血圧を下げる生活習慣

寒い冬は、マフラーで襟元を温める

投稿日:

高血圧患者にとって真冬は、血圧のコントロールが非常に難しい季節だが、最近は、暖房設備もよくなり真冬のコントロールもしやすくなった。

とはいっても屋外などは十分に気を付ける必要がある。特に室内が快適な温度を維持できるようになったために、外気温との差で血圧が大きく変動するケースが多い。

温かい場所から寒い場所への温度変化で自律神経のうち、交感神経が緊張して末梢血管が収縮。結果、心臓が皮膚の表面に温度を流そうとして、一気に血圧が上昇してしまう。
しかも、冬場の血圧は、皮膚の冷寒刺激が原因で、夏場よりも10~20ミリほど高くなっている。

寒い冬に脳卒中や心筋梗塞の事故が多発するのは、こうしたことが原因となっている。
高血圧の人が冬を乗り切るのは、内気温と害気温の差をできる限り、少なくすることにある。

一般的には、外気温がさがればエアコンや暖房器具などの温度を上げてしまうが、高血圧の人は差を減らす為に室内の温度も下げなくてはならない。

理想的には、室内と屋外の温度差は5度くらいが適当。差がでてしまう場合でも7度~8度程度にとどめることが大切。

外出時に薄着でいきなり屋外へ出るのを避け、屋内であらかじめコートなどを着て体温を上げておくことが必要。
高血圧がひどい場合には、玄関で足踏みなどをして準備運動などを行うこともよいでしょう。

急激な温度差を少なくするためには、室内の暖房だけでなく、外出時の服装にも気を使うことも重要なポイント。
肌の露出を少なくし、保温性の高い衣服を着用して末梢血管の収縮が血圧の上昇を招くわけで、冷えやすい手足の先まで気を配って靴下で足元を、手袋で指先まで包んで冷たい風の侵入を防ぐ。

コートなどを着ても襟元はどうしても露出しがち。襟元があいているとコートの下の温められた空気が逃げてしまうので、首筋を温めるためにもマフラーの着用を忘れずに行いたい。神経質になって着込みすぎると、汗ばんで風邪をひく場合もある上に衣服が重くなって身体に負担がかかる。重い衣類は血圧を上げる原因にもなるので、血圧の高い人は、重いコートは避け、薄手でも保温性のよいウールなどの衣服を選ぶとよい。

-血圧を下げる生活習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

お風呂の入り方をひと工夫

高血圧の人は、入浴の際、十分な注意が必要.特に冬の寒い季節は、気を付けなくては成らない。気温の低い脱衣所で服を脱ぎ、裸になっていきなり40度~42度の熱い風呂に入れば、血圧は、一気に50ミリも上昇する …

no image

運動を行う際の血圧上昇もちょっとした注意がポイント

高血圧の人の運動で一番理想的なのは、やっぱり「ウォーキング」。通勤などを徒歩にかえるのが理想。 血圧上昇を招きやすい通勤方法がマイカー通勤。マイカーは一見、気ままに走れているように見えるが、神経の緊張 …

no image

高血圧であれば仕事をうまくさぼることも大切

血圧というのは、一定でなく常に変動している。高血圧であれば、自分の血圧がいつ一番高くなるのかを知っておくことは非常に重要。基礎血圧のコントロールだけでなく変動して高くなった血圧についても知る必要がある …

深呼吸

起床時の血圧上昇を防ぐ対策としてひと呼吸20秒の心臓若返り呼吸を行う

高血圧の大部分の人は起床時に血圧が急上昇してしまう 心筋梗塞の発作は、特に寒い季節の午前中に起こりやすい特徴があります。これは、この季節や時問帯は、血圧が変動しやすいためで注意が必要です。血圧は、特に …

no image

夢中になったり熱中できる趣味が血圧を安定させる

血圧が高い人は、何か熱中できる趣味を持つことが大切。映画を観る、楽器を弾く、読書をする、写真を撮る、釣りをするなど、「見る」「聞く」「触れる」などの五感を使って楽しみを持つことは、交感神経の興奮を鎮め …