血圧を下げる生活習慣

便秘を解消すれば血圧は下がる

投稿日:2012年2月10日 更新日:

国民の3人に1人が便秘ともいわれ、国民病の定番となってしまった「便秘」。この便秘を改善することで、血圧が下がることが確認されている。

また、便秘には、お腹が張る、痛むなどさまざまな不快感症状を引き起こす。それらの不快症状は、ストレスとなり血圧を上げる要因となってしまう。
また、便秘をしていると、腸内に悪玉菌が増える。悪玉菌は、アンモニアやインドールなどの有害物質を作り出すため、体にさまざまな悪い作用を及ぼし、血圧にも良い影響を与えない。
さらに問題となるのは、便秘があるとトイレに行くたびに強ういきむためにこれが血圧を上げてしまう。
トイレでいきむために上昇する血圧は、20~50ミリもなる。もともと高血圧であれば、これだけで脳卒中の発作の危険性も高まる。

高血圧体質であれば、

  1. 野菜・果物や海藻など食物繊維を多く摂取する。
  2. 毎日決まった時間に排便する習慣をつける。
  3. 適度な運動を心がける。
  4. 水分を十分に摂取する。

といったことを心がけたい。

便秘については、便秘になる9つの代表的な原因などを参考に便秘にならない生活習慣を身につけることが最も大切。
血圧がだいぶ高くてさまざまな生活習慣の改善を行ったり、食習慣を改善してもよくならない場合は、イサゴールなどの食物繊維がたっぷり入ったトクホの利用もおすすめ。

-血圧を下げる生活習慣

執筆者:


  1. […] 、血圧は、高い数値を自覚することはほとんどないので、日常生活にもどると今までと同じ生活に戻ってしまいます。 ちなみに便秘を解消するだけで血圧が下がってしまう人もいます。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ふとんよりもベッドで快眠

高血圧の人でも就寝中には、血圧が下がる。これは、睡眠中は、自律神経のうち副交感神経の機能が優位になるため。 自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあり、お互いバランスを取り合いながら作用している …

深呼吸

深呼吸(リラックス)の習慣が高血圧を改善

高血圧の改善にすすめられるのは、まず食事療法、運動療法だが、非常に効果が高いのは、心身をリラックスさせること。 ストレスや疲労は、交感神経を興奮させ、カテコールアミンなどの昇圧物質の分泌を促進する。ス …

血圧のためには禁煙

たばこと血圧の関係

血圧に関する絶対にダメと言われるのは、やっぱりお酒とタバコです。いまさらではあるが、タバコの煙に含まれる有害物質であるニコチンは、血管を収縮させて血圧を上昇させてしまいます。 動脈硬化を進行させる原因 …

no image

運動を行う際の血圧上昇もちょっとした注意がポイント

高血圧の人の運動で一番理想的なのは、やっぱり「ウォーキング」。通勤などを徒歩にかえるのが理想。 血圧上昇を招きやすい通勤方法がマイカー通勤。マイカーは一見、気ままに走れているように見えるが、神経の緊張 …

深呼吸

起床時の血圧上昇を防ぐ対策としてひと呼吸20秒の心臓若返り呼吸を行う

高血圧の大部分の人は起床時に血圧が急上昇してしまう 心筋梗塞の発作は、特に寒い季節の午前中に起こりやすい特徴があります。これは、この季節や時問帯は、血圧が変動しやすいためで注意が必要です。血圧は、特に …