食生活のポイント

高血圧で動悸・息切れがあれば酵素を補給する

投稿日:2016年6月24日 更新日:

動悸・息切れは心臓の疲弊

高血圧の人で、少し歩いたり階段の上り下りをするだけで、胸がドキドキしたり、ハァハァ息が切れたりする人はいないでしょうか。こういった症状がある人は、もしかすると心臓のポンプ機能が低下していることも考えられます。

心臓は、心筋という筋肉でできていて、心筋が拡張と収縮を繰り返すことでポンプ作用を生み出し、全身へ血液を循環させています。この心臓の周囲を取り巻く冠状動脈に、食べ過ぎや運動不足などによって余分なコレステロールなどが付着して動脈硬化が起こると、心臓は頑張って働きすぎます。すると、全身の動脈血管に強い圧力がかかって血圧が上がるし、心臓は疲弊して動悸や息切れが起こるのです。

心臓のポンプ機能の低下、つまり心臓の衰えによって起こる高血圧や動悸・息切れを改善するには、酵素を補給することです。
野菜や果物を漬け込んだ食物酵素液で酵素を補う

心臓が衰えるのは代謝酵素が足りないから

私たちの体内でつくられている酵素は、働きによって大きく2種類があります。ひとつは唾液や胃液などに含まれていて、食べたものを分解して栄養に変える消化酵素。もうひとつは、エネルギーを産生したり、活性酸素を消去したりする代謝酵素です。

心臓の衰えに深くかかわっているのは代謝酵素のほうで、不足すると糖や脂肪がスムーズに燃焼されないため、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えてしまいます。その結果、心臓の冠状動脈に動脈硬化が起きて、高血圧、動悸、息切れなどの症状が起こりやすくなるのです。

体内でつくられる酵素の量は限られていて、1日に一定の量しかつくられないことがわかっています。食事をすると、体内では食べものを分解する消化酵素がつくられ、そのあと、栄養を利用する代謝酵素がつくられます。食べたものに酵素が含まれていないと、消化酵素がたくさんつくられても代謝酵素をつくる余裕が無くなって、不足することになります。

酵素が豊富なのは生野菜や果物、発酵食品

食べものに含まれる酵素を食物酵素といいます。酵素と聞くと生野菜や果物をイメージする人が多いと思いますが、食物酵素は、ほかにも穀類、肉類や魚介類など、さまざまなものに含まれています。そして、48℃以上の熱を加えると破壊される特徴があり、加熱処理された加工食品には酵素が含まれていないということになります。

ですから、おすすめは、食物酵素を豊富に含み、加熱せずに食べることができる生野菜や果物を常食することです。また、食物酵素はぬか漬けやキムチ、納豆、ヨーグルトなどの発酵食品にも多く含まれていますから、こういった食品も上手に食事に取り入れましょう。

熱を加えていない生きた酵素「毒出し酵素」でドロネバ血液がたちまち浄化

-食生活のポイント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

高血圧で脳卒中が心配であれば木の実を積極的に食べれば予防できる!

今からおよそ20年ほど前にこんな出来事が。アメリカの国立循環研究所に、脳卒中のラットが寄贈された。のラットは、実験用で普通に飼育していれば必ず脳卒中を起こし死んでしまうもの。 ところがしばらくしてその …

no image

青魚(イワシ、サバ、サンマ)は心筋梗塞、脳卒中、高血圧を防ぐ

健康に関心をもって生活している人であれば、EPA(エイコサペンタテン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が体にいいことを知っているはず。 いずれも多価不飽和脂肪酸と呼ばれる成分の一種で、魚の油に豊富に含 …

no image

レバーには血圧コントロールに効果絶大の成分がたっぷり

「健康のためにレバーがいい」というのは、よく聞くフレーズだが、本当でしょうか?よく貧血が治る、疲労回復効果に最適と言う。 確かにレバーには、貧血や肉体疲労、肝臓障害などを予防するすばらしい効果がある。 …

no image

1日1杯の椎茸のもどし汁が頑固な高血圧を改善する

椎茸のその高い栄養素は、周知の通り。よくガンが治るなどの効能も聞く。当然、高血圧への薬効も高く、古くから中国や日本でも言い伝えられている。 近年、その科学的な裏付けがなされていっそう信頼性を増していま …

no image

血圧を下げたいのであれば「カルシウム摂取」が大切

人間にとってカルシウムは非常に大切な栄養素だ。最近の研究では、カルシウムの新たな作用も発見され、注目を集めている。 このカルシウムの作用に注目したのは、アメリカのマッカーロン氏だ。彼は、カルシウム摂取 …