そのほかの動脈の病気 高血圧が原因の合併症

そのほかの動脈の病気 高血圧が原因の合併症

そのほかの動脈の病気 高血圧が原因の合併症 の代表的な 大動脈瘤 は、大動脈(通常は20~25 ㎜ 程度)が「こぶ」のように病的にふくらんだ状態(30~40 ㎜ 以上)を指します。この「こぶ」ができた場所によって○○大動脈瘤と呼ばれ、胸部に動脈瘤がある場合を胸部大動脈瘤、腹部に 大動脈瘤 がある場合を腹部大動脈瘤といいます。

破裂すると命取りになる 「 大動脈癌 」

 そのほかの動脈の病気 高血圧が原因の合併症

そのほかの動脈の病気 高血圧が原因の合併症

 

大動脈壁が弱くなり、血圧に耐えられずに外側に向かってふくらんでしまった状態で、ほとんどは動脈硬化がベースにりゆうなって起こります。胸の 大動脈癌 は健康診断などの胸部Ⅹ線写真で偶然に発見されたり、腹部の 大動脈癌 は患者自身がそのはれに気づくことがあります。

また、 動脈瘤 の壁にひびが入るときに肩、背中、腹部などに強い痛みがあり、それが発見のきっかけになることもあります。

大動脈痛 が破裂する前に見つかれば、手術によって、人工血管とおきかえたり、人工のつぎ当て(パッチ)を当てたりして破裂を防ぐことができます。パッチを破裂直後に当てて、出血を抑えることもあります。しかし、破裂してしまうと、体内で大出血を起こしてショック状態になり、救命がむずかしくなります。

 そのほかの動脈の病気 高血圧が原因の合併症 大動脈の膜が二層に裂ける「 解離性大動脈瘤 」

動脈壁は内膜、中膜、外膜からなり、中膜はさらに何層にも分かれています。この中膜が弱くなり、そこに血液が浸入して二層に分かれ、裂けてしまうことがあります。

これが 解離性大動脈瘤 で、中高年に多いものの、若い人にも起こります。生まれつき中膜が弱かったり、動脈硬化のせいで起こると考えられていますが、高血圧は原因にも引きがねにもなると考えられています。

突然、激痛が起こりますが、解離の場所により、胸、背中、腰、腹部など、痛むところが違ってきます。CT 検査、超音波検査、大動脈造影などの検査を行い、生命が危ぶまれる場合は緊急に、危険が迫っていない場合は経過を観察したうえで、人工血管におきかえたり、パッチを当てるなどの手術を行います。しかし、脳、心臓、腎臓などの臓器へ向かう動脈に解離が及ぶと、致命的になります。

循環障害のために足が痛む 「 四肢動脈閉塞症 」

手足の主要動脈が動脈硬化などのために閉塞し(ふさがれて)、末梢に循環障害が起こる病気で、主に膝から下に起こります。

足の痛み、冷感、間欠性披行(休み休みでないと足が痛んで歩けなくなる)などのほか、循環障害のある皮膚が紫色になったり、カイヨウになったりすることもあります。

この病気と判明したら、閉塞のあるところを人工血管でおきかえたり、バイパス手術をしたり、血小板凝集抑制薬やプロスタグランディンなどの血管拡張薬をえ使って治療します。血流が悪いために壊し死(体の組織や細胞が部分的に死ぬこと)に陥ったようなときは、切断しなければならないこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください