みそ汁はダシをしっかりとることと旬の食材をたっぷり入れることで減塩に

Pocket

減塩が必要な、高血圧の患者さん、腎臓が悪い、肝臓が悪い、糖尿病などの人は、みそ汁を作るときにひと工夫する。
本サイトでも最初のうちに紹介している減塩を成功させる濃いだし汁の作り方がポイントです。こちらでは、和風、中華、洋風とさまざまなダシの取り方を説明しているが、みそ汁を作る際には、以下の和風ダシをとる方法を利用する。3つの方法があるが、好きな方法を選ぶといい。

同じ分量のミソを使ったみそ汁でもダシをしっかりとってあるみそ汁とそうでないみそ汁では驚くほどこくや風味が異なる。また、薄味に慣れてくると、塩味がややきつく感じダシの味や素材そのものの味がおいしく感じるようになる。

また、同じみそ汁であれば、中に入れる具をできるだけ多くしたほうが、その分、汁を減らせるため、満足感を得ながらも減塩をすることができる。

どうしても味気ないと感じる場合には、小さなお椀を購入してそこにやや濃い味付けのみそ汁をわずかだけ飲む。という方法もあるが、基本的には、ダシをしっかりとったみそ汁に旬の野菜などをたくさん入れるのが一番よい。
ただし食事は1日に3回あり、ずっと続くことなになるのでストレスになるようであれば、息抜きも必要である。

カリウムを豊富に含んだ、芋類、野菜類を一緒に煮れば、さらに効果的にナトリウムを排出することができる。みそ汁の定番の具である海草類などもカリウムが豊富なので是非、たっぷり入れたい。

カリウムは水溶性という性質のため、ダシの中で煮込んで、みそを入れたらその汁も全部飲み干すと効果的。素材から出たうまみもおいしく食べることが出来る。

厳格な減塩指導をされている人は、みそ汁は1日に1回が望ましい。