血圧を下げる生活習慣

夢中になったり熱中できる趣味が血圧を安定させる

投稿日:2012年2月6日 更新日:

血圧が高い人は、仕事以外に週末などに何か熱中できる趣味を持つことが大切です。週末は、仕事から自分で距離をとるようにしたほうが、心身ともにリラックスできます。また、趣味から広がり、交友関係ができたり、メリットも多々あります。

趣味の釣り

趣味の釣り

  • 映画を観る
  • 楽器を弾く
  • 読書をする
  • 写真を撮る
  • 釣りをする
  • 買い物をする
  • 料理をする

など、「見る」「聞く」「触れる」などの五感を使って楽しみを持つことは、交感神経の興奮を鎮め、血圧を下げる効果があります。仕事で緊張状態が続いた週末にこうした趣味で心身共にリラックスできれば、血圧も安定するでしょう。

当然、日頃たまたった精神的ストレスを解消するためにも効果があるのは言うまでもないでしょう。趣味を持っていると、自然に会社や学校以外の人たちとの交友関係も広がり、利害関係のないよい関係を築くこともでき、本当に相談にのってほしいときなどは、悩みが解決するきっかけになったりします。会社や学校だけの狭い交友関係しかない人は、定年退職後は飲みにも誘ってもらえず、寂しいものです。そうした寂しい思いは、血圧を直接上げる要因となります。なるべく若い時期から趣味を通じての友人関係を持つことも大切で長生きできる秘訣でもあるのです。

高血圧の人は比較的、何事にも夢中に成りすぎる傾向が強いためほどほどにしておくことも重要です。楽しみやストレス解消のためだということを忘れてはいけません。夢中になりすぎるとそれがかえってストレスになってしまいます。

趣味と実益を兼ねてジョキングやウォーキングをする人も多いのですが、1度決めたことだからと、雨が降っても、風が吹いても、さらに風邪などで体調がよくないときも義務感で無理に走ってしまったりする。これでは精神的にも肉体的にもかえってマイナスです。

気楽に行う習慣をつけることも非常に大切。

-血圧を下げる生活習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ふとんよりもベッドで快眠

高血圧の人でも就寝中には、血圧が下がる。これは、睡眠中は、自律神経のうち副交感神経の機能が優位になるため。 自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあり、お互いバランスを取り合いながら作用している …

血圧のためには禁煙

たばこと血圧の関係

血圧に関する絶対にダメと言われるのは、やっぱりお酒とタバコです。いまさらではあるが、タバコの煙に含まれる有害物質であるニコチンは、血管を収縮させて血圧を上昇させてしまいます。 動脈硬化を進行させる原因 …

便秘

便秘を解消すれば血圧は下がる

国民の3人に1人が便秘ともいわれ、国民病の定番となってしまった「便秘」。この便秘を改善することで、血圧が下がることが確認されている。 また、便秘には、お腹が張る、痛むなどさまざまな不快感症状を引き起こ …

no image

運動を行う際の血圧上昇もちょっとした注意がポイント

高血圧の人の運動で一番理想的なのは、やっぱり「ウォーキング」。通勤などを徒歩にかえるのが理想。 血圧上昇を招きやすい通勤方法がマイカー通勤。マイカーは一見、気ままに走れているように見えるが、神経の緊張 …

寒い冬はマフラーで血圧を上げない

寒い冬は、マフラーで襟元を温める 室内、室外の温度差をできる限り減らす

高血圧患者にとって真冬は、血圧のコントロールが非常に難しい季節ですが、最近は、暖房設備もよくなり真冬のコントロールもしやすくなりました。とはいっても屋外などは十分に気を付けなければいけません。特に室内 …