心筋梗塞 脳梗塞 予防

血圧の急上昇 心筋梗塞 脳梗塞 を招く ヒートショック の危険を音と光で知らせる GRUS ( グルス ) ヒートショックセンサー

投稿日:2020年5月7日 更新日:

血圧の急上昇 心筋梗塞 脳梗塞 を招く ヒートショック の危険を音と光で知らせる GRUS ( グルス ) ヒートショックセンサー に付いての情報です。遠く離れて暮らす両親が安心・安全な生活を送れているかは、常に把握できるものではありません。高齢になればなるほど身近な危険は多くなります。そして、近年増加しつづけるヒートショックもその 1 つ。簡単で手軽に設置できるヒートショックセンサーは、あなたの大切な人から危険を遠ざけるツールです。

心疾患の総患者数は 173 万 2,000 人 「平成 29 年 ( 2017 ) 」で心疾患による死亡数は年間 20 万 4,837 人 「平成 29 年 ( 2017 ) です。脳血管疾患の総患者数は111 万 5,000 人 「平成 29 年 ( 2017 ) 」で脳梗塞による死亡数は年間 6 万 2,122 人 「平成 29 年 ( 2017 ) です。

この数字を見てどう思うでしょうか?寒暖差によるヒートショックは年間 1 万 7 千人の入浴中急死を招くのです。これは交通事故で亡くなる方よりもずっと脅威であるということです。ヒートショックを防ぐことができれば 1 万 7 千人の方の命が助かるということです。

一番の原因は居間、脱衣所、浴室の温度差にあると考えられており、体全体が露出する入浴時に多く発生する傾向にあります。GRUS ( グルス ) ヒートショックセンサー は、脱衣所・浴室間の温度を計測しヒートショックのリスクが高まっている時、音・光・表示でその危険を知らせてくれます。危険のサインを数値化して教えてくれるということです。

住居においてはリビングから脱衣所、さらに浴室・浴槽への移動においてそれぞれの寒暖差のリスクが大きくなる傾向があるため、高齢者・高血圧・不整脈の方は特に注意が必要です。

ヒートショックセンサーは、大切な家族を守りたいという想いから開発がスタートしました。遠く離れて暮らす両親が安心・安全な生活を送れているかは、常に把握できるものではありません。高齢になればなるほど身近な危険は多くなります。そして、近年増加しつづけるヒートショックもその1つ。簡単で手軽に設置できるヒートショックセンサーは、あなたの大切な人から危険を遠ざけるツールです。

GRUS ( グルス ) ヒートショックセンサー

特徴 1

人の所在を感知して、音・光・液晶表示で危険を通知します。脱衣前、入浴前に寒暖差を把握して、浴室暖房やふたを外して湯沸かしをするなど、安全にヒートショック対策を行えます。

特徴 2

光と音のアラーム機能は最大 10 時間の時間帯設定が可能でいつも入浴する時間帯だけ通知機能をオン(液晶外面は24時間常時監視)

特徴 3

単四電池 1 本でおよそ 6 ヶ月作動する省エネ設計。

コンパクトサイズで場所を取らずに手軽に設置できます。

GRUS ( グルス ) ヒートショックセンサー GRS101-01

GRUS ( グルス ) ヒートショックセンサー GRS101-01

GRUS(グルス) ヒートショックセンサー GRS101-01

GRUS(グルス) ヒートショックセンサー GRS101-01

-心筋梗塞 脳梗塞 予防
-, , ,

執筆者: