日本茶

紅茶 日本茶 コーヒー はどれを選ぶ

血圧のためには、紅茶 日本茶 コーヒー はどれを選ぶ のが最適でしょうか?
昼食後に、仲間とお茶を飲むこともあるでしょう。そんなとき

  • 日本茶
  • 紅茶
  • コーヒー

の 3 つならどれを選ぶのが一番いいのでしょうか?

答えは、「 日本茶 」です。特に特にほうじ茶や玄米茶がおすすめです。伝統的な血圧を下げるお茶として有名なのは、「 どくだみ茶 」です。本ブログでも紹介しています。

日本茶

日本茶

コーヒー、紅茶に含まれるカフェインにはアドレナリンの分泌を促して、血圧を0.4程度上昇させます。簡単に言うと、興奮作用があるということです。

しかし、ティータイムのリラックス効果を考えるとこれらの嗜好品には捨てがたい魅力があります。
普段から薄めに入れてカフェインを減らすように心がけることが血圧にはよい作用をもたらします。

緑茶などの日本茶にもカフェインは含まれていますが、飲む時に砂糖を入れないですむ分だけ血圧への悪影響が少ないのがおすすめポイントです。

また、日本茶のカテキン(緑茶の渋み成分)には血圧を下げ、ガン予防の効果まであります。

日本茶にはカフェインの少ないほうじ茶や玄米茶もありますので、それらを中心にティータイムを楽しむとよいでしょう。カフェインのないハーブティーもおすすめです。

牛乳も、たんばく質(カゼイン) が高血圧予防によしとされており、漢方ではどくだみ茶や柿の葉茶、菊花茶に血圧を下げる効果があるといわれています。

本ブログでおすすめしているのは、もちろんどくだみ茶ですが、血圧の高い人用に茶葉を調整している「かんなのはなまる茶」です。
愛用者82万人突破の”自然草のチカラ”で血圧上昇を予防”飲みやすくて美味しい”と評判。完全ノンカフェインで赤ちゃんや妊婦の方でも安心です。
気分転換のアイテムのひとつとして、これらも気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

お昼が外食の場合はどれを選ぶか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください