コーヒーより「カンナのはなまる健康茶」がおすすめ

Pocket

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、血管を収縮させる働きがあるほかにも、アドレナリンというホルモンの分泌を促進する。これは、血圧を上げる作用。

高血圧の人は、コーヒーは1~2杯程度に。緑茶、コーヒー共にカフェインが含まれるが、コーヒーの方が血液に与える影響は大きい。

両方を比べるとコーヒーは、砂糖を入れる分、悪影響を及ぼす度合いが大きい。糖質も過剰になると、血液中の中性脂肪が増加し、その中性脂肪が血管壁に沈着、血管腔を狭めたり、動脈硬化を進行させる。

また、中性脂肪は、皮下脂肪として蓄えられ、肥満の原因にも。肥満は高血圧の最大の敵となる。注意が必要。コーヒーと似た紅茶についても同様。

血圧が高いならカンナのはなまる健康茶

愛用者82万人突破の”自然草のチカラ”で血圧上昇を予防”飲みやすくて美味しい”と評判。完全ノンカフェインで赤ちゃんや妊婦の方でも安心。
1日約80円。市販の健康茶の約10倍もお得。↓のバナーより購入可能!

「コーヒーより「カンナのはなまる健康茶」がおすすめ」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です