こんな食べ方、工夫がおすすめ!

コーヒーより「カンナのはなまる健康茶」がおすすめ

投稿日:2012年1月25日 更新日:

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、血管を収縮させる働きがあるほかにも、アドレナリンというホルモンの分泌を促進しますが。これは、血圧を上げる作用です。

高血圧の人は、コーヒーは1~2杯程度に。緑茶、コーヒー共にカフェインが含まれますが、コーヒーの方が血液に与える影響は小さくありません

両方を比べるとコーヒーは、砂糖を入れる分、悪影響を及ぼす度合いが大きい。糖質も過剰になると、血液中の中性脂肪が増加し、その中性脂肪が血管壁に沈着、血管腔を狭めたり、動脈硬化を進行させてしまいます。

また、中性脂肪は、皮下脂肪として蓄えられ、肥満の原因にも。肥満は高血圧の最大の敵となります。注意が必要。コーヒーと似た紅茶についても同様です。

血圧が高いならカンナのはなまる健康茶

愛用者82万人突破の”自然草のチカラ”で血圧上昇を予防”飲みやすくて美味しい”と評判。完全ノンカフェインで赤ちゃんや妊婦の方でも安心。
1日約80円。市販の健康茶の約10倍もお得。

はなまる健康茶原材料:
はぶ茶、はと麦、どくだみ、柿の葉、グァバ葉、熊笹、ビワの葉、クコの葉 山茶、鉄観音、浜茶、あまちゃづる、甘草、イチョウ葉、杜仲茶、田七人参 明日葉、マタタビ、キダチアロエ、スギナ、霊芝、アガリスク、赤松

  • 重量差の無い原料と不純物を真空仕分け機で仕分けし、ふるいにより均一化に整え、不純物を完全に除いています。
  • 高温火入れ殺菌・温度調整火入れによる、うまみ成分のバランスを徹底的に追求した調整処理。遠赤外線で完全殺菌、ノンカフェインですから、赤ちゃんにも安心です。
  • ティーパックも、漂白していないオキロンペーパーを使用しすることで紙臭さを無くし、お茶の味を最大限引き出しています。
  • 味に深みが出るよう、通常1回のところ、2回連続でドラム回転火入れ機で練り炒りをしています
  • 茶どころ嬉野の100年の歴史と技術を受け継いだ熟練のお茶職人が丹精込めて作っています

飲み方

  • 1,5リットルのお湯にティーパック1袋を入れ、5分位煮出して下さい。
  • 1日約1リットルを目安にお茶かわりにお飲み下さい。 夏は冷蔵庫で冷やして飲んでもおいしくお飲み頂けます。
  • 美味しく抽出するにはお湯が沸騰してからティパックを入れてください。
  • 成分を十分に抽出するには水からティパックを入れて沸かして下さい。
  • 急須で飲んでも土瓶で何時間も煎じたお茶と同じようにとても抽出を良くしています。


-こんな食べ方、工夫がおすすめ!
-, ,

執筆者:


  1. […] 本ブログでおすすめしているのは、かんなのはなまる茶です。 […]

  2. […] 、カンナのはなまる健康茶がよいでしょう。それは、高熱がかかるのでカフェインが分解して、カフェインの興奮作用が少なくなるからです。 カンナのはなまる健康茶がおすすめです。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

メガネの度を合わせることも血圧を下げる効果を発揮

メガネが必需品の視力が低い人には、度の合わないメガネは、見たい物がはっきり見えずに不自由になる。 特に文字を読んだり、細かい作業をしたりすると、目をいくら近づけたり遠ざけたりしても見えずにイライラする …

no image

酢、牛乳をうまく活用して料理に使うと減塩に

酢が体にいいことは、ほとんどの人がわかっている。料理に上手に活用すると、塩分を控えることができて減塩に慣れるよいきっかけになる。 魚介類、海藻などを酢の物にしたり、きゅうり、なす、きゃべつなどを酢であ …

no image

加工食品(かまぼこ、ハム、ウィンナーなど)は塩分が多いので控える

食品は、味つけをしなくても多かれ少なかれ塩分を含んでいる。調味料を使わずに味付けを行わなくても、1日におよそ1~2gの塩分摂取は避けられない。 食塩の摂取量を計算する際に、この1~2g分をきちんと計算 …

no image

割り醤油をうまく活用することで減塩に

高血圧の患者さんに是非、おすすめしたいのは、割り醤油。塩分を減らすには、非常に効率のいい方法。 割り醤油とは?“常にだしで割る”ということ。 普通の濃い口醤油を水で2~3倍に割って味をみる …

no image

高血圧患者は、辛い香辛料を料理に取り入れる

本ページでは、刺激を利用するでも解説しているが、とうがらし、からし、わさび、こしょうなどを使う方法を紹介。 これらは、体によくないもので病人は避けるべき食材と昔から言われてきた。血圧もあがるのでは?と …