高血圧の治し方 高血圧の知識

高血圧 の 原因 高血圧 はどうして起こる

投稿日:2021年3月7日 更新日:

高血圧 とは?

高血圧 の 原因 についての正しい知識をもつことが高い血圧を下げる最初の一歩です。高血圧 対策 は、まずは、そこからです。

高血圧 の 原因 は 血圧 のコントロールは 血圧 について知ることから

高い 血圧 を下げるためにはまず 血圧とは ?を知ることが重要です。「血圧とは何か」「なぜ血圧が上がるのか」など、調べてみると、たいへん興味深い事実がつかめます。私たち人体の仕組みがいかに不思議に満ちているかもわかります。自分自身の 血圧 を正常にコントロールするうえで大いに役立つ血圧の正体について、まず迫ってみましょう。

高血圧 の 原因

高血圧 の 原因

血圧 とは 血管 の 壁 に及ぼす 血液 の 圧力

酸素、栄養素、ホルモンなど、私たちの体が正常に働くために必要ないろいろな物質が血液にとけ込んでいます。
したがって、 血液 を体じゅうくまなく流すために、血管は内臓の奥から手足の指先まで、体じゅうに張りめぐらされています。

ところで、重力のせいで、液体は高いところから低いところへ流れる性質が太ります。そのため、心臓から足までは血液が流れやすいのですが、逆に逆立ちでもしない限り、頭のような高いところには流れないことになります。

体を横にしたときにも同様で、スムーズには流山てくれません。しかし、これでは頭に酸素や栄養素が届かず、睡眠中にも酸素や栄養素が香してしまいます。そこで、体のどこにでも、どんな姿勢をしているときでも一定量の血液の血液を送り届けるため、常に圧力をかけながら血液を押し出しているのです。このときの圧力が、血圧です。

血圧 とはつまり、血管内を流れる 血液 か、 内側 から 血管壁 に及ぼす 圧力 のことなのです。

「血圧」といえば上腕の動脈内圧のこと

血管 には 動脈 と 静脈 があり、いずれも心臓 に近い 血管 は太く、末端にいくに従って細くなっており、構造も働きも微妙に異なります。血圧 も動脈、静脈、血管の太さなどで違ってきますが、ふつう 血圧 とは、動脈の内圧を意味し、上腕にある 上腕動脈 で測ります。

 

 

-高血圧の治し方, 高血圧の知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高血圧の種類 本態性高血圧

高血圧の種類 本態性高血圧

高血圧にはどんな種類 があるのでしょうか?自分の高血圧の種類を知ることで対策も変わってくるのでしっかり理解すべきです。 日本人の高血圧の 85 ~ 90 %は、原因不明のはっきりしない 本態性高血圧 …

大血管疾患 による 高血圧

大血管疾患 による 高血圧

大血管とは、心臓の血管や脳の血管、足の血管のことをいいます。血液は心臓から出て体を循環し、また心臓へ戻ってきます。この間、血液が逆流しないよう、血管のあちこちに「弁」がついています。 動脈血が心臓に逆 …

脳出血 高血圧が原因の合併症

脳出血 高血圧が原因の合併症

脳出血 高血圧が原因の合併症 脳出血とは、 「 脳卒中 」 の症状のひとつです。 脳に張り巡らされた血管に障害が起こる病気で、多くの場合は激しい頭痛を伴い、半身の麻痺などが起こります。 脳出血の直接の …

腎血管性高血圧

腎血管性高血圧

腎血管性高血圧 は、大動脈から腎臓へとつながる腎動脈またはその分枝が部分的あるいは完全に閉塞した結果、レニン・アンジオテンシン系が冗進して引き起こされる高血圧です。 腎血管性高血圧 腎臓に血液を送る動 …

高血圧の検査はこんな順番で行われる

高血圧の検査はこんな順番で行われる

高血圧の検査はこんな順番で行われる 高血圧の検査とはどういった段取りで行われるのでしょうか? どのようにして 高血圧 と診断されるのでしょうか? 高血圧の検査はこんな順番で行われる 大事な3つのポイン …