高血圧に関する情報 高血圧の治し方

動脈硬化 高血圧が原因の合併症

投稿日:2021年5月10日 更新日:

動脈硬化 高血圧が原因の合併症 動脈の血管が硬くなって弾力性が失われた状態です。 内腔にプラークがついたり血栓が生じたりして血管が詰まりやすくなります。

動脈硬化 高血圧が原因の合併症

動脈硬化 高血圧が原因の合併症

動脈硬化 と 高血圧 が合併すると血管障害が悪化する

動脈は、年齢とともにかたく、もろくなったり、厚くなったり、内腔が狭くなったり、閉塞したりするようになってきます。このような状態が動脈硬化です。
動脈硬化は血圧の正常な人にも起こりますが、血圧の高い状態が長い間つづいていると起こりやすく、また、動脈硬化が長くつづいているために高血圧になることもあります。そして、やっかいなことに、この2つが重なると、血管の障害が悪化しやすくなります。

粥状硬化は心筋梗塞 細動脈硬化は脳出血の原因

動脈硬化 には大きく分けて、 粥状動脈硬化 と 細動脈硬化 の2つがあります。
粥状硬化 ( アテローム硬化 ) は、動脈の内膜にコレステロールをはじめとする脂質が沈着し、その結果、しだいに線維化して厚くなり、盛り上がってきて内腔が狭くなるもので、大動脈、冠動脈、脳底動脈、腎動脈、股動脈など、中ぐらいの太さ以上の血管で起こります。

粥状硬化 が起こると、動脈の内腔は狭くなりますから、そこから先の組織では血液が少なくなり、酸素や栄養素が不足していろいろな障害を起こします。

たとえば、 粥状硬化 が冠動脈で起これば狭心症や心筋梗塞に、脳底動脈で起これば脳梗塞に、腎動脈で起これば腎性高血圧になります。

それに対して、 細動脈硬化 は細い動脈がかたくなるタイプの動脈硬化で、高血圧との関係が深いものです。

高血圧の人の細動脈はいつも収縮した状態にあるため、しだいに厚くなると同時にくたびれて弾力がなくなり、内腔も狭くなります。これが長期間つづくと、組織が死んでしまう 細動脈壊死 になり、血圧に耐えられなくなって出血します。

脳出血の原因になるのは、主にこの細動脈硬化です。動脈硬化は、老化に伴って起こりますが、日常生活に気をつけることである程度予防できます。特に注意しなければならないのが、動物性脂肪やカロリーのとりすぎ、運動不足(肥満)、喫煙、ストレス、そして、血圧のコントロールです。

-高血圧に関する情報, 高血圧の治し方
-

執筆者:


  1. […] 原因が特定できない 高血圧 状態が長く続くと、 動脈硬化 に発展することがあります。 動脈硬化 は全身に様々な障害を引き起こしますが、目にも深刻な影響を与えます。 血圧が上昇する原因になる動脈硬化 はこちら。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

暑くて寝苦しい

夏は、冬より血圧が下がるが冷房の温度差や寝苦しさによる不眠が血圧が安定しない

脳梗塞は冬より夏に多発する 血圧は、季節によって高くなったり低くなったりします。血圧が最も高くなる季節は、冬です。冬は、寒さや冷たさの刺激で自律神経のうち心身を活発にする交感神経が優位になり、血管が収 …

腎性高血圧

腎性高血圧

腎性高血圧 は、腎臓内へ入る血液量が不足することで、 レニン という酵素が余分に分泌され、血圧を上げる物質をつくるために高血圧が起こるものです。 原因で最も多いのは 腎炎による 腎性高血圧 二次性高血 …

就寝前にコップ半分の水

朝、起きて血圧が高い人は夜の寝汗で脳梗塞の危険性大、就寝前にコップ半分の水が防ぐ

脳卒中、心筋梗塞の危険性はなんと4倍 近年、健康診断や病医院で測った血圧は正常なのに、家庭や職場で測ると血圧の高い人が多く見られます。こうした高血圧を「隠れ高血圧(仮面高血圧ともいう)」といいます。 …

脳梗塞 一過性脳虚血性発作 高血圧が原因の合併症

脳梗塞 一過性脳虚血性発作 高血圧が原因の合併症

脳梗塞 一過性脳虚血性発作 高血圧が原因の合併症 です。脳梗塞とは脳の血管が突然つまって血流が途絶え、脳の細胞が死んでしまう病気です。 早期に適切な治療を受けないと後遺症をきたしたり、死亡してしまう可 …

クモ膜下出血 脳動脈硬化症 脳血管性痴呆

クモ膜下出血 脳動脈硬化症 脳血管性痴呆 高血圧が原因の合併症

クモ膜下出血 脳動脈硬化症 脳血管性痴呆 高血圧が原因の合併症 です。 クモ膜下出血 は、脳を覆っている組織(髄膜)の内側層(軟膜)と中間層(クモ膜)との間にあるすき間(クモ膜下腔)への出血です。 最 …