高血圧の治し方 高血圧の知識

脳出血 高血圧が原因の合併症

投稿日:

脳出血 高血圧が原因の合併症 脳出血とは、 「 脳卒中 」 の症状のひとつです。 脳に張り巡らされた血管に障害が起こる病気で、多くの場合は激しい頭痛を伴い、半身の麻痺などが起こります。 脳出血の直接の原因は、文字通り 「 出血 」 です。

脳出血 高血圧が原因の合併症

脳出血 高血圧が原因の合併症

高血圧が原因で発作の引き金になることも

高血圧 の恐ろしさは、血圧の高さそのものよりは、むしろ、 高血圧 に伴って血管障害が起こる点にあります。

とりわけ、脳血管、心血管、腎血管に起きる障害は健康に重大な影響を及ぼしますが、ほかにも大動脈や四肢の動脈の障害が問題になることもあります。

脳血管障害は、戦後間もなくから側年まで、ずっと日本人の死亡原因のトップだったほど多い病気で、現在でも死因の第三位を占めています。

この中で圧倒的に多いのが、突然、発作が起こる 脳卒中 です。 脳卒中 には、脳の血管が破れる脳出血のほか、脳の血管が詰まるために障害が出る脳梗塞、一時的に脳の血流不足が起こる 一過性脳虚血性発作 ( TIA ) 、クモ膜下腔に出血が起こる クモ膜下出血 があります。

脳卒中以外の脳血管の病気には脳動脈硬化症と、脳動脈硬化のために痴呆になる脳血管性痴呆があります。脳卒中の中で最も高血圧との関係が深いのが、脳内の血管が破れる脳出血です。

脳出血の大部分は、動脈硬化の起こった脳内の細動脈が高血圧を引きがねにして起こりますが、細動脈硬化の原因となるのが、老化と高血圧なのです。しかし、高齢者に多いとはいっても、著しい高血圧だと20代の若さでも起こすことがあります。

多くは前触れもない突然の発作

脳出血 の起きやすいのは、大脳半球のやや深い部分の被殻出血、視床出血などと、脳の表面に近い皮質下出血ですが、小脳などに起きることもあります。

多くはあまり前ぶれもなく、意識を失うとか、はげしい頭痛や嘔吐といった症状で発症します。手足や全身のケイレン、体の半身が動かなくなる片マヒが症状の中心であることもあります。

脳出血 が起きると、血腫と呼ばれる血のかたまりとなるほか、血腫のまわりに水分が集まり、浮腫の水ぶくれ)ができます。出血量が多いと血腫も浮腫も大きくなって脳全体を圧迫し、脳全体の機能が失われて死に結びつきます。

出血が脳室という髄液で満たされた部分に及さをぶと(脳室新野、出血を遮るものが何もなく、出血量がふえ、脳の圧迫を強めます。意識がすぐ戻るとか、もともと意識障害が軽い場合、感染症などの合併症を起こしていない場合には、

生命の助かる率が高くなります。しかし、片マヒや、言葉が話せない、ろれつが回らないなどの言語障害が後遺症として残り、日常生活が不自由になることが多いでしょう。出血した場所によっては、手術で血腫をとり除くこともありますが、止血薬、降圧薬、脳代謝賦括薬(脳の代謝を活発いする薬)など、内科的治療だけのこともあります。そして、マヒの起こった機能を回復させるため、発作の3週間後ぐらいからリハビリテーションを始めます。

 

-高血圧の治し方, 高血圧の知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

クモ膜下出血 脳動脈硬化症 脳血管性痴呆

クモ膜下出血 脳動脈硬化症 脳血管性痴呆 高血圧が原因の合併症

クモ膜下出血 脳動脈硬化症 脳血管性痴呆 高血圧が原因の合併症 です。 クモ膜下出血 は、脳を覆っている組織(髄膜)の内側層(軟膜)と中間層(クモ膜)との間にあるすき間(クモ膜下腔)への出血です。 最 …

腎血管性高血圧

腎血管性高血圧

腎血管性高血圧 は、大動脈から腎臓へとつながる腎動脈またはその分枝が部分的あるいは完全に閉塞した結果、レニン・アンジオテンシン系が冗進して引き起こされる高血圧です。 腎血管性高血圧 腎臓に血液を送る動 …

高血圧の測定方法

血圧があがってしまう原因 高血圧 はどうして起こる

血圧があがってしまう原因 はどこにあるのでしょうか?日本の高血圧患者は、全体として約4,300万人いると推定されており、日本人のおよそ3人に1人が高血圧という状況です。 もはや国民病といっても過言では …

心臓の病気

心臓の病気 高血圧が原因の合併症

心臓の病気 ( 心疾患 ) は、悪性新生物 ( がん ) 、脳血管疾患 ( 脳卒中 ) と並ぶ日本人の三大死因のひとつです。 平成27年の全ての死亡者のうち、心疾患(高血圧症を除く)が原因で死亡した人 …

大血管疾患 による 高血圧

内分泌性高血圧

分泌性高血圧 には、 先端巨大症 、 クッシング症候群 、 原発性アルドステロン症 、 褐色細胞腫 、 レニン産生腫瘍 などがあります。 内分泌性高血圧 副腎皮質ホルモンの分泌異常で起こる 原発性アル …