1日1杯の椎茸のもどし汁が頑固な高血圧を改善する

Pocket

椎茸のその高い栄養素は、周知の通り。よくガンが治るなどの効能も聞く。当然、高血圧への薬効も高く、古くから中国や日本でも言い伝えられている。

近年、その科学的な裏付けがなされていっそう信頼性を増しています。国立栄養研究所の故・鈴木博士にようる実験が興味深い。
高血圧自然発症ねずみを使って、椎茸のもどし汁に血圧を下げる作用があることを確認した。まず、生後11週目の高血圧ねずみを2つのグループに分け、一方に椎茸のエキス(もどし汁)を20週目まで与え続けた。椎茸のエキスは、干し椎茸30gを1リットルの水に一晩つけたものを使用。

その結果、椎茸のエキスを与えたねずみは、与えなかったネズミにくらべて明らかに血圧が低く抑えられた。次に20週目以降、椎茸のエキスを中止して、ただの水だけに戻すと血圧は上昇し、最終的には水だけを与えたねずみと同じに戻ってしまった。

この実験結果からもわかるように椎茸にはすぐれた降圧作用があること。そして生まれつき高血圧になる素質のあるねずみでも椎茸エキスを飲んでいる限り、血圧の上昇を確実に抑制することが証明された。

椎茸には、エリタデニンという成分が含まれ、このエリタデニンには血中のコレステロールを下げる作用があり、血圧を下げる働きにも役立っていることが確認されている。

さて、この椎茸のもどし汁が人間にも同様に作用するかについてですが、これについては、専門家が臨床に用いた結果が報告されている。患者に椎茸のもどし汁をすすめて、よい結果がえている。
椎茸のもどし汁は、干し椎茸1~2個をコップ1杯の水に浸して一晩おいたものを使用。
平均的には、1~2ヶ月間続けると、血圧が下がった。

人間の場合は、年齢、症状、生活環境も異なるため、ネズミの実験のように一律に効果との因果関係は測れないが、血圧降下作用があることだけは確かに確認できた。

椎茸のもどし汁を捨ててしまった人は是非その汁も料理などに使うようにしてほしい!