こんな食べ方、工夫がおすすめ!

お酒は上手に活用すれば血圧を安定させる効果も

投稿日:

Pocket

お酒、アルコールは、血圧にどんな影響があるのか?こういった疑問は多くお酒については関心が高い。

飲酒が血圧を押し下げる効果は、確認されており、国際的には、1日30ml(日本酒なら1合)以下に抑えるように警告している。

アルコールの効用のひとつは、仕事などで緊張した神経をゆったりほぐし、ストレスを解することにある。
アルコールで、適度にくつろぐことができれば、1日のストレスで上昇した血圧を下げることができる。

また、高血圧の人は、心筋梗塞などの発作が心配されるが、アルコールは、適量であれば、予防効果も確認されている。

飲酒習慣のある人は、アルコールを全く口にしない人と比べて善玉コレステロールが増加するため、それが心筋梗塞を予防するということだと推測されている。

高血圧の危険因子としては、塩分のとりすぎ、ストレス、肥満、運動不足などといったほうが影響大だといわれる。

ところが、酒を飲まない人が、血圧を下げたり、善玉コレステロールを増やすために酒を飲むのは、邪道。

普段、飲み慣れている人の場合でも、家以外で飲む場合には、十分注意が必要。第一に外で飲む場合には、塩分摂取過多になる可能性が非常に高い。

アルコールを飲んでほのかに体が温かくなったところで急に外に出て寒い空気に当たれば急激に血圧は上昇する。こういったことを含めても自宅で飲むのが一番よい。

-こんな食べ方、工夫がおすすめ!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

割り醤油をうまく活用することで減塩に

高血圧の患者さんに是非、おすすめしたいのは、割り醤油。塩分を減らすには、非常に効率のいい方法。 割り醤油とは?“常にだしで割る”ということ。 普通の濃い口醤油を水で2~3倍に割って味をみる …

no image

酢、牛乳をうまく活用して料理に使うと減塩に

酢が体にいいことは、ほとんどの人がわかっている。料理に上手に活用すると、塩分を控えることができて減塩に慣れるよいきっかけになる。 魚介類、海藻などを酢の物にしたり、きゅうり、なす、きゃべつなどを酢であ …

no image

高血圧患者は、辛い香辛料を料理に取り入れる

本ページでは、刺激を利用するでも解説しているが、とうがらし、からし、わさび、こしょうなどを使う方法を紹介。 これらは、体によくないもので病人は避けるべき食材と昔から言われてきた。血圧もあがるのでは?と …

no image

加工食品(かまぼこ、ハム、ウィンナーなど)は塩分が多いので控える

食品は、味つけをしなくても多かれ少なかれ塩分を含んでいる。調味料を使わずに味付けを行わなくても、1日におよそ1~2gの塩分摂取は避けられない。 食塩の摂取量を計算する際に、この1~2g分をきちんと計算 …

no image

みそ汁はダシをしっかりとることと旬の食材をたっぷり入れることで減塩に

減塩が必要な、高血圧の患者さん、腎臓が悪い、肝臓が悪い、糖尿病などの人は、みそ汁を作るときにひと工夫する。 本サイトでも最初のうちに紹介している減塩を成功させる濃いだし汁の作り方がポイントです。こちら …