お酒は上手に活用すれば血圧を安定させる効果も

Pocket

お酒、アルコールは、血圧にどんな影響があるのか?こういった疑問は多くお酒については関心が高い。

飲酒が血圧を押し下げる効果は、確認されており、国際的には、1日30ml(日本酒なら1合)以下に抑えるように警告している。

アルコールの効用のひとつは、仕事などで緊張した神経をゆったりほぐし、ストレスを解することにある。
アルコールで、適度にくつろぐことができれば、1日のストレスで上昇した血圧を下げることができる。

また、高血圧の人は、心筋梗塞などの発作が心配されるが、アルコールは、適量であれば、予防効果も確認されている。

飲酒習慣のある人は、アルコールを全く口にしない人と比べて善玉コレステロールが増加するため、それが心筋梗塞を予防するということだと推測されている。

高血圧の危険因子としては、塩分のとりすぎ、ストレス、肥満、運動不足などといったほうが影響大だといわれる。

ところが、酒を飲まない人が、血圧を下げたり、善玉コレステロールを増やすために酒を飲むのは、邪道。

普段、飲み慣れている人の場合でも、家以外で飲む場合には、十分注意が必要。第一に外で飲む場合には、塩分摂取過多になる可能性が非常に高い。

アルコールを飲んでほのかに体が温かくなったところで急に外に出て寒い空気に当たれば急激に血圧は上昇する。こういったことを含めても自宅で飲むのが一番よい。