血圧を下げる生活習慣

高血圧であれば仕事をうまくさぼることも大切

投稿日:

血圧というのは、一定でなく常に変動している。高血圧であれば、自分の血圧がいつ一番高くなるのかを知っておくことは非常に重要。基礎血圧のコントロールだけでなく変動して高くなった血圧についても知る必要がある。

まじめ人間といわれるタイプは、どうしても日中の仕事中に血圧が上昇する傾向にある。このように昼間にどうしても血圧が上がってしまうタイプの人であれば、仕事中に次のようなことに気を付ける。

仕事で緊張が続いた後には、目をつぶり5~10分間ほど、うつらうつら居眠りをしたり、5~6回深呼吸をします。こうすることで、自律神経の副交感神経の働きが活発になり、精神的緊張をゆるめることができる。
実際、居眠りをするだけで血圧は15~20ミリ下がることが確認されている。

会議の最中なども血圧が上昇しやすく、尿意を催さなくても途中でトイレへ立つなどして緊張をほぐす。
トイレでは、用をたす以外にストレッチで伸びをしたりして緊張をほぐすようにする。

高血圧の人が緊張状態が長く続くことは、血圧を上昇させる原因になる。これは、体にはよくない。緊張をほぐす行動が大切。

仕事になると熱くなるタイプの人は特に気を付けることが大切。会議など結論を見いだす場では、特に人と意見がぶつかりやすく血圧上昇を招きやすくなるので十分注意する。

-血圧を下げる生活習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

寒い冬は、マフラーで襟元を温める

高血圧患者にとって真冬は、血圧のコントロールが非常に難しい季節だが、最近は、暖房設備もよくなり真冬のコントロールもしやすくなった。 とはいっても屋外などは十分に気を付ける必要がある。特に室内が快適な温 …

no image

運動を行う際の血圧上昇もちょっとした注意がポイント

高血圧の人の運動で一番理想的なのは、やっぱり「ウォーキング」。通勤などを徒歩にかえるのが理想。 血圧上昇を招きやすい通勤方法がマイカー通勤。マイカーは一見、気ままに走れているように見えるが、神経の緊張 …

no image

血圧測定を習慣化することでコントロールがしやすくなる

普段の生活の中で血圧の変化を記録することは、血圧をコントロールする上で重要なポイントになる。 自宅で血圧を測定し、1週間~数週間分の記録をしておき、主治医に提出すれば、降圧剤の量を調節する際にも参考に …

深呼吸

起床時の血圧上昇を防ぐ対策としてひと呼吸20秒の心臓若返り呼吸を行う

高血圧の大部分の人は起床時に血圧が急上昇してしまう 心筋梗塞の発作は、特に寒い季節の午前中に起こりやすい特徴があります。これは、この季節や時問帯は、血圧が変動しやすいためで注意が必要です。血圧は、特に …

深呼吸

深呼吸(リラックス)の習慣が高血圧を改善

高血圧の改善にすすめられるのは、まず食事療法、運動療法だが、非常に効果が高いのは、心身をリラックスさせること。 ストレスや疲労は、交感神経を興奮させ、カテコールアミンなどの昇圧物質の分泌を促進する。ス …