たばこ 血圧

たばこ 血圧 の関係

たばこ 血圧 の関係です。血圧に関する絶対にダメと言われるのは、やっぱりお酒とたばこです。いまさらではあるのですが、タバコの煙に含まれる有害物質であるニコチンは、血管を収縮させて血圧を上昇させてしまいます。
動脈硬化を進行させる原因にもなり、たばこは高血圧にとってはNGです。今の時代、たばこは、少しだったらいいですか?とか1日おきなら?とかこういった質問はナンセンスです。たばこは努力次第でやめられますから「やめる」という決意をできるだけ早くするべきでしょう。

たばこ 血圧

たばこ 血圧

タバコそのものが血圧以外にも健康を損ねる要因となるので今すぐにやめましょう。タバコがストレス解消に役立つとか、ダイエット効果がある、朝、たばこを吸わないと便秘になってしまう…など全くあり得ないのですぐにやめましょう。

それでも、そんなことは承知しているがやめられないのがタバコでもあるのです。ちょっとした時間つぶし、仕事の合間の息抜き、理由はないが習慣化している人も多いでしょう。やめようと思えば、すぐにやめられると思ながら、もう何年も喫煙者のキャリアを積んでしまっている人もいるはずです。

どうしてもやめることが困難であれば、無理にやめる必要はない!という意見あもちらほらあります。管理人はやめることをすすめますが、やっぱりどうしてもやめられない人もいるのが事実です。

たばこの中にも非常に害のある吸い方、そして体には悪いが悪い中でもよい吸い方?というのがあるので頭の片隅に入れておいて欲しいと思います。
責任の大きい仕事が終わって一息つくときに吸う一服は割りによい喫煙で、よくない喫煙は、「やめなければいけない」というストレスに支配されながら吸うことです。ただし、やめる!と決めたらほんのちょっとも吸わないのが鉄則です。

吸うたびにストレスを溜めていたのではタバコとストレス血圧に対する害は2倍にも3倍にもなります。無理にやめなくてもいい?ということからヘビースモーカーになってしまっては意味がありません。
血圧が上昇しそうなときに、タバコを吸ったのでは血管の収縮が増長される。仕事中にうまくいかないといってイライラしているときに吸う煙草は最悪。

さらによくないのは、空腹時に吸うたばこもNGです。空腹時は、ニコチンが胃粘膜から吸収されやすい状態にあり、血圧も上昇しやすくなります。どうせ吸うのであれば、食前は我慢して食後の方がよいでしょう。

また、スモーカーの中には、起床時に「まずは一服」という方も多いのですが、これは血圧に悪影響を及ぼします。朝食前は、胃の中が空っぽな状態。この習慣は改善したほうがいいでしょう。
吸うタイミングを気を付けるだけでも害を小さくすることが可能ですが、やっぱり禁煙しましょう。

たばこを吸いながらコーヒーを飲んでいた人は多いと思うのですが、禁煙してコーヒーをこちらの 玉ねぎの皮茶 にかえると血圧は一気に下がります。

禁煙補助剤を上手に活用して今年こそ禁煙! | 通販、薬局、ドラッグストアーで購入できる薬

血圧を下げる生活習慣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください