こんな食べ方、工夫がおすすめ!

コーヒーより「カンナのはなまる健康茶」がおすすめ

投稿日:2012年1月25日 更新日:

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、血管を収縮させる働きがあるほかにも、アドレナリンというホルモンの分泌を促進する。これは、血圧を上げる作用。

高血圧の人は、コーヒーは1~2杯程度に。緑茶、コーヒー共にカフェインが含まれるが、コーヒーの方が血液に与える影響は大きい。

両方を比べるとコーヒーは、砂糖を入れる分、悪影響を及ぼす度合いが大きい。糖質も過剰になると、血液中の中性脂肪が増加し、その中性脂肪が血管壁に沈着、血管腔を狭めたり、動脈硬化を進行させる。

また、中性脂肪は、皮下脂肪として蓄えられ、肥満の原因にも。肥満は高血圧の最大の敵となる。注意が必要。コーヒーと似た紅茶についても同様。

血圧が高いならカンナのはなまる健康茶

愛用者82万人突破の”自然草のチカラ”で血圧上昇を予防”飲みやすくて美味しい”と評判。完全ノンカフェインで赤ちゃんや妊婦の方でも安心。
1日約80円。市販の健康茶の約10倍もお得。↓のバナーより購入可能!

-こんな食べ方、工夫がおすすめ!
-, ,

執筆者:


  1. […] 本ブログでおすすめしているのは、かんなのはなまる茶です。 […]

  2. […] 、カンナのはなまる健康茶がよいでしょう。それは、高熱がかかるのでカフェインが分解して、カフェインの興奮作用が少なくなるからです。 カンナのはなまる健康茶がおすすめです。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

お酒は上手に活用すれば血圧を安定させる効果も

お酒、アルコールは、血圧にどんな影響があるのか?こういった疑問は多くお酒については関心が高い。 飲酒が血圧を押し下げる効果は、確認されており、国際的には、1日30ml(日本酒なら1合)以下に抑えるよう …

no image

メガネの度を合わせることも血圧を下げる効果を発揮

メガネが必需品の視力が低い人には、度の合わないメガネは、見たい物がはっきり見えずに不自由になる。 特に文字を読んだり、細かい作業をしたりすると、目をいくら近づけたり遠ざけたりしても見えずにイライラする …

no image

みそ汁はダシをしっかりとることと旬の食材をたっぷり入れることで減塩に

減塩が必要な、高血圧の患者さん、腎臓が悪い、肝臓が悪い、糖尿病などの人は、みそ汁を作るときにひと工夫する。 本サイトでも最初のうちに紹介している減塩を成功させる濃いだし汁の作り方がポイントです。こちら …

no image

酢、牛乳をうまく活用して料理に使うと減塩に

酢が体にいいことは、ほとんどの人がわかっている。料理に上手に活用すると、塩分を控えることができて減塩に慣れるよいきっかけになる。 魚介類、海藻などを酢の物にしたり、きゅうり、なす、きゃべつなどを酢であ …

no image

割り醤油をうまく活用することで減塩に

高血圧の患者さんに是非、おすすめしたいのは、割り醤油。塩分を減らすには、非常に効率のいい方法。 割り醤油とは?“常にだしで割る”ということ。 普通の濃い口醤油を水で2~3倍に割って味をみる …