カルボナーラ、チャーシュー麺、ざるそばの3つで迷ったらどれを選ぶ?

2018年6月28日

Pocket

またには、麺類も食べたくなりますね。周りをみても意外に麺を扱うお店は、多く迷ってしまいます。カルボナーラ、チャーシュー麺、ざるそばと、パスタ、ラーメン、そばのジャンルで迷ったらどれがいいのでしょうか?
答えは「ざるそば」です。つけめんなら塩分摂取量を抑えることができます。

めん類は、あっさりしている上に、手軽に食べられ、一見カロリーが低そうなのでつい食べてしまいがちですが、野菜が少なくて栄養バランスが悪く、塩分の高いものが多い点が特徴です。
よく「塩分調節のために汁を残せ」と言われますが、ラーメンなどはめん自体に含まれている塩分量も多く、汁を残したとしてもなるべく避けたい一品です。ラーメンでも最近は、つけ麺も人気ですのでこちらのほうがおすすめです。

ざるそばやそうめんなどのつけめんは、つゆにつけ込まないで表面にからめて食べるので、比較的塩分量を抑えることができます。本当にそば通の人は、ほんの少しだけつゆにつけて食べます。

比較的カロリーが低い点もよいのですが、野菜が足りないのが難点。おひたしやサラダなどを加えて調整するか、朝食や夕食で補ってください。

パスタはオリーブ油を使っている可能性が高い専門店で食べるとよいでしょう。動物性脂肪や塩分の多いカルボナーラやミートソースを避け、トマトソースやキノコソース、ボンゴレなどの低カロリーで塩分が少ないものがおすすめです。