血圧を下げるのに特効薬となる「かぼちゃ」

Pocket

冬至にかぼちゃを食べると長生きをする。というのは、昔からかぼちゃが健康にいいことを証明している。昔の人たちは、長年の経験からどうやって判断したのかも興味深いところ。

ちなみに冬至をウィキペディアでは次のように記載されている。
冬至(とうじ)は、二十四節気の第22。十一月中(旧暦11月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が270度のときで12月22日ごろ。恒気法は節気を冬至からの経過日数で定義するが、基点となる冬至は定気と同じ定義である。定気と恒気で一致する唯一の節気である。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とし、日のほうは冬至日(とうじび)と呼ぶ。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小寒前日までである。
西洋占星術では、冬至を磨羯宮(やぎ座)の始まりとする。

かぼちゃには、血圧を下げる作用として定番の「カリウム」が豊富に含まれりる。カリウムは周知の通り、ナトリウムを吸着させて一緒に排泄する。
塩分をとりすぎてしまったような時は、カリウムの多い野菜や果物、芋類などを少し多めにとるとナトリウムが排泄され体に残らない。

さらにカリウムには、自律神経のうちの交感神経を調整したり、腎臓から分泌されるレニンやアンジオデンシンⅡなどの血圧を上げる物質の分泌や作用を抑制する働きがある。

かぼちゃは煮物などにすると一度にたくさんの量をとることもでき、その点でも優れている。

日本で栽培されているのは日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3種類。

日本かぼちゃは粘質でねっとりしていて、しょうゆとの相性がよく、日本料理に向く。40年ほど前までは市場の主流でしたが、食生活の洋風化とともに日本かぼちゃは姿を消し、現在はほとんどが、調理法の多い西洋かぼちゃ(別名栗かぼちゃ)になった。甘みが強く、粉質でほくほくした味わいが特徴。

ハロウィンで使われるかぼちゃがイメージ的に定着している。