こんな食べ方、工夫がおすすめ!

お酒は上手に活用すれば血圧を安定させる効果も

投稿日:

お酒、アルコールは、血圧にどんな影響があるのか?こういった疑問は多くお酒については関心が高い。

飲酒が血圧を押し下げる効果は、確認されており、国際的には、1日30ml(日本酒なら1合)以下に抑えるように警告している。

アルコールの効用のひとつは、仕事などで緊張した神経をゆったりほぐし、ストレスを解することにある。
アルコールで、適度にくつろぐことができれば、1日のストレスで上昇した血圧を下げることができる。

また、高血圧の人は、心筋梗塞などの発作が心配されるが、アルコールは、適量であれば、予防効果も確認されている。

飲酒習慣のある人は、アルコールを全く口にしない人と比べて善玉コレステロールが増加するため、それが心筋梗塞を予防するということだと推測されている。

高血圧の危険因子としては、塩分のとりすぎ、ストレス、肥満、運動不足などといったほうが影響大だといわれる。

ところが、酒を飲まない人が、血圧を下げたり、善玉コレステロールを増やすために酒を飲むのは、邪道。

普段、飲み慣れている人の場合でも、家以外で飲む場合には、十分注意が必要。第一に外で飲む場合には、塩分摂取過多になる可能性が非常に高い。

アルコールを飲んでほのかに体が温かくなったところで急に外に出て寒い空気に当たれば急激に血圧は上昇する。こういったことを含めても自宅で飲むのが一番よい。

-こんな食べ方、工夫がおすすめ!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

加工食品(かまぼこ、ハム、ウィンナーなど)は塩分が多いので控える

食品は、味つけをしなくても多かれ少なかれ塩分を含んでいる。調味料を使わずに味付けを行わなくても、1日におよそ1~2gの塩分摂取は避けられない。 食塩の摂取量を計算する際に、この1~2g分をきちんと計算 …

no image

コーヒーより「カンナのはなまる健康茶」がおすすめ

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、血管を収縮させる働きがあるほかにも、アドレナリンというホルモンの分泌を促進する。これは、血圧を上げる作用。 高血圧の人は、コーヒーは1~2杯程度に。緑茶、コーヒー …

no image

割り醤油をうまく活用することで減塩に

高血圧の患者さんに是非、おすすめしたいのは、割り醤油。塩分を減らすには、非常に効率のいい方法。 割り醤油とは?“常にだしで割る”ということ。 普通の濃い口醤油を水で2~3倍に割って味をみる …

no image

メガネの度を合わせることも血圧を下げる効果を発揮

メガネが必需品の視力が低い人には、度の合わないメガネは、見たい物がはっきり見えずに不自由になる。 特に文字を読んだり、細かい作業をしたりすると、目をいくら近づけたり遠ざけたりしても見えずにイライラする …

納豆

納豆は血圧を下げると同時に血栓による高血圧の合併症も防ぐ!カレーと合わせることで動脈硬化の進行も回避

高い血圧を下げるカレー納豆の効能、効果 大豆を発酵させた納豆には、さまざまな効能が知られていますが、その1つに高血圧を改善する働きがあります。納豆の降庄効果については、かつて私も動物実験を行ったことが …