魚介類に豊富に含まれるタウリンにも血圧降下作用がある

Pocket

お祭りなどの屋台が並ぶ季節は楽しいものです。屋台が並ぶとイカ焼きのいい香りが漂ってきて自然と手がのびてしまう。あの香ばしい、においは、イカに含まれるタウリンという成分が燃えたときに生じるもの。

タウリンはイカだけでなく魚介類全般に含まれており、魚ではタラやヒラメなどに特に豊富に含まれる。最近の研究では、このタウリンが体内に入るとさまざまなよい働きをすることが明らかになってきた。

そのひとつに血圧降下作用がある。人的に開発された「脳卒中ラット」は、普通の飼料)たんぱく質を2割含む)で育てるだけで重症の高血圧になり、そのほとんどが脳卒中を起こして死亡する。
ところが、魚のたんぱく質を5割ほど加えた高たんぱく食で育てると、普通食を与えたものより血圧が低下するうえに、脳卒中を起こさなくなる。
それに対して、同じ高たんぱく食でも、大豆のたんぱく質を5割加えたエサを与えた場合は脳卒中は起きなかったが、血圧は下がらなかった。

この実験結果から、魚のたんぱく質を構成しているアミノ酸の中に血圧を下げる働きがあることが予想される。これを詳しく調べた結果、「タウリン」の働きによるものであることが確認された。

タウリンは、イオウを含んだアミノ酸の一種に血圧降下作用があることがわかった。タウリンだけを取り出し、脳卒中ラットに与えた場合は、血圧上昇が確認された。

ではなぜ?タウリンに血圧降下作用があるのでしょうか?
自律神経には、交感神経と福交感神経の2つがあり、これが交互に拮抗しながら働いている。血圧をコントロールしているのも自律神経で交感神経の興奮が高まると末梢神経が収縮したり、心臓の鼓動が高まったりして血圧が上昇する。

タウリンは、脳にある自律神経の中枢に作用し、交感神経の興奮をしずめることによって血圧が降下すると考えられている。
高血圧のラットにタウリンを注入すると、血圧が降下することがわかっている。

さらに、タウリンには、血中コレステロールを下げる効果もある。コレステロールは、人間が生きていくためには必須の成分になるが、増えすぎると動脈硬化を引き起こす。
そこで、余分なコレステロールは肝臓で処理されて、胆汁になって排泄される。したがってタウリンにはコレステロールを胆汁にして排出しやすくする作用があるということになる。
タウリンを十分に摂取しておけば、余分なコレステロールが体外に排出され、血中コレステロールが下がることになる。

タウリンはさきほどの解説のとおり、交感神経の興奮をしずめる作用がある。交感神経が興奮すると、神経や副腎からノルアドレナリンやアドレナリンが血液の中に放出される。
ストレスが強く、いつもこのようなホルモンが増えると、血圧が動揺し、動脈の壁を攻撃してコレステロールもたまりやすくなる。これがストレスが強いと動脈硬化が進み、心筋梗塞が増える理由になる。

ストレスはできるだけ避けた方がいいが、実際には難しい。そんなときは、タウリンを十分に摂取し、交感神経の興奮を抑制できれば動脈硬化も防げることになる。
職場や学校でストレスを感じやすい自覚がある人は、肉食より魚食を増やすことで対処できることになる。

タウリンを多く含む食品類

タウリンを豊富に含む主な食品は、魚介類。とくにさざえ、トコブシ、カキ、ホタテなどの貝類、たこ、かつお、いか、ぶりの血合いなどに多く含まれる。肉類にも含まれますが、その量は魚介類に比べると僅か。タウリンの1日の摂取量はとくに決められているわけではないが、効果的な働きを期待するのであれば、1日に500mg~3gを目安に摂取するといい。

効果的な摂取方法

食品から摂取する場合、調理法によっては成分が失われる場合もあるため、新鮮な食材であれば生のまま食べるのがおすすめ。
タウリンは、尿から排出されるため毎日摂取が基本。

効果的な摂取のタイミング

肉体疲労や目の疲れを感じたときがオススメ!お酒を飲む機会や脂っこい食事が続いているなどの時にもよい。内臓機能の低下、血圧上昇、コレステロール値の増加傾向などが思い当たる場合には、積極的に摂取。

なお、タウリンについては、こちらのサプリメントのサイトにも詳しい情報がある。こちらでは肝臓強化について書かれているが、同様に血圧を下げる効能についても記載がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です