血圧を下げる生活習慣

高血圧であれば仕事をうまくさぼることも大切

投稿日:2012年2月3日 更新日:

血圧というのは、一定でなく常に変動しています。高血圧であれば、自分の血圧がいつ一番高くなるのかを知っておくことは非常に重要です。基礎血圧のコントロールだけでなく変動して高くなった血圧についても知る必要があるのです。

仕事をさぼるのも必要

仕事をさぼるのも必要

まじめ人間といわれるタイプは、どうしても日中の仕事中に血圧が上昇する傾向にあります。このように昼間にどうしても血圧が上がってしまうタイプの人であれば、仕事中に次のようなことに気を付けなければいけません。

仕事で緊張が続いた後には、目をつぶり5~10分間ほど、うつらうつら居眠りをしたり、5~6回深呼吸をします。こうすることで、自律神経の副交感神経の働きが活発になり、精神的緊張をゆるめることができます。パソコンを使って仕事をしている人は、操作中に非常に高血圧になっている人が多いので注意が必要です。

ちなみに、実際、居眠りをするだけで血圧は15~20ミリ下がることが確認されています。上司などが同席する会議の最中なども血圧が上昇しやすく、尿意を催さなくても途中でトイレへ立つなどして緊張をほぐすこともオススメです。トイレでは、用をたす以外にストレッチで伸びをしたりして緊張をほぐすようにするのが効果的です。

高血圧の人が緊張状態が長く続くことは、血圧を上昇させる原因になります。これは、体には害です。緊張をほぐす行動が大切です。仕事の熱中すると、時間を忘れてしまうタイプは、スマホなどのタイマー機能を賢く利用するといいでしょう。仕事になると熱くなるタイプの人は特に気を付けることが大切です。会議など結論を見いだす場では、特に人と意見がぶつかりやすく血圧上昇を招きやすくなるので十分注意します。

日頃から、食事の時は、割り醤油を使うなどを心掛け、塩を減らす食習慣が大切です。

-血圧を下げる生活習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

深呼吸

起床時の血圧上昇を防ぐ対策としてひと呼吸20秒の心臓若返り呼吸を行う

高血圧の大部分の人は起床時に血圧が急上昇してしまう 心筋梗塞の発作は、特に寒い季節の午前中に起こりやすい特徴があります。これは、この季節や時問帯は、血圧が変動しやすいためで注意が必要です。血圧は、特に …

カラオケ

カラオケにも血圧を下げる効果が!

楽しく歌ったり踊ったり…誰もが楽しいと感じる瞬間でもある。歌うことが大好きな人なら健康によい影響を与えるかどうかは本人が一番よくわかっているはずである。 歌を歌うときには、声をお腹から出すことが大事で …

血圧のためには禁煙

たばこと血圧の関係

血圧に関する絶対にダメと言われるのは、やっぱりお酒とタバコです。いまさらではあるが、タバコの煙に含まれる有害物質であるニコチンは、血管を収縮させて血圧を上昇させてしまいます。 動脈硬化を進行させる原因 …

深呼吸

深呼吸(リラックス)の習慣が高血圧を改善

高血圧の改善にすすめられるのは、まず食事療法、運動療法だが、非常に効果が高いのは、心身をリラックスさせること。 ストレスや疲労は、交感神経を興奮させ、カテコールアミンなどの昇圧物質の分泌を促進する。ス …

寒い冬はマフラーで血圧を上げない

寒い冬は、マフラーで襟元を温める 室内、室外の温度差をできる限り減らす

高血圧患者にとって真冬は、血圧のコントロールが非常に難しい季節ですが、最近は、暖房設備もよくなり真冬のコントロールもしやすくなりました。とはいっても屋外などは十分に気を付けなければいけません。特に室内 …