高血圧の治し方 高血圧の知識

クモ膜下出血 脳動脈硬化症 脳血管性痴呆 高血圧が原因の合併症

投稿日:

クモ膜下出血 脳動脈硬化症 脳血管性痴呆 高血圧が原因の合併症 です。 クモ膜下出血 は、脳を覆っている組織(髄膜)の内側層(軟膜)と中間層(クモ膜)との間にあるすき間(クモ膜下腔)への出血です。 最も多い原因は、動脈のこぶ(動脈瘤)の破裂です。

脳動脈痛が破裂して起こる「 クモ膜下出血 」

脳や脊髄を包む 髄膜 は 硬膜 クモ膜 軟膜 という三層の膜からなっています。クモ膜 と軟膜の間を クモ膜下腔 といいます。

クモ膜下出血 とは、このクモ膜下腔に出血する痛気で、脳動脈痛という一種のこぶの破裂や、脳動静脈奇形などによって起こります。

奇形からの出血は20〜40歳に多く、高血圧とは関係ありませんが、40〜60歳に多い脳動脈癌の破裂は、高血圧が引きがねになります。

脳卒中全体の 10 % ぐらいが クモ膜下出血 です。

突然、はげしい頭痛、特に後頭部の頭痛が起こり、くびが硬直して足が突っ張り、吐きけや嘔吐も伴います。重い場合は発作後間もなく死亡することもありますが、出血した動脈癌に金属のクリップをかける手術により、完全に再発を抑えられることもあります。

手術のできない場合は、鎮痛薬、止血薬 降圧薬 脳圧降下薬 などを用いますが、内科療法だけでは再出血することもあります。

頭痛 めまい 耳鳴り など、多彩な症状が起こる 「 脳動脈硬化症 」

脳動脈硬化のために 頭痛 頭重 めまい 立ちくらみ 耳鳴り 手足の冷えやしびれ、肩こり 不眠 物忘れ など、多彩な症状が起こる病気です。

高齢で 高血圧 の人に多く起こるものの、血圧が高くなくても起こる場合があります。糖尿痛も脳動脈硬化を促進させます。

血圧のコントロールが大事なので、 降圧薬 を使うことが多いのですが、ほかにふかつも 脳循環改善薬 や 脳代謝賦括薬 を使ったり、症状をとり去るために対症療法を行ったりします。

対症療法ではこれらの薬のほかに漢方薬も用いられ、効果が認められることがあります。

脳動脈硬化のせいで物忘れがひどくなる 「 脳血管性痴呆 」

脳動脈硬化によって痴呆が起こる病気です。老化とともに起こる痴呆の中には、いろいろのタイプがありますが、日本人に多いのはこの 脳血管性痴呆 で、多くは脳卒中 の後遺症として起こります。50〜60代で始まることが多く、記憶力障害、つまり物忘れを中心とした痴呆です。

物忘れの中でも、最近のできごとはよく忘れるのに、計算力は確かなことが多いなど、どこかちぐはぐな印象があります。

物忘れだけでなく、鬱状態になり、気分が落ち込んでしまうこともあります。また、 片マヒ や ケイレン などを伴うこともあります。人格は初めのうちは保たれていますが、末期には崩壊します。治療には 脳血管拡張薬 脳代謝賦活薬 抗ウツ薬 向精神病薬 などを用います。

-高血圧の治し方, 高血圧の知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高血圧の検査はこんな順番で行われる

高血圧の検査はこんな順番で行われる

高血圧の検査はこんな順番で行われる 高血圧の検査とはどういった段取りで行われるのでしょうか? どのようにして 高血圧 と診断されるのでしょうか? 高血圧の検査はこんな順番で行われる 大事な3つのポイン …

高血圧の種類 本態性高血圧

高血圧の種類 本態性高血圧

高血圧にはどんな種類 があるのでしょうか?自分の高血圧の種類を知ることで対策も変わってくるのでしっかり理解すべきです。 日本人の高血圧の 85 ~ 90 %は、原因不明のはっきりしない 本態性高血圧 …

高血圧の測定方法

高血圧 の 原因 高血圧 はどうして起こる

高血圧 とは? 高血圧 の 原因 についての正しい知識をもつことが高い血圧を下げる最初の一歩です。高血圧 対策 は、まずは、そこからです。 高血圧 の 原因 は 血圧 のコントロールは 血圧 について …

大血管疾患 による 高血圧

大血管疾患 による 高血圧

大血管とは、心臓の血管や脳の血管、足の血管のことをいいます。血液は心臓から出て体を循環し、また心臓へ戻ってきます。この間、血液が逆流しないよう、血管のあちこちに「弁」がついています。 動脈血が心臓に逆 …

腎性高血圧

腎性高血圧

腎性高血圧 は、腎臓内へ入る血液量が不足することで、 レニン という酵素が余分に分泌され、血圧を上げる物質をつくるために高血圧が起こるものです。 原因で最も多いのは 腎炎による 腎性高血圧 二次性高血 …