高血圧の治し方 高血圧の知識

心臓の病気 高血圧が原因の合併症

投稿日:

心臓の病気 ( 心疾患 ) は、悪性新生物 ( がん ) 、脳血管疾患 ( 脳卒中 ) と並ぶ日本人の三大死因のひとつです。

平成27年の全ての死亡者のうち、心疾患(高血圧症を除く)が原因で死亡した人の割合は15.2%で、日本人の6~7人に1人は心臓病で亡くなっていることになります。

心臓の病気 高血圧が原因の合併症

心臓の病気 高血圧が原因の合併症

日本人の死因第 2 位を占める 心臓の病気

欧米では、以前から 心臓病 による死亡がたいへん多かったのですが、日本では多くありませんでした。

しかし最近では、食生活の欧米化に伴って日本人にも 心臓病 がふえ、1985年からついに死因の第 2 位を占めるようになりました。心臓病の中でも最も多いのが狭心症と心筋棟塞です。高血圧が原因で起こる心肥大も、これらと並んで心不全の原因となることがあります。

心臓の壁が厚くなり心 不全 になりやすい 「 心肥大 」

高血圧が長くつづくと、心臓に負担がかかってくるため、一種の防御反応として心臓の筋肉の壁が厚くなります。これが 心肥大 です。特に血液を全身に送り出している左心室が肥大しやすく、これを 左室肥大 といいます。

肥大した心筋は長い間にくたびれて弱くなり、心臓のポンプ機能が果たせなくなります。これが心不全で、十分に血液を送り出せなくなるために心臓に血液がたまり、ひどくなると、 肺水腫 といって肺のほうまで血液があふれ出ることになります。血圧の上昇が著しい場合、心不全は短期間で起きることもあります。

心不全 になると、初めのうちは動悸や息切れが起こる程度ですが、だんだん呼きぎ吸困難が強くなり、 起坐呼吸 といって寝ているときに苦しくてすわっていないと呼吸ができなくなったり、夜間呼吸困難に陥ります。 肺水腫 になると、血疾や水泡が出てきて、呼吸不全で死亡することもあります。

このような人の多くは 心筋梗塞 を合併しています。 心肥大 があるかどうかは、心電図で調べますが、正確に診断するには超音波検査で心筋の厚さを測る必要があります。

心肥大 では原因を突き止めることが大事ですが、高血圧が長くつづいているために起こった 心肥大 だと診断されたときは、 β遮断薬 ACE ( アンジオテンシン変換酵素 )  阻害薬などの 降圧薬 を用います。

胸が締めつけられるような痛みに襲われる 「 狭心症 」

心臓を養う冠動脈の内壁が、 動脈硬化 や筋肉の異常な収縮によって狭められると、心臓へ行く血液が足りなくなります。そのために起こる病気を 虚血性心疾患 といい、 狭心症 と 心筋梗塞 があります。

狭心症 は血流のとだえが部分的かつ一時的に起こった状態で、 心筋梗塞 は完全にとだえた状態です。 狭心症 には、発作が運動したときや興奪したときに起こる 労作狭心症 と、安静にしているときに起こる 安静狭心症 がありますが、たちの悪いのは 安静狭心症です。

これは、 心筋梗塞 の前段階なので、安静時に発作に襲われることがあったら、医師の厳重な管理が必要です。 狭心症 の発作は胸が締めつけられたり圧迫されたりするような痛みがほとんどですが、胸がやけるように熱くなったり、もやもやすると感じる人もいます。

痛む場所は胸全体のほか、左胸に限られることも多く、右胸だけ、あるいは左右から胸が圧迫されることもあります。発作の強い場合は、胸から左肩、左腕へと放散する痛みがあり、ときには右側への放散痛や両側への放散痛が起こることもあります。

発作のつづく時間はふつう数分ですが、 安静狭心症 だと10分以上つづくこともあります。 高血圧 は 動脈硬化 を侃進させるだけでなく、心臓への負担を増し、 狭心症 の危険因子の 1 つとなります。

そのほか、 肥満 高脂血症 糖尿病 喫煙 ストレス も、 狭心症 の危険因子です。 狭心症 かどうかは、本人の自覚症状と心電図、冠動脈造影などによって診断されます。

心電図は、大半の人が発作のないときは正常で、発作のあるときだけT波が陰転したり(盛り上がった波になるはずのものが逆の形の波になる)、 ST が下降します

したがって、一定の運動をさせてから心電図をとる運動負荷心電図が必要です。

発作が起きたら、すぐ ニトログリセリン か、亜硝酸薬のISDN( イソソルビド・ダイナイトレイト )を舌下に入れてとかすとおさまります。

しかし、狭心症は発作の予防が大事なので、カルシウム桔抗薬(ジルチアゼム、ニフェジピンなど) β遮断薬( プロプラノロール ピンドロール など )、亜硝酸薬などの薬が使われます。

亜硝酸薬は発作の応急処置だけでなく、予防にも大量投与され、胸にはるテープ状の薬(はり薬)も使われます。薬だけでコントロールできないときは、経皮経管的冠動脈形成手術(狭窄部位をカテーテルの先につけたバルーンでふくらませる)や冠動脈のバイパス手術を行うこともあります。、また、日常生活では危険因子を避けることが大事です。

心筋の組織が死んでしまう 「 心筋梗塞 」

心筋への血流がとだえた状態が長時間つづくと、心筋の組織が死んでしまいます。これが 心筋梗塞 で、発作の胸痛もはげしく、呼吸困難も起こり、症状が30分以上つづきます。

ニトログリセリン や ISDN も効果がなく、至急、病院、とりわけ CCU や ICU( 集中治蓉室 ) のある病院へ運ぶことが必要です。

血清生化学検査をすると、 CPK ( クレアチニン・フォスフォキナーゼ )や GOT などの値が高く、心電図も ST の上昇や異常なQ波が出るなど、変化します。

心不全 や 不整脈 を合併すると死に結びつくこともありますが、 CCU の普及で生命をとりとめることが多くなりました。発作後1週間たっても合併症のない場合はリハビリテーションを開始しますが、1年以内に再発しやすいので、β遮断薬や血小板凝集抑制案などの薬を用いるとともに、 狭心症 のとき以上に危険因子を避ける生活をすることが大事です。

-高血圧の治し方, 高血圧の知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

脳出血 高血圧が原因の合併症

脳出血 高血圧が原因の合併症

脳出血 高血圧が原因の合併症 脳出血とは、 「 脳卒中 」 の症状のひとつです。 脳に張り巡らされた血管に障害が起こる病気で、多くの場合は激しい頭痛を伴い、半身の麻痺などが起こります。 脳出血の直接の …

動脈硬化 高血圧が原因の合併症

動脈硬化 高血圧が原因の合併症

動脈硬化 高血圧が原因の合併症 動脈の血管が硬くなって弾力性が失われた状態です。 内腔にプラークがついたり血栓が生じたりして血管が詰まりやすくなります。 動脈硬化 高血圧が原因の合併症 動脈硬化 と …

高血圧の検査はこんな順番で行われる

高血圧の検査はこんな順番で行われる

高血圧の検査はこんな順番で行われる 高血圧の検査とはどういった段取りで行われるのでしょうか? どのようにして 高血圧 と診断されるのでしょうか? 高血圧の検査はこんな順番で行われる 大事な3つのポイン …

高血圧の測定方法

高血圧 の 原因 高血圧 はどうして起こる

高血圧 とは? 高血圧 の 原因 についての正しい知識をもつことが高い血圧を下げる最初の一歩です。高血圧 対策 は、まずは、そこからです。 高血圧 の 原因 は 血圧 のコントロールは 血圧 について …

大血管疾患 による 高血圧

大血管疾患 による 高血圧

大血管とは、心臓の血管や脳の血管、足の血管のことをいいます。血液は心臓から出て体を循環し、また心臓へ戻ってきます。この間、血液が逆流しないよう、血管のあちこちに「弁」がついています。 動脈血が心臓に逆 …