血圧を下げる食品

カテキンには血圧を下げる成分がたっぷり!粉末にして丸ごと食べる

投稿日:2018年3月2日 更新日:

カテキンは血圧を下げる

昔から「お茶は薬」といわれ、血圧を下げる働きがあることも知られていましたが、その有効成分が科学的に明らかになったのは割と最近です。

それまで、お茶の有効成分といゝつと、カフェインくらいしか知られていませんでした。1991年、日本で初めてお茶の国際会議が開かれ、以来、お茶の研究が急速に進みました。そこで注目されるようになったのがカテキンという渋みや苦みの元となる成分。

含有量は茶葉の15~20%もあり、お茶の薬理作用の中心的な存在です。また、このカテキンには、高血圧を改善する働きも。

しかも降圧剤とは違って、正常な血圧は下げません。この作用については、動物実験でもヒト臨床試験でも確かめられています。ただ、どのようにして血圧を下げるのか、そのメカニズムはまだよくわかっていません。カテキンが体内に吸収されると、降庄効果を発揮するのですが、一度体内をめぐったカテキンはすぐに排泄されてしまいます。

そこで、日常的にたっぷりのカテキンをとるためにおすすめしたいのが、お茶を食べる「茶食」です。お茶をいれた残りの茶殻とお茶に溶出された成分の量を比べると、浸出液が20~30%に対し茶殻は70~80%と、多くの成分が茶殻に残っているのです。

つまりお茶を丸ごと食べれば、カテキンをはじめとするすべての有効成分を効率よく吸収できます。私たちはお茶のいろいろな食べ方を研究していますが、ここでは入門編として、お茶を粉末にして食べる方法を紹介します。

粉末にするには粉砕器やすり鉢を使います。面倒な人は市販の粉茶を使ってもよいでしょう。これをご飯などにふりかけ、お茶の風味を楽しみながら、1日2~6gを目安に食べてください。私の場合、朝食はご飯と味噌汁、冷や奴、納豆に粉末にしたお茶をふりかけて食べます。そして食べ終わったら、お茶を1杯飲んでいます。どんな健康法も継続しなければ効果はありません。茶食を楽しみながら続けましょう。

お茶粉末の作り方

材料(5~15日分)
  • お茶の葉(30g)

作り方

  1. すり鉢でする…鉢に茶葉を入れ、すりおぎですって粉にします。(粉砕器があればすりこぎより楽に粉にできます)
  2. 30gの茶葉の粉末が完成。1日2gなら15日分、6gなら5日分。残りは密閉溶液に入れて保存します。毎日、その日に食べる分だけを粉にしてもいいでしょう。

面倒な人はカテキン たっぷり まるごと食べ茶などがおすすめです。無農薬なので安心してたっぷり飲めます。普段飲んでいる、珈琲をこのお茶に買えれば高い血圧も!

お茶のカテキンに関するリンク

-血圧を下げる食品

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

がごめ昆布

昆布水で快便、血圧安定、血管の若返りも!

ネバネバ成分が大活躍 健康食材として注目されている昆布には水に溶ける性質をもった食物繊維の「フコイダン」が含まれていて、これがあのネバネバの正体です。この水溶性の食物繊維には腸内で便を軟らかくして排出 …

ヨモギ

血圧を安定させるならヨモギ

春の草花として誰もが思い浮かべる「ヨモギ」。草餅などを幼い頃に食べた経験がある人も多いはず。春の風物詩としてやや薄れてきてしまっているが、昔の人はヨモギの効能を熟知していた。 高血圧にも非常に高い効果 …

ピーナッツの酢漬け

豆製品の健康パワーは偉大であるが、血圧に関しても同様に効果がある。酢大豆などがメジャーではあるが、中国では、ピーナッツの酢漬け、つまり酢ピーナッツの人気が非常に高い。もともと酢ピーナッツは、中国の古い …

杜仲葉茶

コレステロールも血圧も下げる(杜仲葉茶)

杜仲は、中国大陸の中西部を原産とするトチュウ科の落葉樹で、とくに樹皮は、2000年も前から「若返りの妙薬」として重宝されてきたお茶。 有名な薬用植物の解説書『神農本草経(しんのうほうんぞうきょう)』に …

セロリ

セロリジュースが本能性高血圧を改善

中国では芹菜(せりな)と呼ばれ、古くから薬効の強い植物として知られているセロリ。少しくせのある野菜ですが、すばらしい作用がある。 血圧を下げる作用以外にも浄血作用、止血作用、健胃作用、利尿作用、神経鎮 …