カラオケにも血圧を下げる効果が!

2018年6月28日

Pocket

楽しく歌ったり踊ったり…誰もが楽しいと感じる瞬間でもある。歌うことが大好きな人なら健康によい影響を与えるかどうかは本人が一番よくわかっているはずである。

歌を歌うときには、声をお腹から出すことが大事で、これは腹式呼吸が基本となる。

人間は通常、呼吸は、胸式呼吸だが、この呼吸の場合、肺を構成する7~8億近くある肺胞の60%~50%は、休んだ状態。
ところが、腹式呼吸にかえると、普通の呼吸より肺に取り入れる酸素の量が何倍にもふくらみ、また多くの肺胞が活発に機能jして肺が強化される。

体の隅々までに新鮮な酸素が行き渡れば、全身の各臓器の機能が活発になる。腹式呼吸は、お腹を膨らませて呼吸をする呼吸法なので、特に胃腸には効果が大きく胃腸の働きが活発になれば、空腹感も出て食欲もアップし、ガスもたまらずに便秘の改善にもなる。

また、それだけではなくゆっくりと吐く腹式呼吸には、血圧を下げる効果も期待できます。臨床報告によれば、特にストレスによって血圧が上昇している場合は、腹式呼吸法で20ミリが下がるという。

カラオケで歌うという行為は、ちょうど歩行と同等レベルの運動量で、上手に活用すれば高血圧患者の運動療法と同じ効果を上げることができる。
歌っている最中は、血圧は多少上下するが、直後にぐっと下がる効果が見られ、最大血圧も最小血圧も下げることが実証されている。

ただし、治療としての効果を得るには、1ヶ月に1~2回歌うだけでは、不十分で短時間でもいいので、毎日歌うことが血圧を下げるよい結果につながる。

大事な点は、これらの効用はすべて腹式呼吸の効果によるものだということ。カラオケをしなくても腹式呼吸を習慣化できれば血圧は下がるということだ。

せっかくカラオケをしても口先で歌ったり、大声で怒鳴っているだけであれば、血圧を下げる効果はない。
基礎の腹式呼吸を発声法として習得してこその効用である。

また、カラオケは楽しい気分にもさせてくれるので、ストレス発散にも大きな効果が。