安定させる

真昆布よりも特に多く含まれているのがフコイダンですが、がごめ昆布は、アルギン酸やラミナランという水溶性食物繊維が豊富で、粘り気が強く、栄養がたっぷりな昆布。本来、昆布のもつミネラルやカリウム、鉄分なども豊富に含まれています。

天然の降圧剤ともいわれるカリウムは、血圧を安定させる優れた作用があることが知られています。フコイダンとともに免疫力を高めるラミナランは、血管内の血栓を溶かす性質をもつことがわかっています。これらの有効成分が血液をサラサラにして、血管が若さを取り戻すのを助けます。

昆布の食物繊維を手軽に摂る

体にうれしい昆布の栄養成分を摂取するのに一番手軽にできるのが、昆布水を飲むことです。昆布水の材料は昆布と水だけ、自分で簡単につくれます。昆布2かけらくらいを水でさっと洗い、フタのある容器に入れて、水250CCを注ぎます。あとは、冷蔵庫で一晩おくだけです。高い血圧を抑えるには、まず減塩、そして昆布水を飲みましょう。
朝にはネバネバ成分が溶け出した昆布水ができあがっているので、そのまま飲めばOKです。残った昆布は、お料理に入れたりして食べましょう。

自分で手軽に作れるので安心です。昆布も安心品質のものを選べば心配ありません。

血圧を下げる食品

がごめ昆布

がごめ昆布


北海道産の 無添加天然 がごめ昆布 です。今大人気の昆布で、フコイダンやアルギン酸を多く含むのが特徴です。
天然の がごめ昆布 は粘り抜群!自家製松前漬けやお漬物、一晩水に漬けこむと粘り成分がたっぷりの昆布水としてもお使いいただけます。
北海度道南産の天然 がごめ昆布 です。 がごめ昆布 はフコイジンやアルギン酸を他の昆布より多く含み、粘りが強いのが特徴です。

物忘れ

高血圧 に物忘れ がある人には 発芽玄米緑茶 が 良い

高血圧 に物忘れ がある人には 発芽玄米緑茶 が 良い でしょう。発芽玄米緑茶 がどのように良いかを紹介します。血圧が高く、プラス物忘れが起こっている人に最適なのが、発芽玄米と緑茶を合わせた 「 発芽玄米緑茶 」 です。発芽玄米と緑茶は、それぞれ単独でも高血圧や物忘れによく効く食品です。この2種類を同時に摂るので、その効果がアップするのです。

発芽玄米のギャバが血圧を下げる

発芽玄米緑茶

発芽玄米緑茶

血圧が高く、プラス物忘れが起こっている人に最適なのが、発芽玄米と緑茶を合わせた「発芽玄米緑茶」です。発芽玄米と緑茶は、それぞれ単独でも高血圧や物忘れによく効く食品です。この2種類を同時に摂るので、その効果がアップするのです。

発芽玄米は、ぬかや胚芽がついたままの玄米を一定の温度の水に浸け、1㎜くらいに発芽させたお米です。私たち日本人の主食である白米は、ぬかや胚芽が取り除かれ精米されたものです。

この発芽玄米には、GABA(ギャバ)と呼ばれるアミノ酸の一種が豊富に含まれています。ギャバは、正式にはガンマ-アミノ酪酸といい、白米の含有量と比較すると、およそ10倍にもなります。抑制性の神経伝達物質としての働きをもち、脳や脊髄(せきずい)で、興奮を鎮めてリラックスさせます。これは、ストレスを解消させるのに役立つのですが、ストレスが解消することで脳の働きが高まるので、例えば、物忘れが減ったり、血圧が下がるといったことに効果をあらわします。ギャバには腎臓を活性化する働きもあるので、その点からも高血圧を改善するといえるのです。

発芽玄米 には脳の若返り成分も豊富に含まれる

発芽玄米にはフィチン酸という成分も含まれているのですが、これは穀類や豆類に多く含まれている物質で、活性酸素の害を防ぎ、高血圧や動脈硬化に効果的だとされています。

発芽する前の玄米の場合、フィチン酸は、カルシウムなどのミネラルと結びついたフィチンという物質で含まれているのですが、顆粒状の硬い物質なので、玄米のまま食べても腸から吸収されないのです。一方、発芽玄米の場合は、酵素の働きにより、吸収がとても良くなります。

加えて、アルツハイマー型認知症を防ぐための特効成分として注目されるフェルラ酸や、物忘れのひどい人や認知症の人の脳内に多いプロリルエンドペプチダーゼ(PEP)というタンパク質分解酵素を阻害する物質が含まれていることも判明しています。

ギャバは自律神経を整える

ギャバ(ガンマ-アミノ酪酸)は、高血圧や脳の衰えを防ぐほか、更年期障害やうつに対しても効果を示します。私たちの体には、呼吸や体温、血圧などを調節している自律神経というものがあり、そのうちの交感神経と副交感神経の両方がバランスをとり合っています。もしこのバランスが崩れると、うつやイライラ感、不眠などの症状や、これらを伴った更年期障害を招くこともあります。

緑茶 をたくさん飲むと高血圧になるリスクが低くなる

緑茶に含まれる成分で高血圧に効くのは、緑茶の旨み成分の テアニン です。テアニンには、セロトニンなどの脳の神経伝達物質が分泌されるよう誘導してリラックスさせ、ストレスを解消する効果があります。緑茶200~600㎖を毎日、一年以上飲み続けている人では、高血圧の発症リスクが50%近く低くなるといった調査結果があるといいます。

テアニン 心身をリラックスさせる

また、緑茶の渋み成分のカテキンは、脳の若返りに良く、アルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータの毒性を抑え、脳の記憶を司る海馬の神経細胞の死滅を防ぐ働きがあることがわかっています。こうした働きによって、カテキンも物忘れを防いだり、脳を若返らせるのに役立つといえます。

緑茶の効能を楽しむ大豆

発芽玄米緑茶 のつくりかた

発芽玄米茶 は、自宅で簡単に作ることができますので、血圧が高く、物忘れがひどい方は試してみるといいです。発芽玄米を2分の1カップ用意します。このうち1回にいれる分量は大さじ1杯が目安で、残りは保存用(3日分くらいが目安)になります。残りは密閉容器に入れ保存します。

  1. 発芽玄米を、軽く熱したフライパンに入れ、中火で炒ります。
  2. 全体に焼き色がついたら火を止めて、常温になるまで冷まします。
  3. 冷ました発芽玄米と煎茶(目安として大さじ1杯ずつ)を急須に入れます。
  4. 急須に熱湯を入れて、しばらく蒸らしたらできあがりです。

急須にいれる熱湯は70℃~80℃がベストで、最低1分以上は蒸らしましょう。できあがった発芽玄米緑茶は、最低でも1日に湯飲み茶碗3杯は飲むとよいです。
簡単にとれる降圧食