血圧を下げる生活習慣

高血圧であれば仕事をうまくさぼることも大切

投稿日:

血圧というのは、一定でなく常に変動している。高血圧であれば、自分の血圧がいつ一番高くなるのかを知っておくことは非常に重要。基礎血圧のコントロールだけでなく変動して高くなった血圧についても知る必要がある。

まじめ人間といわれるタイプは、どうしても日中の仕事中に血圧が上昇する傾向にある。このように昼間にどうしても血圧が上がってしまうタイプの人であれば、仕事中に次のようなことに気を付ける。

仕事で緊張が続いた後には、目をつぶり5~10分間ほど、うつらうつら居眠りをしたり、5~6回深呼吸をします。こうすることで、自律神経の副交感神経の働きが活発になり、精神的緊張をゆるめることができる。
実際、居眠りをするだけで血圧は15~20ミリ下がることが確認されている。

会議の最中なども血圧が上昇しやすく、尿意を催さなくても途中でトイレへ立つなどして緊張をほぐす。
トイレでは、用をたす以外にストレッチで伸びをしたりして緊張をほぐすようにする。

高血圧の人が緊張状態が長く続くことは、血圧を上昇させる原因になる。これは、体にはよくない。緊張をほぐす行動が大切。

仕事になると熱くなるタイプの人は特に気を付けることが大切。会議など結論を見いだす場では、特に人と意見がぶつかりやすく血圧上昇を招きやすくなるので十分注意する。

-血圧を下げる生活習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

夢中になったり熱中できる趣味が血圧を安定させる

血圧が高い人は、何か熱中できる趣味を持つことが大切。映画を観る、楽器を弾く、読書をする、写真を撮る、釣りをするなど、「見る」「聞く」「触れる」などの五感を使って楽しみを持つことは、交感神経の興奮を鎮め …

no image

ふとんよりもベッドで快眠

高血圧の人でも就寝中には、血圧が下がる。これは、睡眠中は、自律神経のうち副交感神経の機能が優位になるため。 自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあり、お互いバランスを取り合いながら作用している …

たばこと血圧の関係

いまさらではあるが、タバコの煙に含まれる有害物質であるニコチンは、血管を収縮させて血圧を上昇させる。 動脈硬化を進行させる原因にもなり、タバコは高血圧にとってよくない。 タバコそのものが血圧以外にも健 …

カラオケ

カラオケにも血圧を下げる効果が!

楽しく歌ったり踊ったり…誰もが楽しいと感じる瞬間でもある。歌うことが大好きな人なら健康によい影響を与えるかどうかは本人が一番よくわかっているはずである。 歌を歌うときには、声をお腹から出すことが大事で …

no image

血圧測定を習慣化することでコントロールがしやすくなる

普段の生活の中で血圧の変化を記録することは、血圧をコントロールする上で重要なポイントになる。 自宅で血圧を測定し、1週間~数週間分の記録をしておき、主治医に提出すれば、降圧剤の量を調節する際にも参考に …