血圧を下げる生活習慣

ふとんよりもベッドで快眠

投稿日:2012年1月27日 更新日:

高血圧の人でも就寝中には、血圧が下がる。これは、睡眠中は、自律神経のうち副交感神経の機能が優位になるため。

自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあり、お互いバランスを取り合いながら作用している。血圧を上昇させる作用があるのは、、交感神経だが、睡眠中は、副交感神経優位になっているため、血圧は下がる。

この作用は、高血圧の人も同様で、中には、血圧が高いのは、昼間起きている間だけで、眠っている間は、正常血圧だという人もいる。

眠る前に高かった血圧が、就寝中には、下がって朝、目覚め時に1日のストレスに対応できるように回復しているというのがそもそもの睡眠の効果。

睡眠を十分にとるようにすれば、昼間の血圧も下がり、副作用のない妙薬となる。高血圧の人は、就寝時に布団よりも洋式ベッドの方が好ましいといいます。
理由は、ベッドの方が寝起きする際に心臓の高さの変化がないためだ。これは血圧も変動いしにくい。
また、ベッドのほうが床より高い位置にあるため、ほこりや湿気の影響も受けにくく、衛生的で、冬には、床より温かい。

ある調査では、ベッドに寝ている人と、布団に寝ている人について、それぞれ睡眠中の呼吸の状態や脳波を調べたところ、ベッドに寝ている人のほうがいずれも安定していた。

次に掛け布団について、温度が保てるのであれば、軽ければ軽いほどよい。手を胸の上において眠ってしまって息苦しくて目覚めることがあるが、これと同様に布団が重ければ、同じように心臓に負担がかかる。

また、高すぎる枕も厳禁。首にある大切な血圧が圧迫されて脳内の血液循環が悪くなるため。
快眠促進サイトで紹介されている安眠のための枕一覧なども参考になります。

枕のかたさは、かたすぎるものは、寝心地が悪く、やわらかすぎる枕も頭が埋まってしまい適切でない。
かたさもほどほど、低めの枕が最適。これは、安眠とか快眠では必須の条件。

ベッドで心地よく眠るためには、あとは温度。冷え込む日などは湯たんぽなどを活用して体をしっかり温めたい。

-血圧を下げる生活習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

お風呂の入り方をひと工夫

高血圧の人は、入浴の際、十分な注意が必要.特に冬の寒い季節は、気を付けなくては成らない。気温の低い脱衣所で服を脱ぎ、裸になっていきなり40度~42度の熱い風呂に入れば、血圧は、一気に50ミリも上昇する …

no image

高血圧であれば仕事をうまくさぼることも大切

血圧というのは、一定でなく常に変動している。高血圧であれば、自分の血圧がいつ一番高くなるのかを知っておくことは非常に重要。基礎血圧のコントロールだけでなく変動して高くなった血圧についても知る必要がある …

no image

夢中になったり熱中できる趣味が血圧を安定させる

血圧が高い人は、何か熱中できる趣味を持つことが大切。映画を観る、楽器を弾く、読書をする、写真を撮る、釣りをするなど、「見る」「聞く」「触れる」などの五感を使って楽しみを持つことは、交感神経の興奮を鎮め …

no image

運動を行う際の血圧上昇もちょっとした注意がポイント

高血圧の人の運動で一番理想的なのは、やっぱり「ウォーキング」。通勤などを徒歩にかえるのが理想。 血圧上昇を招きやすい通勤方法がマイカー通勤。マイカーは一見、気ままに走れているように見えるが、神経の緊張 …

カラオケ

カラオケにも血圧を下げる効果が!

楽しく歌ったり踊ったり…誰もが楽しいと感じる瞬間でもある。歌うことが大好きな人なら健康によい影響を与えるかどうかは本人が一番よくわかっているはずである。 歌を歌うときには、声をお腹から出すことが大事で …