食生活のポイント

よく噛んで食べることが減塩につながる「日経新聞」より

投稿日:2015年4月27日 更新日:

減塩は、血圧を下げるためにどうしても避けられない食習慣です。そのためにダシを濃い目にとったり割り醤油を使ったりという工夫が必要です。

そこで2015年4月26日の日経新聞の健康面にこんな記事が掲載されていたので紹介したいと思います。

よく噛んで食べることが減塩につながるという内容ですが、かみごたえのある食べ物だと薄味でもおいしく食べられるそうです。よく噛まなくてはならない食べ物は噛む時間が長くなるため口の中に味が行き渡ります。薄味でも味を感じやすくなり毎日続けやすくなるとういことです。

「よく噛んで食べる」というのは小さな子供にお母さんが言う口癖のようなものをイメージしてしまいますが、とても重要な習慣だということです。

高血圧患者にシリアルとドライフルーツを混ぜたグラノーラ(塩分は1食0.2g)を1日食取り入れてもらうと変化が現れました。グラノーラはよく噛まないと飲み込みにくい特徴があります。普段、お総菜を多食する女性は血圧が下がらずに困っていたそうですが数週間で144mmHg→137mmHgに下がったそうです。

1日1食だけでも塩分を減らせると1日の塩分摂取量はかなり減らせるということです。

日本の食塩の摂取量は年々減少しているようですが、2013年時点で20歳以上の摂取量は平均で10.2gです。和食中心の日本人はどうしても塩分過多になりやすいのです。1日の摂取量は5g程度にしないと合併症のリスクが高くなります。
塩分の摂りすぎは血管や腎臓を老化させてしまいます。
塩分だけでなく、食塩に含まれるナトリウムが骨からカルシウムを溶け出しやすくして骨粗鬆症や腎臓結石を招くので注意が必要です。

さらに現代人に多いドライマウスなどの口の乾きによる味覚の衰えが減塩を困難にしています。現代人は口呼吸が増えています。これもドライマウスの原因ですが、ドライマウスの患者が塩を含まない昆布だしを飲むと口の乾きが和らぐことも確認されました。

日本人の減塩習慣は長い歴史の中でずっと課題になってきました。食が欧米化された今でもやはり塩の多いものが好まれてしまいます。
これの原因は、減塩食にうまみ成分が足りないことです。
外食やスーパー、コンビニの総菜の「おいしさ」は塩分であることが多いのです。みそ、しょうゆといった製品を減塩に変えていくことでゆっくり薄味になれていくことも1つの方法だと紹介しています。

習慣はまず「減塩」の行動を起こすことからはじめなくてはなりません。多少、物足りなくてもやめずに続けなければいけません。いつの間にかそれが当たり前の習慣になってしまいます。

-食生活のポイント

執筆者:


  1. […] よく噛んで食べることが減塩につながる「日経新聞」より […]

関連記事

no image

舞茸を食べると血圧は確実に下がる

1日1杯の椎茸のもどし汁が頑固な高血圧を改善するということで椎茸の血圧を下げる作用について実際の臨床実験から解説したが、今回は同じキノコ類の「マイタケ」。高血圧になってしまった人は積極的にキノコをたく …

no image

魚介類に豊富に含まれるタウリンにも血圧降下作用がある

お祭りなどの屋台が並ぶ季節は楽しいものです。屋台が並ぶとイカ焼きのいい香りが漂ってきて自然と手がのびてしまう。あの香ばしい、においは、イカに含まれるタウリンという成分が燃えたときに生じるもの。 タウリ …

no image

牛乳に含まれる良質なたんぱく質は血圧を下げる

成長期には、誰もが一生懸命飲んだ牛乳。栄養豊富であることは言うまでもない。ところが、中高年世代には、牛乳や乳製品を積極的に摂取する習慣がない。 貧しい時代を生き抜いてきた人たちには「乳製品=贅沢品」と …

no image

青魚(イワシ、サバ、サンマ)は心筋梗塞、脳卒中、高血圧を防ぐ

健康に関心をもって生活している人であれば、EPA(エイコサペンタテン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が体にいいことを知っているはず。 いずれも多価不飽和脂肪酸と呼ばれる成分の一種で、魚の油に豊富に含 …

no image

高血圧で脳卒中が心配であれば木の実を積極的に食べれば予防できる!

今からおよそ20年ほど前にこんな出来事が。アメリカの国立循環研究所に、脳卒中のラットが寄贈された。のラットは、実験用で普通に飼育していれば必ず脳卒中を起こし死んでしまうもの。 ところがしばらくしてその …