血圧を下げる生活習慣

運動を行う際の血圧上昇もちょっとした注意がポイント

投稿日:2012年2月1日 更新日:

高血圧の人の運動で一番理想的なのは、やっぱり「ウォーキング」。通勤などを徒歩にかえるのが理想。

血圧上昇を招きやすい通勤方法がマイカー通勤。マイカーは一見、気ままに走れているように見えるが、神経の緊張を強いる。ストレスが高まり、カテコールアミンと呼ばれる昇圧物質がが心臓や血管を刺激し続け、血圧情報を招く。

米国のデータによれば、ドライバーはハンドルを握ったその瞬間にすでに最大血圧が10~20ミリも上昇する。

日本での昨今の道路事情を考えれば、通勤時間帯の渋滞は避けることができず、イライラの連続。血圧によいわけはない。
また、電車通勤やバス通勤の場合は、できるかぎり座席を確保して、ラッシュ時の混雑から自ら身を守るべきである。

体位と血圧の関係のみからいえば、むしろ座るより立っているほうが血圧は下がる。ところが、走行中の揺れや急停車が起こる車内となると、これは別の問題も。
神経が終始、緊張を強いられ、血圧にもよくない。
まして、満員電車のでの押し合い、へし合いとなれば、ストレスが最高度に達し、非常に危険な状態となる。

通勤ラッシュ時に座席を確保するのは、困難だが、そのためにはいまより少し早起きし、ラッシュ時の混雑を避けるなり、早めに駅に着いて列に並ぶなりの工夫をすることが必要。

通勤電車の場合、下り方向に1駅戻れば、確実に座れるというケースもある。そんなときは、時間の余裕を見て、家から隣の駅までの道のりを徒歩で通うなどのゆとりある通勤コースを習慣化することが血圧のためにも必要。

朝の時間帯は、人間の体のリズムをつくっている二つの自律神経系、副交感神経と交感神経とが切り替わる時間帯。
睡眠中は、主に副交感神経が優位に。このときは、脈拍数は減少し、血圧は低い値に。
起床して、1日の活動がはじまると、逆に交感神経優位に。この切り替えがスムーズに行われないと血圧を上昇させることになる。
そんな意味でも朝は、十分な時間的ゆとりを見て過ごすことが大事。

さわやかな朝と心地よい夜は、朝の過ごし方と夜の過ごし方がとても参考になるサイトです。

-血圧を下げる生活習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

夢中になったり熱中できる趣味が血圧を安定させる

血圧が高い人は、何か熱中できる趣味を持つことが大切。映画を観る、楽器を弾く、読書をする、写真を撮る、釣りをするなど、「見る」「聞く」「触れる」などの五感を使って楽しみを持つことは、交感神経の興奮を鎮め …

no image

血圧測定を習慣化することでコントロールがしやすくなる

普段の生活の中で血圧の変化を記録することは、血圧をコントロールする上で重要なポイントになる。 自宅で血圧を測定し、1週間~数週間分の記録をしておき、主治医に提出すれば、降圧剤の量を調節する際にも参考に …

たばこと血圧の関係

いまさらではあるが、タバコの煙に含まれる有害物質であるニコチンは、血管を収縮させて血圧を上昇させる。 動脈硬化を進行させる原因にもなり、タバコは高血圧にとってよくない。 タバコそのものが血圧以外にも健 …

no image

寒い冬は、マフラーで襟元を温める

高血圧患者にとって真冬は、血圧のコントロールが非常に難しい季節だが、最近は、暖房設備もよくなり真冬のコントロールもしやすくなった。 とはいっても屋外などは十分に気を付ける必要がある。特に室内が快適な温 …

no image

高血圧であれば仕事をうまくさぼることも大切

血圧というのは、一定でなく常に変動している。高血圧であれば、自分の血圧がいつ一番高くなるのかを知っておくことは非常に重要。基礎血圧のコントロールだけでなく変動して高くなった血圧についても知る必要がある …