夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの酵素入り青汁を飲む


内臓脂肪の増加は血圧上昇要因に

1日の仕事や家事が一段落した夕食時に、おいしいものをたっぷり食べるのが楽しみという人は多いでしょう。リラックスしながらとる食事の味は、また格別なものです。

しかし、こうした食生活を続けていると高血圧になりやすいという問題があります。

一般的に、夜は、基礎代謝が低下し、また夕食後に活発に活動するという人はほとんどいません。つまり、夕食後はカロリーを消費する機会が少ないため、余分なカロリーが内臓脂肪として蓄積されやすくなるのです。

ところが、日本人は夕食を一番豪華にする習慣がいつの間にか定着しています。本来なら、活動を開始する朝にたっぷり食べ、夜はむしろ軽食程度が体のためにはいいのです。

一定以上の内臓脂肪がたまりすぎると、脂質異常が起こりやすくなり、動脈硬化が進みます。この状態はメタボと呼ばれますが、内臓脂肪が増えすぎてメタボになると、高血圧を招きやすくなるのです。

過剰に増えると、アンジオテンシノーゲンという物質の分泌量が増加します。

アンジオテンシノーゲンは、酵素の働きでアンジオテンシン2に変わりますが、アンジオテンシン2は血管を収縮させて、血圧を上昇させます。

また、内臓脂肪がたまると、アディポネクチンというホルモンの分泌が減少します。アディポネクチンには、血管内にできた動脈硬化を修復したり、細胞や筋肉でのブドウ糖の消費を促したりする働きがあります。

内臓脂肪が増加し、アディポネクチンの分泌量が減ると、血糖値を調整するインスリンというホルモンの働きが低下します。インスリン抵抗性に陥ると、インスリンが過剰に分泌されるため、その影響で塩分が体にたまりやすくなります。体内の塩分が増えれば、血液中や細動脈中の水分が増えるため、循環血液量が増加して血圧が上昇してしまうのです。

血圧が高くなれば、心臓にも大きな負担がかかります。その結果、狭心症や心筋梗塞といった心疾患を招く原図になるので、注意が必要です。

夕食前に青汁をコップ1杯飲む

では、たまった内臓脂肪を減らし、高血圧を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

メタボを解消して内臓脂肪を減らすには、体重を現在の数値の5~10%減らすのが目標とされています。そのためには、1日に体重を50gずつ減らすのが最も簡単で確実。

具体的には、夕食時にごはん1膳分(200g)に当たる300kcalを減らすだけ。夕食のとりすぎが内蔵脂肪をためこむ原因になっているので、夕食で食べ過ぎなことが大切です。これなら3~4ヶ月あれば達成できるはずです。

そして、この食事制限をストレスフルの空腹感をかんじずに、らくに行うには、夕食前に酵素入りの青汁「リッチグリーン」を1包を水で溶かして飲んでから食べるようにするだけです。やや青汁臭さが気になる場合は、牛乳や冷たい水で割ると気になりません。

青汁は、夕食前に飲むとそれまでの異常な空腹感などを感じることがありません。やはり、豊富な食物繊維効果でしょうか?
酵素入り青汁には老化防止などの効果もあるので加齢症状に悩む人にもおすすめです。短期間で効果があらわれやすく、便秘なども改善するのでとても快適ですし、夕食を食べ過ぎないようにするだけで体調も良好になります。血圧が高い人は特におすすめです。

「夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの酵素入り青汁を飲む」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です