食生活のポイント

牛乳に含まれる良質なたんぱく質は血圧を下げる

投稿日:

成長期には、誰もが一生懸命飲んだ牛乳。栄養豊富であることは言うまでもない。ところが、中高年世代には、牛乳や乳製品を積極的に摂取する習慣がない。
貧しい時代を生き抜いてきた人たちには「乳製品=贅沢品」というイメージがなかなか拭えないでいることも原因なのかもしれない。

世界の長寿村といえば有名なのが「コーカサス地方」100歳以上の老人が多い事で知られているが、歳をとっても元気でいるのは、血管の病気が少ないからだ。

この地方の食生活を調べてみると、牛乳や乳製品を豊富に摂取していることがわかる。さらに北海道の酪農家を対象にした調査でも牛乳を飲む人に長寿者が多く、男女とも80歳以上の80%が毎日、牛乳を飲んでいる。ことがわかった。

牛乳のたんぱく質には高血圧を防ぐ作用がある。このことは次の実験で明らかになった。

牛乳のたんぱく質には、ホエーたんぱく質とカゼインたんぱく質がある。脳卒中のラットを

  1. 普通のエサを与える
  2. ホエーたんぱく質入りのエサを与える
  3. カゼインたんぱく質入りのエサを与える

の3グループにわけた。これで血圧の変動と脳卒中の発症を調べてみた。
1のエサを与えたねずみは100日を過ぎた頃から血圧は200ミリも上昇し、その後下がらなかった。この状態が続くと、高い圧力のために血管は次第に弾力を失い動脈硬化を起こす。すると血液がかたい管の中を無理やり通らなければならないために、ますます血圧は上がり、さらに動脈硬化が進行するという悪循環が起きる。
一方2・3の牛乳のたんぱく質を与えたねずみは、長期的には血圧上昇が抑制され、安定した数値を示し、脳卒中の発症もずっと遅らせることができた。

この実験からもわかるように、牛乳のたんぱく質には、血管をしなやかにして動脈硬化を防ぐ作用があり、そのおかけげで慢性の高血圧を予防することが確認された。

さらに、牛乳のたんぱく質には、メチオニンなどのイオウを含むアミノ酸が多く含まれこれらのアミノ酸には脳の中枢に働きかけて交感神経の興奮を抑え、血圧を下げる作用があることもわかった。

牛乳には、カルシウムやカリウムといった血圧を下げるその他の栄養素がたっぷり含まれていることも忘れてはならない。

-食生活のポイント
-

執筆者:


  1. […] にティータイムを楽しむとよいでしょう。カフェインのないハーブティーもおすすめです。牛乳も、たんばく質(カゼイン) が高血圧予防によしとされており、漢方ではドクダミ茶や柿 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

青魚(イワシ、サバ、サンマ)は心筋梗塞、脳卒中、高血圧を防ぐ

健康に関心をもって生活している人であれば、EPA(エイコサペンタテン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が体にいいことを知っているはず。 いずれも多価不飽和脂肪酸と呼ばれる成分の一種で、魚の油に豊富に含 …

no image

レバーには血圧コントロールに効果絶大の成分がたっぷり

「健康のためにレバーがいい」というのは、よく聞くフレーズだが、本当でしょうか?よく貧血が治る、疲労回復効果に最適と言う。 確かにレバーには、貧血や肉体疲労、肝臓障害などを予防するすばらしい効果がある。 …

no image

わかめ、昆布といった海草類には血圧を下げる有効成分が豊富に含まれる

血圧を下げる作用としてわかめや昆布などの海草類が有名だが、これについて科学的な側面からも検証したい。海草類には、アルギン酸という食物繊維が豊富に含まれる。これが血圧を上げる原因となるナトリウム(塩分) …

日経新聞より

よく噛んで食べることが減塩につながる「日経新聞」より

減塩は、血圧を下げるためにどうしても避けられない食習慣です。そのためにダシを濃い目にとったり、割り醤油を使ったりという工夫が必要です。 そこで2015年4月26日の日経新聞の健康面にこんな記事が掲載さ …

no image

高血圧で脳卒中が心配であれば木の実を積極的に食べれば予防できる!

今からおよそ20年ほど前にこんな出来事が。アメリカの国立循環研究所に、脳卒中のラットが寄贈された。のラットは、実験用で普通に飼育していれば必ず脳卒中を起こし死んでしまうもの。 ところがしばらくしてその …