食生活のポイント

わかめ、昆布といった海草類には血圧を下げる有効成分が豊富に含まれる

投稿日:2011年12月1日 更新日:

Pocket

血圧を下げる作用としてわかめや昆布などの海草類が有名だが、これについて科学的な側面からも検証したい。海草類には、アルギン酸という食物繊維が豊富に含まれる。これが血圧を上げる原因となるナトリウム(塩分)を排泄して、結果、血圧を下げるきっかけになるというもの。

その仕組みはこうだ。

海草類には、カリウムやカルシウムをはじめとするミネラルが豊富に含まれていてそれらはアルギン酸と結合している。ところが、胃の中に入ると、結合していたアルギン酸とミネラルは分離する。
胃の中は酸性で、この状態では結合していたアルギン酸は胃の中ではほとんど消化されずにアルギン酸とミネラルは分離してバラバラになる性質があるためだ。

アルギン酸は胃の中ではほぼ消化されないため、そのまま腸へと流れる。すると、こちらはアルカリ性のためミネラルはアルギン酸と結合しようとする。この時、腸にあるミネラルは、もちろんわかめや昆布のものだけではなく一番多いミネラルはナトリウムとなる。
このナトリウムは、アルギン酸と結合したり、アルギン酸の鎖状にからみあった分子の網の目の中にとりこまれる。アルギン酸は腸管では大部分が消化吸収されることなく、便として排出されるためにナトリウムも一緒に排出されて血圧が低下するという仕組み。

つまり、アルギン酸は血圧を下げる作用のあるカリウムなどを比較的多く体内に残し、血圧を上げる作用のあるナトリウムを体外に排出するよう機能する。

高血圧体質、高血圧患者には必須の栄養素だといえる。

また、海草類には、フコイダンという食物繊維も含まれアルギン酸とこのフコイダンには、血中のコレステロールを減らす作用もある。
アルギン酸やフコイダンは食物中のコレステロールの一部を吸着して便とももに体外に排出し、腸から吸収されるコレステロールの量を減らす。さらに、コレステロールは、リポタンパクの分解を間接的に促進する作用をもつ。
これらが血中コレステロールを下げ、動脈硬化を防止し、血圧を安定させる。
こうした食物繊維のほか海草類には、フコステロールという成分も含まれ、これは海藻のみにしか含まれない成分で特にわかめ、昆布に多く含まれる。

このフコステロールは、コレステロールの仲間で、普通のコレステロールとは異なり血圧を下げる作用をもつ。フコステロールは、細胞にカリウムを送り込む作用を間接的に助けており、ナトリウムとカリウムのバランスをカリウムのほうへカリウムの方へと持っていく作用がある。
さらに、フコステロールには血液をさらさらにして血栓ができるを防ぐ作用もある。心筋梗塞や脳梗塞の防止にもなる。
わかめ、昆布などの海藻には血圧をはじめとする成人病を防ぐ成分が豊富に含まれている。

→フコイダンの効能、効果について詳しくはこちらのサイトが参考になります。

-食生活のポイント
-, ,

執筆者:


  1. […] 康食として、だれにも通用します。 こちらのサイトの「わかめ、昆布といった海草類には血圧を下げる有効成分が豊富に含まれる」などを読んでも、海草類は積極的にたっぷり摂りたい […]

  2. […] 物繊維であるアルギン酸とフコイダンが豊富に含まれる。わかめ、昆布といった海草類には血圧を下げる有効成分が豊富に含まれるでも紹介したとおり、これらの成分には、血圧やコレス […]

  3. […] 物繊維であるアルギン酸とフコイダンが豊富に含まれる。わかめ、昆布といった海草類には血圧を下げる有効成分が豊富に含まれるでも紹介したとおり、これらの成分には、血圧やコレス […]

  4. […] 予防にも役立つとされてます。 わかめ、昆布といった海草類には血圧を下げる有効成分が豊富に含まれる | 減塩食にチャレンジ – 高血圧を改善する方法 ヨウ素は甲状腺ホルモンの材料 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夕食の食べ過ぎはNG

夕食の食べ過ぎは内臓脂肪を増やし血圧を上昇させてしまうので夕食前に食物繊維たっぷりの酵素入り青汁を飲む

内臓脂肪の増加は血圧上昇要因に 1日の仕事や家事が一段落した夕食時に、おいしいものをたっぷり食べるのが楽しみという人は多いでしょう。リラックスしながらとる食事の味は、また格別なものです。 しかし、こう …

no image

牛乳に含まれる良質なたんぱく質は血圧を下げる

成長期には、誰もが一生懸命飲んだ牛乳。栄養豊富であることは言うまでもない。ところが、中高年世代には、牛乳や乳製品を積極的に摂取する習慣がない。 貧しい時代を生き抜いてきた人たちには「乳製品=贅沢品」と …

日経新聞より

よく噛んで食べることが減塩につながる「日経新聞」より

減塩は、血圧を下げるためにどうしても避けられない食習慣です。そのためにダシを濃い目にとったり、割り醤油を使ったりという工夫が必要です。 そこで2015年4月26日の日経新聞の健康面にこんな記事が掲載さ …

no image

レバーには血圧コントロールに効果絶大の成分がたっぷり

「健康のためにレバーがいい」というのは、よく聞くフレーズだが、本当でしょうか?よく貧血が治る、疲労回復効果に最適と言う。 確かにレバーには、貧血や肉体疲労、肝臓障害などを予防するすばらしい効果がある。 …

no image

青魚(イワシ、サバ、サンマ)は心筋梗塞、脳卒中、高血圧を防ぐ

健康に関心をもって生活している人であれば、EPA(エイコサペンタテン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が体にいいことを知っているはず。 いずれも多価不飽和脂肪酸と呼ばれる成分の一種で、魚の油に豊富に含 …