寒い冬は、マフラーで襟元を温める

Pocket

高血圧患者にとって真冬は、血圧のコントロールが非常に難しい季節だが、最近は、暖房設備もよくなり真冬のコントロールもしやすくなった。

とはいっても屋外などは十分に気を付ける必要がある。特に室内が快適な温度を維持できるようになったために、外気温との差で血圧が大きく変動するケースが多い。

温かい場所から寒い場所への温度変化で自律神経のうち、交感神経が緊張して末梢血管が収縮。結果、心臓が皮膚の表面に温度を流そうとして、一気に血圧が上昇してしまう。
しかも、冬場の血圧は、皮膚の冷寒刺激が原因で、夏場よりも10~20ミリほど高くなっている。

寒い冬に脳卒中や心筋梗塞の事故が多発するのは、こうしたことが原因となっている。
高血圧の人が冬を乗り切るのは、内気温と害気温の差をできる限り、少なくすることにある。

一般的には、外気温がさがればエアコンや暖房器具などの温度を上げてしまうが、高血圧の人は差を減らす為に室内の温度も下げなくてはならない。

理想的には、室内と屋外の温度差は5度くらいが適当。差がでてしまう場合でも7度~8度程度にとどめることが大切。

外出時に薄着でいきなり屋外へ出るのを避け、屋内であらかじめコートなどを着て体温を上げておくことが必要。
高血圧がひどい場合には、玄関で足踏みなどをして準備運動などを行うこともよいでしょう。

急激な温度差を少なくするためには、室内の暖房だけでなく、外出時の服装にも気を使うことも重要なポイント。
肌の露出を少なくし、保温性の高い衣服を着用して末梢血管の収縮が血圧の上昇を招くわけで、冷えやすい手足の先まで気を配って靴下で足元を、手袋で指先まで包んで冷たい風の侵入を防ぐ。

コートなどを着ても襟元はどうしても露出しがち。襟元があいているとコートの下の温められた空気が逃げてしまうので、首筋を温めるためにもマフラーの着用を忘れずに行いたい。神経質になって着込みすぎると、汗ばんで風邪をひく場合もある上に衣服が重くなって身体に負担がかかる。重い衣類は血圧を上げる原因にもなるので、血圧の高い人は、重いコートは避け、薄手でも保温性のよいウールなどの衣服を選ぶとよい。