洋食のメニュー3つで迷ったらどれを選ぶ?

2018年6月28日

Pocket

血圧が少し高めで洋食のメニューが好みだという人も多いと思いますが、

  • ハンバーグステーキ
  • チキンのトマト煮
  • メンチカツ

の3つだったらどれが一番、塩分を抑えることができるでしょうか?

答えは『チキンのトマト煮』です。

洋食メニューは、和食に比べても塩分量が比較的少ないという点でおすすめなのですが、バターを使った料理が多く、コレステロールとカロリーの高さが気になります。高血圧は、塩分も大切ですが、コレステロールとカロリーについても大事なポイントです。

肉料理の場合はなおさらですから、なるべくなら魚料理を注文したいものです。青魚には血圧を下げる作用があります。刺身で青魚を食べるとより効果的です。

肉料理の場合には、脂肪やカロリーの多いひき肉を使った料理を避けて注文するといいでしょう。
特に、コレステロール値の高い人や太った人が食べるのは好ましくありません。サーロインやリブなどの脂身の多い部位も同様です。その点チキンは、動物性たんばく質もとりやすく低カロリー。特にトマトソース煮はカリウムをとることもできるおすすめの料理です。
カリウム摂取による

脂肪分の多い鶏肉の皮の部分をはずせば、さらに健康的に食べることができます。パンは塩分が多く含まれる上に、バターなどでますます塩分や脂質が増えてしまいがち。洋食のおかずでも、主食はごはんにすることをおすすめします。ごはんであれば、コレステロールも少ない上に塩分はゼロです。